SMBCモビットは審査結果が遅い…審査時間が長い理由や早く審査を終わらせる方法を解説

SMBCモビットは審査が遅い・時間が長い

できるだけ早くお金を借りたいと考えていて、SMBCモビットへの申込を検討していると…

「審査結果が出るまでの時間を知りたい」
「審査受付時間以外に申し込むといつ結果が出る?」

と気になりますよね。

そこで本記事はSMBCモビットの審査時間、審査が長くかかってしまう理由などについて紹介していきます。

この記事を読めば、SMBCモビットの審査結果が出るまでの最短を目指せます。

急いでお金を借りたい方はぜひ参考にしてくださいね。

SMBCモビットは最短30分で審査時間が早い!

SMBCモビットは最短30分で審査結果が出る、スピード対応が魅力の消費者金融カードローンです。

数あるカードローンの中でも審査時間の身近さに定評があり、できるだけ早く結果を知りたい方や、急いでお金を借りたい方にとって優先したいカードローンといっても良いでしょう。

人によっては30分未満で審査結果が出ることもありますが、時には1時間以上、あるいは申込翌日以降に審査結果が出るケースもあります。

ではどうして審査結果が出るまでの時間にばらつきがあるのでしょうか。

ここからは審査時間が長くなる原因などについてみていきましょう。

SMBCモビットの審査時間が長い?考えられる5つの原因

申込後審査に時間が掛かるケースや、審査結果の連絡がなかなか来ないとヤキモキしますよね。

SMBCモビットの審査時間が延びてしまう原因として次の5つが考えられます。

  1. 希望限度額が多い
  2. 信用情報の問題
  3. 多重責務
  4. 申込み情報の不備
  5. 収入確認に時間がかかる

このように返済能力に見合った借入ができるかどうか?信用情報に問題がないか?といったポイントが審査時間に影響します。

それぞれの詳しい内容を解説しましょう。

1. 希望限度額が多い

希望限度額をホームに設定すると審査に時間がかかるケースが多いです。

というのもカードローンは総量規制の対象であり、年収の3分の1以上の借入ができません。

そのため年収に対して希望額が3分の1を超えている場合や、それに近い大口の希望額では審査時間がより長引く原因となってしまいます。

仮に総量規制に引っかからない範囲だったとしても、高額な借入希望をすると基本的に審査時間が長くなることを覚えておきましょう。

審査の早さにこだわるなら、希望限度額は最小限に抑えておくのがポイントです。

2. 信用情報の問題

SMBCモビットの審査は必ず「信用情報機関」に登録されている情報を参照します。

これはSMBCモビットだけに限らず、すべての消費者金融に該当。

信用情報機関とは申込者のカードローンやクレジットカードの利用に関する情報が記録されている機関です。
どのカードを持っているのか、延滞歴があるか、といった情報をチェックできます。

次の3点に当てはまる人は「信用情報に問題のある人」とみなされ、審査時間が長期化しやすい上に、審査落ちになる可能性が高いです。

  1. 長期延滞
  2. 強制解約
  3. 債務整理など

長期延滞は3ヶ月(91日)以上の延滞がある場合に登録されます。

「うっかり支払い忘れた!」と2~3日の延滞程度なら長期延滞の心配はありませんが、それが繰り返されるようだと登録される可能性も。

また他カードの強制解約履歴などもバッチリ残っていて「この人はカードローンでトラブルを起こしたことがあるから危ないかも…」とみなされ、審査が長期化することも考えられます。

借金を返済できず、任意整理や自己破産といった債務整理を行った場合もまた信用情報に記録され、審査で不利に働くので覚えておいてください。

3. 多重責務

多重責務とは2社以上から借入がある状態のことをいいます。

消費者金融は多重責務者への融資を行っていない、あるいは慎重になり、審査の長期化に直結しやすいです。

上記した信用情報機関に「どのカードローンを利用しているのか」「それぞれの借入額はいくらなのか」などSMBCモビット側から計算が行われます。

もし他社借入総額が年収の3分の1を超えている場合は総量規制に引っ掛かるため、審査落ちとなるでしょう。

3分の1に届いていなくても、「あまり余裕がない」と判断されると同様に審査落ちの可能性が高まります。

4. 申込み情報の不備

SMBCモビットは申込情報に不備があると審査時間が長引くだけでなく、審査そのものが厳しいものになってしまう恐れがあります。

例えば

  • 氏名や生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 勤務先など

入力しなくてはならない項目は沢山あり、これらのいずれかに問題があれば審査に悪影響をもたらすでしょう。

不備が見つかった場合は電話で確認の連絡が入ることもあり、これが原因で周囲の人たちにバレてしまう可能性も。

申込情報は不備がないように細心の注意を払って入力してくださいね。

収入確認に時間がかかる

借入した金額をきちんと返済できるか否かは収入状況によります。

そのため、SMBCモビットは審査で必ず収入確認を行っており、ここに時間が割かれることも。

会社員やバイト、パートの場合は毎月安定した給料がもらえることが多く、さほど時間はかかりません。

しかし、個人事業主など安定した収入が見込めない職業に就いている方は、収入確認に時間がかかる傾向が強いです。

収入確認のために必要書類の提出が求められる場合があるので、速やかに対応できるように準備しておくと良いですね。

収入証明として有効な書類には次の3点が挙げられます。

  1. 給与明細
  2. 収入証明書
  3. 営業確認のお願い、など

審査をスムーズに進めたいなら、収入状況が分かりやすく、かつ準備しやすい源泉徴収票の提出がおすすめです。

SMBCモビットの審査内容とその基準

【番外編】審査の連絡が一向にこない!考えられる原因2つ

「SMBCモビットに申し込んだはずなのに、いつまでたっても審査の連絡が来ない…なぜ?」と気になっている方もいらっしゃるでしょう。

考えられる原因として次の2つが挙げられます。

  • 受付時間外の申込み
  • 電話番号の入力ミス

ここからは各原因の詳細についてみていきましょう。

受付時間外

SMBCモビットの申込は24時間いつでもOKですが、受付時間を過ぎてからの申込は翌日対応となるため注意してください。

受付時間は9:00~21:00

遅い時間まで対応してはいますが、深夜や早朝は審査を行っていないことを覚えておくと良いでしょう。

また受付時間ギリギリに申し込むと、審査結果が翌日になってしまうこともあります。余裕をもって申込みたいですね。

審査時間に関する詳しい説明は「最短審査は受付時間も重要?」に記載しているので、そちらを参照してください。

電話番号の入力ミス

もし申込み時に間違った電話番号を入力すると、連絡する手段がなく、審査結果を受けられない可能性があります。

また審査結果の連絡以外にも、次の2点でも問題になりかねません。

  • 申込後の本人確認電話
  • 在籍下記確認の電話など

当然、連絡が取れなければ、審査を進めることができず、そのまま審査落ちになるケースが考えられます。

申込時に番号に不備がないかを入念にチェックしましょう。

もし営業時間内にもかかわらず、申込み後2時間以上たっても電話連絡が来ない場合は、SMBCモビットに折り返し電話をかけてみてください。

その際、具体的な申込時間を伝えておくとスムーズに対応してもらえるはずです。

SMBCモビットの審査を早く終わらせる2つのコツ

ここからはSMBCモビットの審査を早く終わらせたい人必見のコツを紹介します。

具体的には次の2点です。

  1. 平日の申込み
  2. コールセンターに直接問い合わせ

それでは各内容の詳細を見ていきましょう。

1. 平日の申込み

土日祝日は申込の問い合わせが多いため、審査が混み合うケースが多いです。

同様に連休明けや休日明けの月曜日も混み合いやすいですね。

そのため審査時間を早くしたいなら、平日の申込がベターです。

2. コールセンターに直接問い合わせ

審査を早く済ませて欲しい場合は、審査申込後にコールセンターに直接電話をし、急いでいることを伝えると優先的に審査してもらえる可能性があります。

コールセンターの連絡先は次のとおりです。

SMBCモビットの審査に関する問い合わせ
0120-03-5000(受付 9:00~21:00)

SMBCモビットの各種申込で審査時間も違う!1番早いのはWEB完結

SMBCモビットは4つの申込み方法を選べますが、どれを選ぶかによって審査時間に違いがあります。
次の表をみてください。

ネット申込み
(WEB完結・カード申込)
30分~1時間30分
ローン申込機 1時間30分~3時間
電話
郵送 3〜4日程度

このように、ネット申し込みが圧倒的に早いことが分かりますね!

電話やローン申込機も早いのですが、詳しい情報を伝える時間にロスが生じるため、どうしても時間がかかります。

さらに在籍確認の間も待たなければならず、これも時間のロス。

郵送になると、申込用紙の郵送→受理→審査→カード発行…とさらに手間がかかり、3~4日もかかってしまいます。

以上のことから、審査スピードにこだわりたいならネット申し込みを選ぶのがベストです!

SMBCモビットの最短審査はネット申込みがおすすめ!

次は最短審査が受けられる、ネット申込について詳しく紹介していきます。

ネット申込には次の2とおりが用意されていて、任意で選択可能です。

  1. WEB完結…電話対応なし
  2. カード申込…電話対応あり

Web完結とカード申込の違いを表にまとめると次のようになります。

  WEB完結 カード申込
申込み・事前審査 公式サイトで情報入力
本審査 ネット 電話
入会手続き ローン申込機
カード発行 ×
利用開始 振込 現金・振込

web完結申込なら電話対応を受けることなく、全てweb上で済ませられるのが魅力です。

また10秒簡易審査を挟むため、審査がスムーズ!

ただし基本的にはカードが発行されず、振込キャッシングで融資を受けることになります。

もちろん申し込めば、後日カードを発行してもらうことも可能なのでご安心を。

カード申込はローン申込機で即日カードを発行できるため、カードさえ入手すればあとはコンビニATMなどでいつでも自由に借入・返済ができるメリットがあります。

もちろん振込キャッシングにも対応!

ただしローン申込機の営業時間内に手続きしなければ、即日カード発行ができない点に注意してください。

営業時間については後述します。

このように、目的に合わせて申込方法を選べるのはSMBCモビットの魅力的な一面と言えますね。

SMBCモビットの審査対応は何時から何時?受付時間の把握で即日融資も可能に!

次はSMBCモビットの審査対応時間を始めとした、営業時間に関する情報を紹介していきましょう。

SMBCモビットは「申込時間」と「審査受付時間」が異なるので注意しておかなくてはなりません。

各申込方法の審査・受付時間をまとめた、次の表をみてください。

  インターネット 電話 ローン申込機
審査 9:00~21:00
受付 24時間 9:00~21:00 ※9:00~21:00
補足 20時までに申込み

※営業時間は店舗により異なります。

例えばネット申込だと24時間いつでも申し込めます。

しかし実際に審査を行うのは9:00~21:00

この時間以外に申し込んだ場合、翌日以降に審査されることになります。

即日融資を希望するなら、時間にゆとりを持って、審査受付時間の1時間前までに申込を済ませておくようにしましょう!

WEB完結など、振込キャッシング対応は振込対応時間に注意

Web完結申込は、原則振込キャッシングで融資しています。

また他の申込み方法を選んでも、振込キャッシングが利用可能です。

しかし振込対応時間が決められていて、時間内に手続きを済ませなければ即日融資が受けられないので注意してください。

金融機関ごとに、即日融資可能な振込時間が異なります。

次の表を参考にしてください。

金融機関 振込時間
他銀行 平日15時まで
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
平日17時まで

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っている方は、平日17時までと余裕がありますが、これら3銀行以外だと平日15時がタイムリミット。

即日融資を希望するなら、振込時間も考慮した上で、早めに振込手続きを済ませるように心がけたいですね。

ちなみにいずれも対応時間が平日になっているのは、金融機関が土日祝日をお休みにしているから。

もしも土日祝日に即日融資を受けたいなら、ローン申込機でカードを発行してもらい、ATMから借入しなくてはなりません。

【まとめ】SMBCモビットの最短30分審査で今すぐ借入スタート!

今回はSMBCモビットの審査時間、早く審査を終わらせるためのポイントなどを紹介しました。
要点をおさらいしてみましょう。

  1. 最短30分で審査結果が出る
  2. 信用情報に問題があったり、入力情報に誤りがあると審査時間が長くなる可能性がある
  3. ネット申込が最短融資に最も近い!

以上3点が挙げられます。

「SMBCモビットで早く審査結果を出すにはどうすれば良い?」
「どの申込方法を選ぶのがおすすめ?」

といった方は、この記事を参考にして、SMBCモビットの最短審査を目指し、よりスピーディーな借入を実現してくださいね!