バイトの長期休みを取りたい時はどうすればいい?上手な言い方やどれくらい休めるのかを徹底解説

希望の休日数を上手に伝えるコツや復帰日の注意点を詳しくご紹介

アルバイトは毎日働くわけではなくとも、週に3日、5日など定期的には入っていることが多いですよね。

そんな中で、実家帰省や、旅行などで長期間休みたいという場合が出てくることも時にはあるでしょう。

そんな時にバイト先にどのように伝えれば効果的に長期の休みを取れるのか、どれくらいの間休めるのか等について説明していきます。

今後のバイト生活で役立つ情報なのでぜひチェックしてみてください。

休む日を伝えるのはいつが良い?

ここでは、長期休暇するのを伝えるタイミングについて解説していきます。

いつ伝えようか迷っている方は、ぜひチェックしましょう。

1.日程が決まったら1日でも早く伝える

ゴールデンウィークや年末年始など長期休暇したいスタッフが結構被(かぶ)ったりします。

そのため、長期の休みを取りたい場合には、できるだけ早い方が良いです。

日程が決まった段階で、1日でも早く伝えてください。

絶対にシフト決めるぎりぎりのタイミングで、「次回からしばらく入れません。」ということにはならないようにして下さい。

休む期間の長さによっては他のアルバイトを募集する必要が出てくるかもしれません。

また、あなたが知らないだけで他のアルバイトが辞める予定も近々あるかもしれません。

経営者や店舗責任者は事業を運営していくためには必要な人員を確保していかなければならない事情があります。

バイトだからそこまで考えなくても良いと思うかもしれませんが、長期休暇取得後もバイトを続けるつもりであれば悪い印象は与えないにこしたことはありません。

責任者の事情も考慮して早めに伝えましょう。

2.シフトが決まる1ヶ月前に伝えると親切

具体的にはシフトを決める一ヶ月前には伝えておいた方が良いです。

例えば5月20日に6月分のシフトを決めるのであれば4月中には、「6月以降は長期の休暇をとりたい」 と伝えた方が良いです。

もちろん家族の不幸など突発的な事情は仕方ありませんが、事前に予定がわかっているものであれば早めに伝えましょう。

3.経営者の忙しくないタイミングを見計らって話す

こちらの事情でバイトに穴をあけることになるので、ここは下手に出て、相手の事情を考慮して話しましょう。

機嫌のよさそうな時や心に余裕がある時に話すと良いですね。

長期休みを願い出る際の上手な言い方・伝え方2つ

アルバイトとはいえ長期の休みを願い出るのは気を使ってしまいますね。

上手に長期休暇の取得を伝えるためには以下2つのポイントを参考にしてください。

  1. 代わりの人を見つけた上で伝える
  2. 休み前はバイトに多めに入るなど配慮する旨を伝える

1.代わりの人を見つけた上で伝える

自分の抜けたシフトの穴を埋めてくれる仲間を見つけておくと、少しは休みやすくなります。

言い方例
「大変申し上げにくいのですが、◯月◯日~△月△日までの1週間お休みをいただくことはできますでしょうか?ちなみに◯◯さんにこの日からこの日まで、代わりにシフトに入ってもらえることになりました。実質この2日間だけまだ代わりの人が見つかっていないのですが…」

最悪、人手不足に陥らないということであれば、店舗責任者も長期休暇の許可を出しやすくなります。

2.休み前はバイトに多めに入るなど配慮する旨を伝える

長期休暇を取る代わりに多めにバイトに入るなど、交換条件を提示できれば交渉がしやすいでしょう。

言い方例
「◯月◯日までの土日祝日はすべてフルタイムで入るので、◯月◯日から△月△日までお休みをいただいてもよろしいでしょうか?」

長い間休む代わりの交換条件を提示すると交渉がスムーズになる場合があります。

ただし、上から目線で申し出ないように気をつけてください。

長期の休みはどのくらいまで取れるものなの?

アルバイト先で長期の休みを取るのはどのくらいまでは可能なのでしょうか。

これはアルバイト先の事情にもよりますが長くても1カ月程度が妥当な期間でしょう。

それ以上長引くとアルバイト先でも新しい人を雇うことを検討する必要が出てきます。

あまりに間が空く場合は一度、休職や登録を抹消した状態にして、復帰時に需要がある場合のみ雇用するというようなことを言われる場合もあります。

アルバイトなのでこのようなことを言われても仕方ありません。

あまりに長い休みと取る必要がある場合には、これを機にアルバイト先を変えることを検討しても良いでしょう。

長期休みから復帰した日の適切な振る舞い方

アルバイトに復帰した際は長い休みの後なのでいろいろな注意点があります。

主なポイントは以下4つの通りです。

  1. 菓子折りやお土産などを持っていく
  2. 復帰したことの挨拶や感謝の言葉を伝える
  3. 休み中に新たに入ったバイトに自己紹介をしておく
  4. 休んでいる途中に仕事内容で変更点がないかを確認する

では、上記のポイントについて具体的に見ていきましょう。

1.菓子折りやお土産などを持っていく

菓子折りなどは職場によってはかえって持っていくと迷惑になる場合もありますので、職場に応じてその効果は異なります。

しかし、旅行などの理由であるに場合にはお土産などは持っていくのが自然ではないでしょうか。

2.復帰したことの挨拶や感謝の言葉を伝える

あなたが長期休暇していて抜けたシフトの穴を、職場のみんながカバーしてくれていたことを忘れてはなりません。

そのことを考えて、次のように迷惑をかけたこととお礼の挨拶をすると良いでしょう。

言い方例
「ご迷惑おかけしました。今日から復帰します。長らく休みを頂きありがとうございました。」

簡潔に伝えるだけでも、職場の人達に感謝の気持ちが伝わりますので、ぜひ挨拶はしてくださいね。

3.休み中に新たに入ったバイトに自己紹介をしておく

休みが長期にわたる場合には新しいアルバイトが入っていたり、社員に異動があったりする場合もあります。

初対面のうちにきちんと挨拶をして今後も良好な関係を保てるように心がけましょう。

4.休んでいる途中に仕事内容で変更点がないかを確認する

アルバイトの仕事でも短期間のうちに、仕事内容に変更があったり、新しいことを覚える必要が出てくる場合があります。

元からある仕事内容を思い出すだけでも大変かもしれませんが、作業内容に変わりはないのかを必ず聞いておきましょう。

十分な配慮をして堂々と長期の休みを取ろう

アルバイトという身分だから社員ほど職場に縛られる必要はありません。

何か事情があって長期の休みが欲しい時は、適切に伝えれば取得は可能な場合が多いです。

それでも頼み方に不備があると、許可されなかったり今後の職場環境の悪化につながる場合もあるので、申し出る時は気を使いましょう。

普段から無遅刻・無欠勤で真面目に業務をこなす

長期の休みを取りやすくするためにも、日々のバイトにはまじめに取り組んでいた方が、良い返事がもらいやすいです。

普段から遅刻や欠勤をせず、仕事も真面目に精一杯こなしておけば、職場の人から信頼を得られ、休暇を取得しやすい状況をつくれるはずです。

店舗責任者や周囲の人からの評価を高めておくような行動を取るようにしておきましょう。

上手に長期の休みを取りながらも、アルバイト楽しんでいくのが最善の策ですよね。

まとめ

以上、アルバイトの長期休みについて、伝えるタイミングや伝え方、取得できる休暇期間などを解説しました。

最後にもう一度、上手に長期休暇を取る方法をおさらいすると

  1. 長期休暇の日程が決定したら速やかに職場に伝える
  2. 休む前にシフトの穴を埋めてくれる人を見つけておいたり、多めにバイトに入る
  3. 長期休みは長くても1カ月程度が妥当
  4. 復帰日には職場の人へ感謝の気持を伝える

の4つが挙げられます。

「バイト先に迷惑かけずに長期休暇を取りたい」

という方は、当ページを参考にして長期休みをスムーズに取る方法を考えてみてくださいね。

▼関連記事
嘘も方便?みんながよく使っているバイトを休むための理由をご紹介クリスマスはどうしてもバイトを休みたい!休むための効果的な理由はあるの?