製薬会社勤務薬剤師の研究職と開発職、その仕事内容の違いとは?

製薬会社勤務薬剤師の研究職と開発職、転職で難しいのはどっち?

製薬会社勤務薬剤師の職種の中で、最も狭き門が、研究職と開発職です。高い専門性が要求される為、就業者はどちらも薬剤師の資格はもちろん薬学博士(最低でも修士)を持っている人がほとんどです。

収入も薬剤師が就く職種としては最も高い部類に入ります。

転職となると、そもそも募集がほとんどありませんし別の企業で同じ職種に就いていたキャリアがないとほぼ、転職は不可能です。

つまり一般には転職難易度が最も高い職種と言えます。

しかし、両者は名前から似たようなイメージがありますが、実際の仕事の内容は全く異なります。

個人のキャリアによって、実際の転職難易度は異なります。どのような違いあるのでしょうか。

具体的に解説していきましょう。

研究職と開発職の違い

研究職と開発職にはどのような違いがあるのでしょうか?どちらも難易度が高い職種であることは間違いありません。

研究職の仕事内容

研究職は細胞レベルなどの基礎的な実験をひたすら繰り返してデータを得る仕事です。その為、薬剤師以外の生化学などの専門家も就業している場合があります。

非常に専門性が高く、特化していることと何より莫大な開発費用がかかるので多くの企業では少数精鋭の職種となっています。

その分、年収も薬剤師が就業する職種の中では最も多く、成功すれば世界中の患者に貢献できるとてもやりがいのある仕事です。

その為、新卒でもなかなか採用されることのない最難関の職種と言えます。

開発職の仕事内容

開発職は、基礎研究から得られたデータを元に実際の医薬品にするまでの作業をする仕事です。具体的には、技術開発と商品開発に分かれます。

技術開発とは、専門知識を活かして、基礎研究で得られた情報から、実際の商品にする為の、技術的な開発をする事です。

商品開発はマーケティング、商品の企画、プレゼンテーション、生産部署との話し合い、販売戦略の会議など、実際に製品が出来るまでの作業全般が仕事です。仕事内容は多岐にわたりますし

多くの部署との連携が必要になってきます。その為、コミニュケーション能力やチームワークで働く能力が求められます。

よって、研究職より、薬剤師向けだとも言えます。薬剤師はその専門知識を活かして、患者や医師などの医療従事者とコミニュケーションが求められる職種がほとんどだからです。

もちろん、開発職にも高度な専門性が要求されます。基礎研究で得られるデータは本当に基礎的なものなので、実際に製品として、臨床現場で使用する場合の問題点などを可能な限り想定して

試験を得て、試作品を作るなど、製品化するまでの仕事は、薬剤師として、高度な専門性が要求されます。

よって、開発職は研究職に次いで、難関職種と言えるでしょう。ただし、企業によっては、厳密に研究職と開発職を区別していない場合もあるようです。

製薬会社の研究職と開発職は薬剤師が就業する職種の最難関の双璧といえるカモ

それぞれの転職の割合と難易度

化学の知識としては研究職の方が、より専門性が要求されます。

さらに研究職は開発職の前段階であり、研究費用がかかる割には製品に結びつく保証があるわけではないので

製品化する事で研究でかけたコストの回収が期待される開発職よりも、より人員が少ないと言えます。
 
よって新卒でも研究職は非常に倍率が高く、大手製薬会社なら数百倍から千倍ほどと言われています。それに対して開発職は数百倍程度で研究職よりは少し広き門となります。

しかし転職となるとどちらも募集人数自体が相当少なくなりますし、そもそも公に募集されない場合も少なくありません。その為、両者とも転職はかなり難しいと言えるでしょう。

よって、通常転職は前職も同じ職種だった事が必須条件になるでしょう。

ただし、大学院などで生化学の基礎研究をしていたとか、製薬会社でなくても化粧品会社などで、おなじ成分を研究していたなど、共通する部分の多いキャリアを持っている人は例外的に採用される可能性はあります。

基礎研究に共通項があるので、薬剤師というより化学の基礎研究をしている人の方が適正があるカモ

まとめ

製薬会社の研究職と開発職は、医学で言えば、基礎医学と臨床医学の関係にあると言えます。また、コンピュータのソフトウェアで言えば、OSの開発と、アプリケーションソフトの開発の関係に似ているでしょう。

両者とも高い専門性が必要ですが、役割が違う事と前者があって後者が成立する関係にあります。しかし、どちらか一方でも、欠ければ、少なくとも利用者にとっては意味はなくなるでしょう。

その為、新薬を使う医療機関、患者にとっては製薬会社の研究職と開発職の両者はどちらもなくてはならない職種といえます。

どちらも、新薬を作るために、なくてはならない存在の職種と言えますから、転職難易度が高い分、大変やりがいのある職種と言えるカモ

希望の職種と職場を目指した転職を

マイナビ薬剤師の評判や口コミはどうなの?国内最大級の転職支援サービス