介護職を続けながら転職活動は出来るのか?

介護職を続けながら転職活動

介護の現場の仕事を続けながら次の仕事についての転職活動をするの難しいものなのでしょうか。

実際にみんなどんな風にされているのでしょうか。

介護職の仕事を続けて転職活動は出来るのか?

介護の仕事を続けながら次の仕事の転職活動をすることは可能でしょうか。答えとしては、可能ですと言えるでしょう。理由としては、平日の休みがあるので実際に次の仕事の面接や見学の日程を入れることが出来やすいといったことがあります。

次に仕事の求人などの情報収集については、平日以外でも最近ではインターネットなどの求人サイトや求人専門のエージェントなどもある為こういったものを利用することで幅広く情報を収集できる為自分の仕事を続けながら気に入った条件の仕事を見つけ出すことができます。

介護の現場の仕事を続けながら転職活動は難しくなく、インターネットなどを上手く利用することで効率良く自分の条件にあった求人が見つかるカモ。

介護職をしながら介護職の転職活動は難しくない!

介護職として働きながら、次も介護職として転職を考えている場合は意外と話がスムーズに進むケースが多く難しくないことが多いかもしれません。理由としては早く人が入って欲しいということもあり、特に経験者は歓迎されますし、即戦力としてすぐに活躍してもらえる人は特に有難い人材と言えるからです。

基本的に介護職の離職率も多く定着率も低いと言われている為人の入れ替わりが多い業界といえるかもしれません。慢性的に人手不足が多いので、未経験の人でもすぐに対応できる人ではれば歓迎の所が多くありますので、経験者であれば更に歓迎される部分が大きいからその分転職についてもスムーズに決まることが多いと言えるでしょう。

介護職から転職で介護職へ行う場合は履歴書と面接でほぼ決まるケースが多く、比較的短い期間ですぐに決まることが多いカモ。

介護職の転職の注意点とは?

実際に介護職の現場の仕事を続けながら転職活動をする時の注意点とは何があるでしょうか。
あまり現在転職を考えていて転職を活動をしていると周りの人に話すことについては考えものです。

実際に仕事についての悩みだけならまだ良いのですが、辞める為の活動をしていると色々な人に話すことで「やる・気がない」と思われてしまう事があります。

あくまで転職についての活動は個人的なものですのであまり周りの人に言わない方が良いかもしれません。また、転職についての面接の日程調整についても出来る限り現在仕事をしている所の休みに合わせて面接などの予定を入れるようにして現在の仕事先の配慮も大切です。

現在勤務している所で「あの人仕事を辞めたがっている」と思われてしまうことで現在仕事しているとことで人間関係ギクシャクする可能性が高くなって、仕事がやりにくくなるカモ。

介護職を続けながら転職活動をすることのまとめ

介護職の仕事をしながら転職活動をすることについては難しくはまいでしょう。理由については以下の通りです。

  • 求人情報はインターネット利用で時間や曜日に制限がない
  • 実際の面接・見学についても平日で日程調整が可能
  • 同じ介護業界での転職の場合は比較的短期間で決定が可能

などがありまります。求人などについては最近ではほとんどインターネットなどなどが多くこういたものを利用することで時間など自分の都合のいい時に確認することができます。

また求人の専門のエージョントを利用することで自分に合った条件の仕事の紹介や、先方からのスカウトなどがある場合もあり、自分で一人で活動する自信がない人にとっては安心できるのではないでしょうか。

せっかくスキルアップなどの意味もある転職ですので後悔しないようにしっかりと確認をして転職することが良いのではないでしょうか。

介護の仕事の求人は織り込みのチラシや無料の求人誌にもある為自分の住んでいる地域の求人については比較的情報収集しやすいカモ。またインターネットを有効に利用することで自分では分からなかった情報や会社のことを知ることが出来るのでインタネットでの求人、転職の情報を利用することで時間の節約にもつながるカモ。

現場レポート
実際に介護職から転職を行った人について 実際に介護職から別の介護職の転職のケースについてご紹介しましょう。

デイサービスからデイサーサービスのケース

約10年ほどの経験者の方の転職ケースです。私の職場の前もデイサービスの経験者でした。配置転換と腰の具合といったことなどの不満があっての転職です。次の仕事先の見学を行ってから転職して勤務されているようです。

事前に職場の雰囲気や、実際にアクテビティーはどんなものを行ていてどんなことが提供可能かといったとことを確認したかったようです。自分の休みに合わせて一度体験で見学をして、雰囲気的に良さそうとの事で決めたのとことです。

転職の時もあまり早く伝えたくなかったとのことでしたが、2,3週間くらい前には辞める側の仕事先にもも説明はしていたようです。辞めるといった後仕事がやりにくくなるのが嫌といったいました。

ちなみに新しい職場については、事務員やケアマネージャの人の知っている人がいたようです。この業界ですので色々な人が移っているので意外と誰がどこにいる、元どこで働いていた人が現在どんな仕事をしているといった情報が分かってしまうこともあるようですのであまり、辞める時にもめると辛いこともあるかもしれませんね。

グループホームからデイサービ責任者

介護職の経験は少なめの男性ですがデイサービスの責任者としての転職です。転職期間も比較的短めのようで、企業が主催する転職のセミナーに参加してそこで決まったとのことです。

資格は社会福祉士と介護福福祉士と取得されているのですが現場経験が比較的少なめの人でした。介護の資格があった為、面接なども簡単なもので比較的スムーズに決まったとのことです。

介護の資格の取得や経験があることで同じ介護業界の転職については以外とスムーズにいくのではないでしょうか。