バイトの研修期間に関する不安をすべて解消!給料は低くなる?期間中にクビになったり辞めたら?

アルバイトの研修期間がある場合とない場合の違いとは

採用されたバイト先で研修期間があると知って、いろんな不安や疑問が噴出している人はいると思います。

「研修期間の時給は低いの?」
「期間中に辞めたらどうなるの?」

と心配になる人も多いはずです。

そこで今回は、アルバイトの研修期間に関する正しい知識や抑えておきたいポイントをまとめました。

この記事を読むことで、研修期間中にどのように働けばよいのかが、具体的にイメージできるようになるので、ぜひ読み進めてください。

アルバイトの研修期間とは

アルバイトの研修期間とは、未経験の人が仕事を覚えたり、適性を確認したりするためのお試し期間です。

この研修期間について何なのか具体的に見ていきましょう。

研修期間は一人前になるために必要な“教育”期間

研修期間は、仕事に関するスキルや専門的な知識を得るために教育を受ける期間でもあります。

作業マニュアルのインプットや業務にあたっての心構えなど、仕事を遂行していく上で必須となる知識を学ばなければなりません。

研修期間も当然賃金は支払われるので、研修があるアルバイトの方がある意味親切であるとも言えますね。

研修期間を設けている勤務先の特徴

アルバイトでも研修期間が存在する場合があります。

それは以下のような場合です。

  • 店舗のオープニングスタッフなど新規アルバイトが多い場合
  • お客様への商品の紹介などの基礎知識が必要な場合
  • アルバイトからアルバイト社員などアルバイトにもランクが設けられている場合

アルバイトでも職種によっては責任者がいない中で、自分だけでお客様の対応などをしなければならない仕事もたくさんあります。

そんな時に備えて研修があるのですね。

アルバイトの研修期間ってどれくらい?

アルバイトの研修期間は職場によっては設けられていないことも多いです。

アルバイトの仕事内容や個人差によって、一人前になるための期間は異なりますが、2週間くらいから3カ月程度であることがほとんどです。

業務内容によりけりですが、早いところだと数日で終わったり、長いところは6ヶ月程度かかるようです。

1日あたりの就業時間(研修時間)が長いほど、全体の研修期間が早めに終わりやすいです。

また仕事上でわからないことがっても周りの人にたくさん質問しやすい時期ですね。

せっかく研修期間を設けられている職場で働くのであれば、その期間を有効的に活かしましょう。

研修期間はアルバイトに慣れるためのありがたい期間なのですね。

バイトの研修期間中の給料に関する疑問

アルバイトの研修期間中は正式な勤務とは異なるので、給料体系も当然異なります。

ここでは給料に関するよくある疑問についてまとめていきます。

バイトの研修期間は給料が変わることは多い?

アルバイトで研修期間を設けている場合にはその期間だけ通常の賃金よりも低い場合が多いです。

時給で50円から100円くらい違うというのも珍しい話ではありません。

差がある期間が長いとモチベーションも低下してしまうかもしれませんね。

しかし、研修期間が終わった時に必然的に時給がアップすると思えば、目標もできて良いのではないでしょうか。

研修期間は周りのアルバイトの人ほど仕事ができていないので、払う側の立場から考えれば賃金がある程度低いのは当たり前とも言えます。

会社によっては、求人票に研修期間にどのくらい賃金が下がるのか、どんな条件で通常の賃金に戻るのかが明確でない場合があります。

研修期間がある場合には面接などで、時給がどんな条件で変わるのかを前もって聞いておくと良いでしょう。

研修期間の途中で辞めた場合に給料は出る?

研修期間の途中でアルバイトを辞めたとしても、それまでに働いた分の給料は支払われます。

研修期間中のアルバイトといっても、きちんと雇い主と従業員という関係は成り立っています。

そのため、給料をきちんと受け取る権利があるのです。

研修期間だけ時給が低いのは問題ないの?

正式なアルバイトの時給と区別して、研修期間だけ時給を低くすること自体は、法律的に問題ありません。

ただし各都道府県が設定する最低賃金を下回ることは、法律違反となってしまいます。

一般的に研修期間中の時給は、正式なアルバイトの時給より50~100円ほど安くなることが多いです。

バイトの研修期間がある場合のメリット

アルバイトの研修がある場合のメリットとは以下のような場合です。

  • アルバイトの仕事をする際の基本的な知識を学べる
  • いきなり職場に立たされることがないので安心である
  • 周りの先輩にサポートしてもらいやすい
  • 集団での研修がある場合には同じ新人アルバイトの同僚ができやすい
  • 研修期間が終わった時に達成感がある

研修期間があると思うと、知識を覚えるのを面倒に感じたり、賃金が低い期間があるのを煩わしく思うこともあるかもしれません。

しかし、研修期間があることで以上のようなメリットがあります。

研修期間があるアルバイトも応募先として検討してみても良いかもしれませんね。

バイト先で研修期間がある場合のデメリット

研修期間を用意しているアルバイトでは、最初はどうしても「時給が低くなる」というデメリットがあります。

ゆっくりと確実に仕事を覚え、自分に合った仕事なのか考えられる点は魅力です。

しかし正式なアルバイトとして採用されなかった場合、それまでの期間の給料はトータルで少ないものになってしまいます。

こうしたデメリットを踏まえ、アルバイト先を選んでいきましょう。

バイトの研修期間中における退職と解雇について

バイトの研修期間はその仕事を覚えるために多くの企業が導入しています。

問題なく進行すればいいのですが、万が一退職や解雇の状況になった時には覚えておく点がいくつかあります。

ここで具体的に解説していくので、ぜひ念頭に置いておきましょう。

【注意】研修期間中に退職する時に気をつけること

研修期間中に退職する場合に最も注意する点としては、事前に退職する旨を2週間前までに伝えることであり、これをしないと法律に違反する可能性があります。

研修期間は雇用契約期間の契約をしていないために、比較的柔軟に退職を願い出ることが可能です。

退職をする際にはその理由を添える必要がありますが、こちらは家族の不幸や引っ越し、あるいはどうしても仕事の相性が合わないなど人によって異なります。

退職を願い出る際には直接担当の人に伝えるのが基本となっています。

研修期間中に解雇されることはある?法的に問題ない?

研修期間中はあくまでも正式な仕事を覚える時期となっており仕事への関与は低いものとなっていますが、それでもしっかりとした理由があれば解雇をされることがあります。

例えば、連絡もなしに研修を休んだり遅刻をする人や、仕事内容の覚えが極端に悪い人は解雇される可能性があります。

解雇に関しては正当な理由があれば研修期間でも法的に問題ないとされています。

研修期間のあるアルバイトがおすすめの人とは

研修があるアルバイトがおすすめの人は以下のような人です。

  • オープニングスタッフで友人を作りたい
  • 仕事をすぐに覚えるのが苦手
  • 仕事に関する知識を学びたい
  • そのアルバイトの仕事を長期的にやっていきたいと思っている

特に一度言われてすぐに仕事を覚えられない人には、研修があるアルバイトがおすすめです。

いきなり売り場にたって教えた通りに 「はい!こうやって!」と言われても難しい場合も多いですね。物事にじっくりと時間をかけて取り組みたい人には研修のあるアルバイトはおすすめです。

研修期間のあるアルバイトをおすすめできない人とは

一方で、研修期間ありのバイトをおすすめできないのは以下のような人です。

  • いきなり前線で働きたい意欲のある人
  • 高いお給料を望んでいる人

仕事をすぐに体験したいという人や、前線で直ぐに働いてみたいと思っている人は研修期間のあるアルバイトは物足りなく感じることがあります。

研修期間は仕事の一環としてお給料が支払われるのですが、この期間は通常の雇用よりもお給料が低くなる傾向があります。

このため急ぎで稼ぎたい人や高いお給料を最初から望んでいる人には、研修期間のあるアルバイトよりも他の仕事を探す方がいいでしょう。

面接の時に研修期間の有無やその際の時給を聞いておく

研修期間の有無やお給料に関しては、しっかりとした職場ならば面接時に質問をすることでその内容を詳しく聞くことができます。

仕事のマッチングは働く際にとても重要になりますので、研修期間の有無やお給料などの疑問があれば面接時に全て質問をするのをおすすめします。

バイトの研修期間まとめ

ここでは研修があるアルバイトについていろいろ説明してきました。

研修期間は給料が下がるだけではなく、思ったよりもメリットがあると感じてもらえたのではないでしょうか?

特に時間をかけて長期的にこの仕事に関わりたいと考えている人にはぜひ研修のあるアルバイトを検討してみて下さい。