辞めたバイトに戻ることってできるの?雇う側にもメリットがあるって本当!?

バイトに復帰する方法

事情があってバイトを辞めたけれど、またそのバイトに戻りたいという場合も実際にあるでしょう。

一度辞めたバイトに戻ることは可能なのでしょうか?

一度は辞めてバイト仲間とも連絡を取っていない場合などは、連絡もしづらいものですね。

バイトに戻るための具体的な方法や、その時に必要な条件などをご説明していきましょう。

一度辞めたバイトに戻りたい場合はどんな時?

そもそも一度辞めたバイトに戻りたい場合とはどんな場合があるのでしょうか。

例えばこんな場合ではないでしょうか。

  • 仕事が楽だった
  • 時給が高かった
  • 人間関係が良かった

他のバイトを始めるのはまた新たな仕事を覚えることにもなり、人間関係も一からのやり直しになってしまいますね。

今働いてるバイトがとても良いバイト先だと感じる場合には、安易に退職せずに休職扱いなどにするとよいですね。

  • 受験のため
  • 部活の大会のため
  • サークルのイベントのため

など、まっとうな理由であれば半年以内にバイトを再開できる場合も多いでしょう。

そんな時には辞めずに、事情を話して可能であれば一旦休職扱いにしてもらえるとよいですね。

そうすると忙しい時期が終わって、またバイトに戻りたいと思うようになった時に、すんなりバイトを再開しやすい。

いつ頃に入れるようになるかなどの具体的な時期を提示すれば、雇う側も相談に乗ってくれやすいです。

新しいバイトを始めるのは大変なので、良いバイトは辞めないに越したことはありません。

実際に辞めた職場に戻るための方法とは?

一度退職をしてしまったときに戻るためには具体的に以下3つの方法があります

  1. 元の職場に連絡をして経営者や責任者に直接伝える
  2. 昔のバイト仲間に連絡をして職場の人手は足りているかそれとなく聞く
  3. 求人情報から応募をする

上記のことについて詳しく見ていきましょう。

1.元の職場に連絡をして経営者や責任者に直接伝える

一番の正攻法は直接電話連絡をして、責任者と話をすることです。

人事決定権を持つ人に、またバイトをしたいが雇ってもらうことはできるかはっきりと聞いてみましょう。

連絡をするときの注意点

いくら親しく過ごしていたバイト先でも久しぶりに連絡をするのであれば、状況が変わっている可能性も高いです。

以下のことを心がけて連絡するようにしましょう。

  • 丁寧な口調で話す
  • またバイトをしたい旨をはっきりと話す
  • 無理な場合は潔く電話を切る

切り出しにくい話題のために、要領を得ない世間話をだらだらと話をせず、簡潔に用件をすぐに切り出すとよいですよ。

時間帯で週に何回くらい働けるのか、自分の条件を明確にしておくと話がしやすいです。

話を聞いてみて無理だと断られたら、潔くあきらめてすぐに他のバイトを探しましょう。

直接話をするとバイト先から逆提案されることもある

また、自分が働いていた時とは事情が変わり、他の時間帯や他の仕事なら採用が可能だという提案があるかもしれません。

2.昔のバイト仲間に連絡をして職場の人手は足りているかそれとなく聞く

また、職場にもよりますが、バイト仲間と仲が良かった場合には久しぶりに友人として会うなどして、近況をそれとなく聞いてみましょう。

実は「最近時間ができて、またバイトをしたい」と話してみると、相手によっては責任者に話を聞いてくれる場合もあるでしょう。

責任者に顔が効く有力なバイト仲間がいた場合には、このような方法でも良いでしょう。

3.求人情報から応募をする

更に、求人サイトなどで以前のバイト先の求人情報を探してみる方法もあります。

もし見つかれば、今人手が足りていなくて人を募集していることがわかります。

経験者である自分が応募をすれば採用してもらえる可能性が高いでしょう。

雇う側には一度辞めた人を雇うメリットがある

雇う側には再雇用するメリットがあります。

経験者なので、仕事を一から教えてなくて済むのでその分の負担も今のバイトにかかりません。

また、すぐに仕事を思い出して働けば、新人バイトよりも戦力になってもらえる可能性が高いです。

しかし、それは円満な退職をした場合に限ります。

  • 仕事を覚えられなくて一ヶ月以内で辞めた
  • 無連絡で行かなくなって辞めた
  • 他のバイトやお客様とトラブルを起こして辞めた

以上の理由に当てはまる場合には、採用しても戦力になるとは考えられず雇う側のメリットはありません。

一度辞めた職場への復帰連絡を実行できるのは、自分が円満に退職したと思える場合に限ります。

連絡をする前に自分のバイト時代を振り返ってみましょう。

特に問題なく辞めた場合には連絡をすると喜んでもらえる可能性が高いはず。

復帰しやすい人の条件とは

もし人員に空きがあるとしても、雇う側がまた雇いたいと考える人材である必要があります。

一度辞めても採用される人材の条件として以下のポイントが考えられます。

復帰しやすい人の条件

  1. 円満退職していれば復帰しやすい
  2. 遅刻や欠勤がなかった
  3. 変更がある時は必ずきちんと連絡をしていた
  4. 勤務態度が良く、仕事をまじめにこなしていた
  5. 周りのバイトや社員との人間関係が良好であった

人員に空きがあって、以上の条件を満たしていれば即採用されやすいです。

復帰しやすい人の条件を一つずつ詳しく見ていきましょう。

円満退職していれば復帰しやすい

バイトを辞めた時に正当な理由で円満退職した人なら、問題なく復帰しやすいです。

記事前半の「一度辞めたバイトに戻りたい場合はどんな時?」で解説したとおり、辞めた理由がしっかりしていればバイトを再開しやすいです。

遅刻や欠勤がなかった

バイトのシフトに穴を開けないだけでもお店側からしたらありがたいものです。

平気で遅刻したり、プライベートを優先して欠勤する人はルール違反です。

勤怠ルールを守れて周りの人に迷惑をかけない人は復帰しやすいです。

変更がある時は必ずきちんと連絡をしていた

業務上何か変更点があった時、例えば、

  • 思いがけないミスをしてしまった
  • 急に遅刻しそうな時
  • 仲間に業務改善案を持ちかける

等々、その都度関係者に報告や連絡、相談をしていた人は仕事仲間から信頼されます。

いわゆる「ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)」がしっかりできる人ですね。

自己判断をせず報連相できる人は上司からも貴重な人材として認識されています。

勤務態度が良く、仕事をまじめにこなしていた

会社から与えられた業務に責任を持って取り組める人です。

上司から「仕事を任せやすい」思われて好印象です。

周りのバイトや社員との人間関係が良好であった

仕事ができても自分本位に仕事を進められては、トラブルの原因にもなり、会社側は困ってしまいます。

周囲の人との協調性があり、チームへポジティブな効果を与えてくれる人は評価が高いです。

戻りたい場合は関係者に相談してみる

一度辞めた職場に連絡をするのは連絡しづらいものかもしれません。

しかし、お互いのニーズが一致していればお互いにとって復帰は良い話になるはずです。

退職時にトラブルがなく、勤務時も特に問題がなければ復帰の可能性を考えてみても良いでしょう。

気になる場合は一度バイト先に「相談」というニュアンスで話をしてみて下さい。

バイト先が人手不足であればとても喜んで雇ってもらえるかもしれませんね。