制御・組み込みエンジニアの仕事とは?ハードウェアを制御するためのソフトウェア開発の魅力

制御・組み込みエンジニアの仕事とは

ITエンジニアといってもいろいろな職種があり、仕事の内容や必要なスキルもさまざまです。自分に向いている仕事ややりがいを感じられる仕事を見つけるためには、それぞれの仕事内容について把握しておくことが大切です。

ここでは、制御・組み込みエンジニアについてご紹介します。IT系の仕事に就職・転職する際の参考にしてみてください。

制御・組み込みエンジニアはどんな職種?

電子レンジやエアコン、テレビや掃除機などの家電製品をはじめ、自動車や人工衛星、ロボットなど…私たちの生活の豊かさは、様々な物によって補われています。

これらは、ハードウェア(本体)の内部に、機器を制御するためのプログラム(ソフトウェア)は組み込まれることにより、本来の役割を担うため、「組み込み機器」といいます。また、この組み込み機器に役割を与えるソフトウェアが「組み込みソフトウェア」であり、この開発に携わるのは「制御・組み込みエンジニア」となります。

最近はIoT(Internet of Things、モノのインターネット)の時代に突入し、家電や娯楽機器などもインターネットに接続されて、センサーや入力操作のデータを送受信することで動くものが増えています。そのため、組み込みソフトウェアの重要性は拡大し続けています。

組み込みソフトウェア開発においては、ハードウェアのスペックを把握していなければなりません。使われるOSやプログラミング言語といった開発環境も機器により異なます。またOSやミドルウェアをはさまずに直接ハードウェアを制御するアプリケーションが必要とされることもありますので、臨機応変な対応が大切といえるでしょう。

更に、言わずともわかるとは思いますが、製品の出荷後に修正することはできませんし、基本的に発売日が決まっているため納期遅れも許されません。組み込みエンジニアは、まさにスピードと慎重さの両方が求められる仕事であり、Iotのニーズに伴い、人材不足が叫ばれている職種でもあるのです。

↓組み込みエンジニアの求人をお探しなら↓

レバテックキャリアは、エンジニアとクリエイターの転職に特化したエージェント!【口コミ・評判】

制御・組み込みエンジニアの仕事って?

制御・組み込みエンジニアの仕事の流れとしては、おおまかに言うと次のようになります。

要件定義

まずは機器の要件を定義しなければなりません。組み込み機器に必要とされる機能や動作について確認し、ハードウェアエンジニアとも連携を取ってハードウェアとソフトウェアの役割分担をします。

ソフトウェアで行うべき動作が決まったら、それを満たすためにソフトウェアに求められる仕様や何をしなければならないかなどの要件を定義します。

設計・開発

機器による制約を把握した上で、どのような開発環境で開発を行うか決めます。機器によりOSやプログラミング言語、開発ツールなどの開発環境は異なってきます。

そしてソフトウェアの基本設計を行い、詳細設計を決めて、実際のプログラミングを進めていきます。

機器上での動作テスト

開発環境での動作テストをクリアしたら、実際の機器にソフトウェアを組み込んでテスト要件どおりに動作するかをチェックします。

この段階ではハードウェアエンジニアとも連携をとり、動作に問題があれば原因を追及し解決していきます。

制御・組み込みエンジニアに求められるものは?

制御・組み込みエンジニアはソフトウェアについてのスキルだけでなく、ハードウェアについてのスキルも必要になります。これは実際の開発経験を積み重ねる中で身につけていくことができますが、勉強も必要です。

ソフトウェアのスキルとしては、多くの組み込み開発で用いられるプログラミング言語であるC言語、C++、Javaなどはもちろん必須です。またソフトウェアの設計についてもスキルが求められます。十分な設計をせずにいきなりプログラミングを始めることは不具合を生じる原因になります。テストやプロジェクトマネジメントについてのスキルも必要です。

ハードウェアのスキルとしては、スペシャリストである必要はありませんが、どうハードウェアを用いて求める動作を実現するかを理解し、ハードウェアのエンジニアと十分なコミュニケーションをとれるだけの知識は必要です。

他の職種、特にハードウェアのエンジニアとの連携が必要なため、コミュニケーションスキルも大切です。

制御・組み込みエンジニアの魅力って?

制御・組み込みエンジニアの仕事の魅力としては、実際の機器の動作を見ることで自分の仕事の成果を感じられるというものがあります。ハードウェアが想定通りに動くところを見るのは、ソフトウェア上だけで動作を確認するのとはまた違ったもの作りの達成感があります。

また特定の機器に関するスペシャリストになることに魅力を感じる人もいます。ハードウェア的な制約のある中で、機器の性能を最大限に引き出すことにやりがいを覚える人も多いです。

こんな人に制御・組み込みエンジニアはおすすめ

ITエンジニアの中でも制御・組み込みエンジニアに向いている人というのは、まずもの作りに情熱を燃やせる人です。ソフトウェアの面からもの作りを支えるということに興味を持てないと、続けるのは難しいかもしれません。

さらに、ある機器についてのスペシャリストを目指すといった職人的な性質と、次々に現れる新技術に貪欲についていくという時流に乗るスキルの、両方を兼ね備えていると良いでしょう。

さらにソフトウェアのエンジニアには必須といえる論理的思考力や想像力、そして納期が厳しく後からのアップデートが難しいという面から、品質や安全性を追求する能力や責任感がある人に向いています。