薬剤師の公務員への転職!仕事内容や年収、特徴、そして転職のしやすさは?

公務員薬剤師への転職で国立病院や保健所、役所、衛生研究所などで働けるようになる

公務員にも色々な職種があります。そのひとつ公務員薬剤師が薬剤師の転職先として注目されるようになってきました。

薬剤師の資格を持っていれば、保健所や役所、衛生研究所、国公立病院といった公務員求人に募集できるんです。そこで今回は薬剤師の転職先のひとつである公務員について紹介します。

公務員薬剤師はどんな仕事をする?業務内容について

公務員には国家公務員、地方公務員の2種類があります。前者は国が雇用主、後者は地方自治体が雇用主となります。

主な転職先には以下のものが挙げられます。

[box_h]
  • 国立病院
  • 公立病院
  • 保健所
  • 役所
  • 衛生研究所
[/box_h]

国立病院

身分は地方公務員になります。一般的な病院勤務と同じ内容で、調剤、薬剤管理、服薬指導が中心です。国立病院はもともとの数が少ない上に、減少傾向が強いのでかなりの狭き門に。年収などの給与は国家公務員と同じ基準になります。

公立病院

こちらも地方公務員。各都道府県から求人が出て、そちらにエントリーすることになります。自治体によっては薬剤師不足が深刻化しているので良い条件の募集がみつかりやすいです。特に地域にこだわりがないなら探してみましょう。年収・給与は各自治体ごとで決められています。

保健所

地方公務員。基本的には管轄内の薬事衛生や薬局の開設・営業許可など。ほかにも美容院や公衆浴場、クリーニング店などにも関わります。

役所

地方公務員。主に自治体民の健康支援のための薬務課、保険・医療・福祉のための保健福祉事務所などで勤務します。

衛生研究所

食品や医薬品の衛生検査、細菌・ウイルス検査を行う施設での勤務になります。国立の衛生研究所もありますが、転職向きではありません。ほとんどが地方公務員として勤務することになります。

その他

これら以外にも、学校保健技師や吸水事業、消費生活支援センター、感染症などの検疫所…といった多彩な転職先があります。

↓2時間ドラマの王道!科捜研で働く薬剤師↓

科捜研で働く公務員薬剤師について!仕事内容や年収、目指し方を知ろう

公務員薬剤師の年収は?

年収は国、または各自治体の基準に沿って決定されています。初任給は20万円程度が相場に。国家公務員は平均年収600~700万円、地方公務員は平均600万円程度が相場となっています。

公務員薬剤師の特徴

公務員薬剤師への転職は次のような特徴が挙げられます。

抜群の安定感

最大の特徴はなんといっても「公務員」であること。身分や給料が保証されている上に、リストラの不安はありません。長期的に安定して働きたい。そう考えるなら公務員薬剤師ほど適した職業はないのでないでしょうか。

薬剤師としての働き方に疑問?

国公立病院ならまだしも、他の職場を見たらわかるとおり調剤や服薬指導を行う機会はほぼありません。なので何らかの理由で公務員薬剤師以外に転職することになったとき、実績や経験が足りないと判断されてしまうおそれも。

また薬剤師本来の役割は調剤や指導にあると考える人にとってやりがいが無いように感じられるかもしれません。

他の職種からの転職のしやすさは?

転職のしやすさで言えば厳しめの部類に入ります。まず公務員試験に受かること。そして受かったあとに自治体からの求人が無いと応募できません。

求人倍率も高めなので「転職しよう!」と思ってすぐに活動に移せるわけではないため、事前に準備を整えておく必要があります。

まとめ

誰でも簡単に転職できるわけでは無い公務員薬剤師ですが、一度受かればリストラや減給のリスクが無い、それでいて給料水準も高めとあってチャレンジしたいと考える人も多いかと思います。

必ずしも薬剤師は調剤だけしていれば良いわけではない!と思う方に特にピッタリだと思います。まずはお住まいの自治体がどのような求人を出しているのか、公務員試験の時期はいつかを確認してみましょう。