ヤマグチ薬局の年収、評判・口コミ、求人や待遇、転職するコツを経験者の視点で徹底解説

ヤマグチ薬局の評判・年収

ヤマグチ薬局へ転職して働いてみたいけど、

「どういう転職活動をしたら採用されやすいの?」
「中途で転職した場合の年収は正直いくら?」

といろいろシミュレーションしている方も中にはいるはずでしょう。

そこで今回は、

  • ヤマグチ薬局の会社情報や現状
  • ヤマグチ薬局の平均年収
  • 中途採用でヤマグチ薬局が求めている人物像
  • 転職成功確率をアップさせるコツ
  • ヤマグチ薬局への転職に強い転職サイト

などを詳しく解説します。

この記事を読むことで、あなたがヤマグチ薬局の職場にマッチングする人材なのかがわかるようになるので、ぜひ読み進めてください。

ヤマグチ薬局とは

神奈川県相模原市に生まれたヤマグチ薬局は、地域密着型の調剤薬局です。

神奈川県を中心に店舗を拡大しており、地元の患者様に愛されている薬局となっています。

薬剤師になった人の中には、患者さんのために活動をしていきたいと思っている人がたくさんいます。

しかし実際には、様々な弊害によって夢に描いていた薬剤師としての活動ができない人も多数いるのが現実です。

そういう状況下で、他の会社で薬剤師をしていた人や病院で働いていた人、メーカー勤務だった人などが患者さんのために仕事ができるヤマグチ薬局へ続々と転職しています。

そんなヤマグチ薬局の企業情報や事業内容、強みをまずは紹介していきます。

ヤマグチ薬局の企業情報

ヤマグチ薬局を運営しているのは株式会社ヤマグチ薬局です。

株式会社ヤマグチ薬局の会社概要は以下のとおりです。

社名 株式会社ヤマグチ薬局
事業内容 保険調剤薬局
創業 1983年 7月8日
資本金 5,000万円
年商 84億7600万円(2020年4月実績)
代表者 代表取締役 山口 重雄
本社所在地 神奈川県相模原市緑区橋本2-9-6
支社所在地 東京都渋谷区恵比寿1-9-4 メディカル恵比寿ビル7F
従業員数 従業員数 425名(薬剤師260名 事務165名)(2020年4月現在)

ヤマグチ薬局の事業内容

1983年の創業以来、神奈川県と東京都を中心に埼玉県・千葉県・山梨県、そして滋賀県と合わせて103の店舗を展開している調剤専門の薬局チェーンを運営しています。

医者・患者両者との信頼関係を築き、豊富な知識を背景として個人個人の健康や介護の相談も受ける「かかりつけ薬局」として地域に根差した事業を展開しています。

またクリニックや医院の開業支援も行い、地域で重宝される薬剤師として人に対する投資を優先することを会社の方針としています。

ヤマグチ薬局の強み

他業種からも転職が多いヤマグチ薬局の魅力は、患者さんとしっかりと向き合う文化があることでしょう。

ヤマグチ薬局にはノルマがありません。数字を意識して患者さんの対応をしていても、本当の意味で患者さんの立場に立つことはできません。

ノルマが無いことで、患者さんの事を第一に考えることができるようになるのです。

患者さんにとって薬に対する不安はつきものです。

薬剤師との積極的なコミュニケーションが安心感を生み、世間話をすることによって気持ちも晴れやかになっていきます。

ヤマグチ薬局は地域密着を掲げていますので、同じ患者さんが何度も訪れることがあります。

その度に体調の変化を伺うことで、ヤマグチ薬局のリピーターは増えていくのです。

ヤマグチ薬局にはマニュアルがない

またヤマグチ薬局にはマニュアルがありません。

AならBといった決められたルールの中では、患者さんに親身な対応ができるとは考えていないのです。

その分、患者さんの気持ちを知るためのスキルも必要になり、自分の頭で考えなければならないシーンも多くなります。

しかしそれこそが、仕事へのやりがいに繋がっていくのではないでしょうか。

マニュアル通りに動いている薬剤師の行動に、患者さんも気づくものです。

ライフスタイルに合わせた対応が患者さんにとっては必要なのです。

その場に応じて、適した対応をしてくれるヤマグチ薬局の薬剤師には、目には見えない信頼が生まれてくるようになります。

ヤマグチ薬局の年収情報

ヤマグチ薬局の平均年収は約500万円です。

薬剤師職の年収なので一般的な企業よりは多くなっています。

ただし全国的な薬剤師の年収としては、平均的か少し低いといえるでしょう。

一般的な給与の他には、管理者手当や住宅手当などがあります。

地方での勤務となった場合は別途手当が付くようにもなっており、勤務地やスキルによって年収をアップさせることができる企業です。

ヤマグチ薬局が募集している職種と勤務条件

ヤマグチ薬局では、どの職種で募集をしていて、その勤務条件はどうなっているのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

募集している職種や勤務条件

ヤマグチ薬局では薬剤師を募集しています。

薬剤師の免許は必須ですが、調剤薬局での経験が条件にはなっていません。

そのため病院やメーカーからの転職も多くなっています。

また配属される店舗によって条件は変わります。

ただし週休2日、年間休日120日は薬剤師の中でも多い方です。

土日が休みになるかどうかは、配属された店舗によっても違います。

しかし休みやすい環境であることは間違いありません。

ヤマグチ薬局の福利厚生と手当について

薬剤師としての手当はありませんが、住宅手当や家族手当があります。

また育児休暇も充実しているのが特徴です。

子供が小さい時や介護が必要な家庭環境である場合は、時短勤務も可能となっています。

そのほかにもヤマグチ薬局では、研修に関する費用負担をしてくれます。

薬剤師としてのスキルアップをしたいと思っている人は、どんどん成長ができる職場となっています。

ヤマグチ薬局の口コミ・評判

ヤマグチ薬局で勤務する方の話を参考にしてみましょう。

実際に働いてみて、仕事内容や職場環境、待遇などいろいろな角度から判断すると後悔がありません。

口コミは生きた情報源として参考になります。

仲間もいて年齢関係なく活発に働ける
100店舗あるので多くの仲間がいるのは頼もしいですし、コニュニケーションも取れます。

若い世代が活躍できる風土なので、自分で考えて動けるのは魅力です。

店舗ごとで色が違う
いくつかの店舗を経験しましたが、店舗ごとで店の方針や労働環境が変わってきます。

バランスの良い店もあれば、休みがとりにくい店もあるので、店舗によって差があるのは変えてほしい。

安定感は大きな強み
医療関係の業界なので安定感はあります。

また人手が不足していることもあって、給与はなかなか良い水準だと思います。

あとは自分の頑張り次第であがっていきます。

人員の余裕が欲しい
店舗は人手が不足しているので、万年忙しいです。

ただ他もそんな感じだろうと思いますし、連帯感はあるので救われます。

もう少し人員的な余裕が欲しいですが、店舗と本部の距離感があるように感じます。

店の運営を自分たちでコントロールできるのがやりがい
店舗に裁量があるので、自由に店を変えていける風土はあります。

スタッフの意見が反映されやすいのは、やりがいにも感じます。

患者さんと向き合える
薬剤師としてのノルマが無いことで、患者さんに真っ直ぐ向き合うことができます。

目の前にいる患者さんのことを真剣に考えて働きたいと思っている人には、ピッタリの会社といえます。

またマニュアルがないため、患者さんの気持ちをしっかりと把握することが必要になります。

難しい事も多いですが、仕事のやりがいを感じています。

薬剤師としての成長ができる
マニュアルがないため、OJTがとても重要になります。

チャレンジできる職場でありながら、先輩社員が丁寧に仕事を教えてくれます。

また、研修の費用を負担してくれるところも薬剤師としての成長ができる嬉しいポイントです。

店は忙しいものの、自分たちの考えを反映しやすいのは大きなやりがいになります。

また給与面も業界としては納得がいく水準で、一定のバランスがある経営であることも安心材料です。

ヤマグチ薬局への転職難易度

転職するときには薬剤師の資格があるとかなり有利です。

店舗数も多くて配属先は豊富です。

さらに業界全体でもスタッフは不足気味ですから、ヤマグチ薬局も例外ではありません。

正社員の求人も出していることが多いので、転職するチャンスは比較的多いです。

勤務地を限定しすぎなければ、医療の職に転職することは可能です。

またヤマグチ薬局は求めているスキルや給与面でも平均的です。

条件が破格に良いということではありませんので、基本がしっかりできるなら、条件が合えば採用される可能性も高まるでしょう。

ヤマグチ薬局への転職成功確率をアップさせる唯一の方法

ヤマグチ薬局の転職には、企業が求めている情報が何かを把握することが重要です。

店舗スタッフの求人、本社スタッフの求人など、店舗数が大きい企業だけに情報量が多いです。

そこからそれぞれの求人で何を求められているのかを分析することが、転職成功のカギになります。

多くの情報を整理するためには、転職の情報に慣れている、読み解く経験がある専門化の転職エージェントの力を借りることが効率的です。

相談相手にもなってくれますし、面接の練習にも対応していることもあります。

うまく活用して転職活動を効率的、確実にしましょう。

ヤマグチ薬局へ転職したい薬剤師が必ず登録した方がいい薬剤師転職サイト4選

ヤマグチ薬局への転職を考えている薬剤師の方におすすめの薬剤師転職サイトは次の4つです。

  1. 薬キャリエージェント(エムスリーキャリア)
  2. ファルマスタッフ
  3. リクナビ薬剤師
  4. マイナビ薬剤師

これらの薬剤師転職サイトのうち、1社ではなく2、3社に登録しておくと転職成功確率がアップします。

それでは各社の特徴について詳しく見ていきましょう。

1.薬キャリエージェント(エムスリーキャリア)

薬キャリのロゴ
「薬キャリエージェント」はSONY傘下であるエムスリーキャリアが運営する薬剤師向けの転職支援サイトです。

長きにおいて医療業界でビジネスを行ってきた実績から、この業界においては抜群の知名度を誇っています。

そのため病院や医療関係者に強力なコネクションがあり、転職においても裏事情の提供など強いサポートが期待できます。

また求人においては、病院薬剤師や調剤薬局といった業界人気の高いジャンルを幅広く取り揃えており、口コミでは担当アドバイザーのフォローも手厚いと評判です。

薬キャリエージェント公式サイト:https://agent.m3career.com/

薬キャリエージェントの口コミ・評判を見る

2.ファルマスタッフ

ファルマスタッフのロゴ
「ファルマスタッフ」は、面接が心配だという人にもおすすめすることのできる薬剤師向けの転職支援サービスです。

というのも、面接にあまり慣れていないという求職者向けには面接同行サービスを導入しており、面接に同席してフォローするなどその場で面接をバックアップしてもらうことができるためです。

サイトを運営してるのは日本調剤グループという大手調剤薬局チェーンであり、これまでは同業界である調剤薬局の転職サポートを主にしていましたが、近年では知名度を活かしてドラッグストアや医療施設などにも求人の幅を広げ、業界での経験が反映されたその求人の質は高く評価されています。

ファルマスタッフ公式サイト:https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフの口コミ・評判を見る

3.リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
転職と言えば最大手のリクルートですが、その薬剤師専門転職サイトが『リクナビ薬剤師』です。

リクナビの転職支援実績とノウハウを生かして薬剤師関係でも豊富な転職実績があります。

特にドラッグストアに関しては、近年のドラッグストアの急激な店舗展開にともなって多数の求人を抱えています。

求人に対する素早い募集も行っており、連絡の速さも良ければコンサルタントの質も良好です。

薬剤師の関係で転職する方は、『リクナビ薬剤師』をメインに選ぶのも一つの手です。

リクナビ薬剤師公式サイト:https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

リクナビ薬剤師の口コミ・評判を見る

4.マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
担当者が親身になってアドバイスをしてくれるということで評判なのが、業界最大手の一角であるマイナビグループの運営する薬剤師専門の転職支援サービス「マイナビ薬剤師」です。

業界トップクラスの営業力とネームバリューによって集められた求人数は潤沢で、また全国各地に多くの支店もあることから地方在住の転職を考える薬剤師にとっても利用しやすいサービスです。

本サービスは特に面談に力を入れているとされ、利用者の希望に沿ったきめ細かな情報収集とサポートが高い評価を得ています。

マイナビ薬剤師公式サイト:https://pharma.mynavi.jp//

マイナビ薬剤師の口コミ・評判を見る

まとめ

以上、ヤマグチ薬局の企業の現状や平均年収情報、求められる人物像や採用条件、社員からの評判等を紹介しましたがいかがでしたか?

ヤマグチ薬局は、地域密着型の調剤薬局になります。

地元の人とのコミュニケーションは、難しいこともありますが、楽しさを感じる事も多いです。

研修制度が充実しており、成長しやすい環境もヤマグチ薬局の魅力の1つです。

「以前から気になっていた近場のヤマグチ薬局へ転職したい」
「今まで培ってきた知識と経験をヤマグチ薬局で発揮したい」

そんな方は、このページを参考にしてヤマグチ薬局に転職するための準備を始めてみてはいかがでしょうか。

転職成功へ向けてトライしてみてくださいね。