SMBCモビットは完済して解約完了?正しい解約方法を解説

SMBCモビットは完済して解約

SMBCモビットを解約したいと思ったとき、

  • 完済したら自動的に解約になる?
  • 解約の手続きはどうやってやる?
  • 解約後も再びSMBCモビットを利用できる?

など、疑問に思う方もいますよね。

そこで今回は、SMBCモビットの正しい解約の仕方や、解約のメリット・デメリットなどについて詳しくご紹介します。

これを読めばスムーズに問題なく解約することができますよ。

ぜひ読み進めてくださいね。

SMBCモビットは完済しても「解約」にならない

SMBCモビットを利用する人の中には、「すべて完済すれば自動的解約になる」と考えている人も多いです。

しかしSMBCモビットは完済しても自動解約されません。

これは更新手続きがないので、完済後も契約が続いている状態になるのです。

そこで正しいSMBCモビットの解約方法を確認していきましょう。

SMBCモビットの解約方法

まずSMBCモビットの解約方法は、基本的に電話となります。

下記のコールセンターに連絡をして、解約に関する旨を伝えましょう。

SMBCモビットコールセンター(フリーコール)
・0120-24-7217
・営業時間9:00~18:00

実際に解約手続きが進んでいくまでの流れを確認していきましょう。

  1. コールセンターに電話
  2. 解約を伝える
  3. 契約書など、返送手続きを行う
  4. ローンカードを自分で処分
  5. 解約完了

コールセンターへ連絡すると、解約に関して丁寧に説明をしてくれます。

このときに一つ注意したいことがあります。それは登録情報に変更がないかどうか。

SMBCモビットの登録情報とコールセンターに伝えたものが異なる場合、解約手続きを進めることができません。

解約前には、しっかりと登録情報緒を確認しておくと安心ですね。

解約手続きの連絡後、約1週間で解約書類が自宅に届くでしょう。こちらに記入をして返送すれば、正式に解約完了となります。

カード処分には十分注意!
カード処分は利用者自身の手で行います。

このローンカードを一悪用されると大変なので、処分には十分注意するようにしましょう。

解約手続きは「完済」が必須

そして解約をするときにもう一つ大切なことが、必ず「完済」をすること。

1円でも残高が残っていると、解約することはできません。

SMBCモビットの場合、1000円未満の端数が無利息適用で返済しなくても完済になります。

しかし貸付残高が残ってしまい、解約手続きを行う際は適用されません。

したがって1円たりとも残すことなく、返済する必要があるのです。

逆に解約申込時点で残債があっても、まとめて返済できてればすぐに解約も可能となります。

端数を含めた完済は「振込」がおすすめ

ATM利用の場合、1000円未満の端数分を返済することはできません。

そのため完済時には、銀行振込もしくは口座振替での返済がおすすめです。

ただし残高がある場合、完済当日まで利息が発生するので注意しましょう。

残高が残っているかどうか?確認するときには、SMBCモビットの会員サービス「Myモビ」からチェックしてみてくださいね。

SMBCモビットを解約するメリット・デメリット

SMBCモビットの解約を検討している人の中には、今後の利用を考えて悩んでいる人もいるでしょう。

ここではSMBCモビットの解約で考えられるメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット デメリット
  • 他ローンに影響がない
  • 今後の借金リスクを減らせる
  • 周りにバレる心配がない
解約後の利用は再審査が必要

こうしたメリット・デメリットを考慮しながら、「今後は利用する予定がない!」と言い切れる場合には解約を検討してみるのもおすすめでしょう。

上記のメリット・デメリットについて、もう少し詳しくみていきましょう。

SMBCモビットを解約するメリット

SMBCモビットを解約することで、メリットを得られる人も多くいます。

  • 今後は利用する予定がない
  • これからはお金を借りないように徹底したい
  • 他ローンの利用を考えている

といった人にとっては、SMBCモビットを解約することで次のようなメリットがあります。

他ローンに影響がない

SMBCモビットを利用予定がないのに契約を続けると、信用機関に与信の記載がいつまでも残ってしまいます。

信用情報に記載されている与信とは、借入限度額のことを示しています。

この与信枠は総量規制となるため、収入の3分の1までしか貸付できません。

そこで契約を続けていると、SMBCモビットに決められた与信枠の一部を保持している状態になります。

100万円の総借入限度額がある場合、SMBCモビットが30万円の与信を設けているとします。そうなると残り70万円分しか、他ローンで借入ができません。

このように借入限度額が低くなってしまう影響もあるのです。

解約が信用情報に記録されるのは1~2ヵ月程度かかるので、他ローンの利用を検討している人は、早めに解約しましょう。

住宅ローンや自動車ローンの審査に注意
他ローンの影響については、住宅ローンや自動車ローンにも大きく影響します。

SMBCモビットの契約を続けたままでいると「いつでも借入が可能な状態であり、今後返済が滞ることを懸念もある」と判断されるケースが多いのです。

そのため上記のようなローン審査に通らないリスクもあります。

不必要なカードローンを解約し与信をなくすことで、影響を防ぐこともできます。

今後の借金リスクを減らせる

せっかく完済をしたのに手元に利用できるカードローンがあると、簡単にお金を借りられてしまいます。

そうなると

「今月ちょっとだけ苦しいから」
「飲み会に行きたい」
「すぐお金を借りられるし、贅沢しちゃお…」

など、安易にお金を借りてしまう方も多いです。

ここで完済し解約しておくと自信がついて、再び借入をしてしまう状況を防ぐこともできます。

周りにバレる心配がない

キャッシング利用をする人の中には、「周囲にバレたくない」と考えている人も多いですよね。

しかSMBCモビットの利用予定がないのに契約を続けていると、

  • 郵送物
  • ローンカードの所持
  • 利用明細

など、上記のようなケースでバレてしまうリスクも考えられます。

SMBCモビットにはWEB完結など、バレるリスクを極力避けられる方法もありますが、万が一というケースもあります。

そのため使わないカードローンは解約することで、周囲に知られるリスクも軽減できるでしょう。

SMBCモビットを解約するデメリット

解約するメリットはたくさんありますが、中にはデメリットを感じる人もいます。

  • 今後も利用予定している
  • 何度もカードローン審査を受けたくない
  • 定期的にキャッシングを利用したい

こうした人にとっては、今後も継続してSMBCモビットを契約するほうがメリットに感じるでしょう。

SMBCモビットでは一度解約をすると、再び利用するときに審査が必要となり、二度手間になってしまうxことも考えられます。

その詳しい内容について、確認していきましょう。

解約後の審査について

SMBCモビットは一度解約をすると、また利用するときに改めて審査が必要になります。

また以前の利用履歴があるから「審査も甘くなる」といったことはありません。再び1から審査をはじめるのです。

また解約後に転職や役職降格で収入が減ってしまうと審査に落ちる・限度額が低くなる、といったことも。

そのため今後も定期的に利用を検討している場合には、解約しないほうがいいでしょう。

今後の予定を見ながらSMBCモビットの解約検討がおすすめ

もともとSMBCモビットを利用するきっかけとして、経済的に余裕がなかったという方が多いです。

現在、収入が増えて経済的にも問題がないのでありませんが、不安だと感じる方は解約を見直した方がいいでしょう。

そのためSMBCモビット解約は、今後の生活状況や収入バランスを見て、問題ないと感じたタイミングがおすすめです。

いまの状況を把握し、解約を検討することが大切だと言えます。

SMBCモビットを解約する前に! 4つの注意点

SMBCモビットを利用しないと解約を決意した場合、手続きをとる前に確認してほしいことが4つの注意点があります。

  1. 信用情報に5年間は利用履歴が残る
  2. 完済後も遅延の記録は残る
  3. キャンペーン直後の解約は他ローン利用が厳しい
  4. 他ローンとまとめて解約はNG

解約を検討するときには、上記の点をしっかりと把握したうえで、手続きを進めることが大切です。

それでは4つの注意点について、詳しく確認していきましょう。

1.信用情報に5年間は利用履歴が残る

前述したように、SMBCモビットの利用履歴は信用情報に記録されます。その期間は、5年間。

そのため解約後5年以内に他ローンやクレジットカード申込をすると、SMBCモビットの利用履歴をチェックされるでしょう。

業者によっては「消費者金融へ借入をしていた」という記録があると、厳しく審査されることもあるので注意しましょう。

こうしたリスクを防ぎたい場合は、なるべく早く解約をするのがおすすめです。

2.完済後も遅延の記録は残る

信用情報には利用履歴はもちろん、SMBCモビットの遅延状況も記録されます。たとえ完済をしても、すぐに記録は消えません。

この遅延や滞納の記録が残った状態で他ローンに申し込むと、審査に影響する可能性が高いです。

中には審査落ちになってしまう場合もあります。

キャッシング利用をするときは、日ごろから計画的に利用を心掛けることが大切ですね。

3.キャンペーン直後の解約は他ローン利用が厳しい

SMBCモビットでは新規入会キャンペーンなど、豊富なサービスを設けています。これらに注目して、契約を決意した人も多いでしょう。

中にはキャンペーン期間終了後に解約を行い、他ローンの新規申込みキャンペーンを狙うケースがあります。

しかし、これらは金融機関に悪い印象を与えてしまう原因になりかねません。

申込み・解約の履歴は信用情報に残るので、上記のようなケースを行うと、別ローンの申込みで審査落ちになる可能性もあるため注意しましょう。

またキャンペーン目的ではなくとも疑われてしまう場合もあるので、キャンペーン利用をしているときは少し期間を空け解約するようにしてください。

4.他ローンとまとめて解約はNG

SMBCモビットと併用して他社ローンを利用している場合、もう必要ない!といって一気に解約を考える人もいますよね。

しかしカードローンを複数まとめて解約すると、「何か経済的に問題があったのでは?」と疑われてしまう原因になります。

一度疑いをもたれると、他ローン利用で審査落ちになることも。

複数のカードローンを解約する場合は、1社ずつ期間を空けて解約するようにしてください。

疑問を解決!SMBCモビットの解約に関するQ&A

SMBCモビットの解約方法などについて解説してきましたが、解約をしたあとについて疑問に思っている方も多いですよね。

個々では次の3つの疑問について詳しくご紹介します。

  1. 解約証明書を受け取る方法は?
  2. 本人確認書類の写しは解約したら返却されるのか?
  3. 解約したら郵送物が届く?

ぜひ参考にしてくださいね。

SMBCモビットで解約証明書を受け取る方法は?

A.コールセンターに電話で問い合わせ

SMBCモビットに限らず、解約証明書は自動では発行されません。

この解約証明書は「住宅ローンや高額のローン」を組むときに提出を求められることが多いでしょう。

もし必要な場合は、まず解約時の電話でSMBCモビット側から解約証明書を発行するかどうか尋ねられます。

発行は無料なので、必要な場合はその旨を伝えてみましょう。

連絡をしてから1週間程度で自宅に届きます。

解約証明書と完済証明書混同に注意

この解約証明書を完済証明書と混同してしまう人もいるでしょう。

しかし次のような違いがあります。

  • 解約証明書…契約終了を証明
  • 完済証明書…完済証明なので、解約証明できない

このように完済証明書は「残債がなくなった証拠」なので、正式にSMBCモビットを解約した証明にはなりません。

もし住宅ローンや自動車ローンを利用する場合には、あらかじめ解約証明書を発行しておいてもいいでしょう。

契約時の本人確認書類の写しは返却される?

A.返却はされない

SMBCモビットは原則、提出した必要書類の返却は行っていません。

そのため原本ではなく、必ず写しを提出するよう求められています。

また申込時の注意事項としても明記されているので気をつけましょう。

モビットへの申込時に必要な提出書類を詳しくチェック

解約したら郵送物が届く?

A.郵便物が届く

郵送物の内容は、主に次のような書類が送られてきます。

  • 解約証明書(希望時)
  • 契約書

ただしWEB完結など契約書面で行っていない場合、解約証明書を依頼していなければないこともあります。

心配であれば解約時にコールセンターへ確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はSMBCモビットの解約方法や注意点、メリット・デメリットなどについて解説しました。

重要なポイントとしては以下の5つがあります。

  1. 解約はコールセンターへ連絡!
  2. 完済しただけでは解約にならない
  3. 解約に1週間程度かかる
  4. 解約後の再契約は審査必要
  5. 解約をすること他のローンへの影響が少ない

「SMBCモビットを本当に解約していいかどうか迷っている」
「住宅ローンを組みたいので、解約をしたい!」

といった方は、この記事を参考にして解約手続きを進めてくださいね。

きっと自分に合ったベストなタイミングで解約ができますよ。