介護はだれでも出来る仕事?介護の不向きな人とは

介護の不向きな人とは

慢性的に人手不足の介護業界。比較的に就職しやすいですが、介護にも向き不向きといったものがあります。

それでは介護に大切なことと不向きな人などについてご紹介していきましょう。

介護職に向かない人とは?

介護の人手不足で誰でもなれると考えられている介護職です。しかし、介護の仕事に向かないタイプの人といったもがあります。例えば、

  • 人と接することが苦手な人
  • 臨機応変に対応できない人
  • 一つの事に集中しすぎて他が見えなくなってしまう人
  • くよくよ考えこんで悩む人
  • 観察力に欠ける人

などがあります。基本的なことかもしれませんが、介護を行うことですので、人と接することが苦手な人は向かないと考えらえます。信頼関係を気づく為には、介助者の方とお話したりして、日頃からコミュニケーションを行うことが大切です。

ですから、人と接することが嫌いな人や苦手な人は難しいかもしれません。積極的にペラペラと話す必要性はありません。誠実であれば良く、相手の事をしっかりと受け止められる上手な聞き役がきればいいのです。

そして、高齢者や障害の方についてはちょっとしたことでも体の不調の原因につながりますので、いつもと様子が違うといったことはすぐに事業所に報告する必要があります。また介護の現場では急な事態が起こることもあります。

そういった時でも落ち着いて冷静に判断する必要性があります。このように、「誰でもできる仕事」と考えられていますが、意外と難しい部分も多くあります。

基本的には、明るく、くよくよせずに知らないことや分からないことは質問と確認して行うことが大切なのカモ。

仕方なく介護職で働く人は向いてない?

就職活動で希望の職種や業界などで就職できなかった人や転職の時に悩んだ末、介護の仕事を選ぶ人は多くあるかもしれません。介護で働くきっかけは様々あると思います。

始めは希望と違ったことがるかもしれませんが、自分で決めたことですので、心機一転気持ちの切り替えの必要があります。「誰でのできる仕事」考えられがちですが、はやり始めての仕事の場合はどういった仕事に対しても心構えは大切です。

1から始める気持ちで学ぶことが出来るか、そして早く仕事を習得する気持ちが大切になります。いつまでも、いやいや仕事をしている気持ちがあるのではどういった仕事でも同じことが言えますが、まずは自分現状の仕事に集中して学び、そして行うことが出来なけれそれは向かない人と言えるでしょう。

いつまでも、こだわり過ぎて今自分の環境で自分の力を発揮で出来なけれは他の仕事でも難しいのカモ。

本当は介護に向かない人はいない!

介護の仕事のを始めることがどんな人でも取り組みやすいと思います。まったく経験がなくても、頑張ってやってみたいといった気持ちがあることが大切です。後は日々の仕事の中で学びながらより良い介護を行う為日々勉強といったことになると思います。

色々な人との出会いが大変な部分もありますが、その分嬉しいこともたくさんあります。「喜んでもらいたい」といった気持ちを忘れずに行うことが大切かもしれません。

細かい事は実際現場働きながら、色々な関係する人との関わりの中で学び、感じることで分かってくることもありますので、始めからあまり心配することもないのかもしれません。

まずは難しいことは考えすぎず素直な気持ちで取り組むことができる人であれば大丈夫なのではないでしょうか。基本的に人に接する事が苦痛に感じる人でなければ大丈夫かもしれません。

介護の仕事に向かな人のまとめ

基本的に介護の仕事に向かない人については、一人でコツコツすることを好む人で人と関わること苦手な人は向いていなかもしれません。しかし、基本的なところは向いていないといた人はいないのではないかと思います。

性格的に内向的な人であっても、真面目に仕事を取り組むことで利用者の方との信頼関係を築くことができるからです。必ず、明るく元気が必要と言わけではなく、介護の仕事をしっかりと理解して、仕事を行うことが出来るかどうかではないでしょうか。

どんな仕事でも初めての時は不安がつきものです。周りの環境をしっかりと見て学びそして実際の仕事の現場で生かすことが出来るかどうかで向く人向かない人になるのではないでしょうか。

あまり難しく考えすぎないでまず、行動に移すことが大切なのカモ。