40代看護師の転職は難しい?40歳以上の転職が案外難しくない理由や転職成功率を上げる方法を徹底解説

一般の観点から見ると、40代での転職は難しいとされていますが、看護師の場合はどうなのでしょうか。

「本当に看護師が40代で転職するのは難しいの?」
「長い間職場を離れていたけど、復職したい」

と考えている方も多いはずです。

そこで今回は

  • 40代看護師が採用されにくくなる背景
  • 40代看護師の転職が他の業界よりも難しくない理由
  • 40代看護師の転職が難しいケース
  • 40代看護師が転職成功率を上げるためにすべきこと

などを詳しく紹介していきます。

結論から言うと、常に売り手市場が続く看護師の人材需要は高く、転職するのは難しくありません。

転職希望条件や正しい転職サイトの活用術を知ることで採用される可能性を高めることができます。

この記事を読めば、40代看護師の方が転職成功率を上げるコツがわかるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

40代看護師が採用されにくくなる4つの背景

現在、看護師は売り手市場と言われており、慢性的な人手不足の中で比較的求職はしやすいともされています。

しかし一方で40代看護師に関しては様々な理由から採用されにくいという声もあります。その理由について解説します。

1.そもそもの求人数が少ない

現在看護師の就職事情は全体で見れば売り手市場ではありますが、40代に関してはある程度数が限られてしまうという側面もあります。

それはどういうことかというと、大学病院や公的な病院では看護師の求人に年齢制限を設けていることが多く、そのほとんどが35歳までとなっているためです。
つまり40代ではそもそも応募資格がない、という事情もあるのです。

2.残業や夜勤が多い職場では若手が優先して採用される

看護師の世界は女性の割合が多いながら、かなり体力が必要とされる職場です。

患者のケアを行う直接的な体力面はもちろん、残業を含めた長時間労働や、シフト制による不規則な勤務、特に夜勤などは多くの体力を必要とします。

ある程度の年齢になるとそうした労働環境についていけなくなることも多くなり、採用する側もはじめから若手を優先して採用するという側面があります。

3.適応力や迅速性に欠け新人として教育しにくい

たくさんの経験を積んでいるため、あらゆる事態にも対応できるのがベテランである40代看護師の強みではあります。

ただし、裏を返せば経験のない新しい環境に対する適応力は若い新人などに比べると低い傾向があります。

また上司が年下の場合には注意などもしづらく、その職場に合わせた教育もしにくいと雇う側も考えてしまうのです。

4.40代後半から転職成功率が減少していく

看護師の転職成功率は40歳前後をピークに減少していきます。

これは即戦力で経験豊富なべテランが求められる一方で、体力や定年なども踏まえると求人側でも採用に二の足を踏むようになるためです。

40代後半になると成功率は50%近くまで下がり、20代の成功率を下回ってしまいます。

40代看護師の転職が他の業界よりも難しくない理由4つ

一般的に転職は40代までが限界とも言われ、40代でも転職はかなり難しいとされていますが、看護師に限ってはかなり需要が高く、転職はそう難しくないとも言われています。

その理由については主に以下の4つになります。

  1. 看護師業界は恒常的に人手不足のため
  2. 40代の経験者を採用したい事業所が多いため
  3. 職場が変わっても仕事内容は変わらないため
  4. 採用後すぐに辞める可能性が低く長く働いてくれるため

それぞれ具体的に解説していきますので、ご参照ください。

1.看護師業界は恒常的に人手不足のため

日本では高齢化が進んでいることもあって医療機関の必要性は年々高くなっており、それに伴って看護師の需要も増加傾向にありますが、一方で供給はついてきておらず常に人手不足の状態にあります。

そのため看護師業界は恒常的な売り手市場にあり、どの医療機関でも引く手あまたとなっているのです。

2.40代の経験者を採用したい事業所が多いため

看護師業界は常に人手不足であるため、求めるほうも即戦力となる経験者を優遇する傾向にあります。

看護師は一人前に育つまでにかなりの時間とお金が必要であり、そしてせっかく一人前になっても結婚や出産などによって休職・転職されることも多く、雇う側としては若い看護師を採用することにリスクもあります。

そうしたことから、経験豊富で安定的に勤務できるベテランの需要は高いのです。

3.職場が変わっても仕事内容は変わらないため

看護師の仕事は、基本的にはどこでも大きく変わることはありません。

たとえば病院の規模や診療科などによって細かな違いはありますが、資格を持つだけの基本的な知識があればほとんどの職場ではすぐに仕事に馴染むことができます。

経験を積んでいる40代は特に仕事の本質をとらえて応用が効きやすいため、転職後もすんなりと新しい職場に入っていくことができるのです。

4.採用後すぐに辞める可能性が低く長く働いてくれるため

このようにベテラン看護師を求めている医療機関は多いですが、一方で50代ともなってしまうと定年が見えてくるため、長くてもあと10年程度しか働くことができません。

若すぎれば環境の変化が大きくすぐにやめられてしまう可能性があり、ベテランすぎても長くは働いてもらえない。

そうした中で雇う側にとってちょうどいいポジションにあるのが、40代の看護師なのです。

40代看護師の転職が難しくなるケース

同じ40代の中でも、看護師の転職は需要も高いため比較的スムーズにいくと言われています。

しかしだからといって必ずしも誰もが成功するというわけではなく、中には思うように転職できないケースもあります。

そんな40代看護師の転職が難しいケースを紹介します。

ブランク期間が長いことによる経験やスキルの不足

看護師は専門職ですが、それゆえに高度な知識や経験が要求される職種でもあります。

そして進歩し続ける業界において常に新しい知識を増やしていかなければなりません。そうした点でブランク期間の長さはかなりのハンデになる可能性があります。

また長く職場を離れていたことでスキルが落ちてしまい、求人先から求められているだけのものが示せない可能性があります。

転職回数が異様に多い看護師

これまでの経歴で転職の回数が多いようだと、それだけで雇用する側には避けられる要因になります。

なぜならばそれだけ転職が多いということは職場で何らかの問題を起こしやすい人物である可能性もあり、またそうでないとしても、これまでの職場と同じようにせっかく採用してもすぐに辞められてしまう懸念があるためです。

美容クリニックへの転職

同じ医療関係とはいえ、一般的な医療機関と美容クリニックではその主旨が大きく変わります。

一般的な医療機関は病気や故障などを改善するために訪れるものですが、美容クリニックでは患者は、基本的に美しくなるために来院します。
働く側も美意識が高くなければクリニックのイメージにも関わりますし、また患者への接し方も一般の医療機関とは異なってきます。

そのため、未経験の場合には採用されないことも多くなるのです。

40代看護師が転職成功率を上げるためにすべきこと

このように40代の看護師は条件によっては転職が難しくなってしまうケースもあります。

しかし決して需要がない人材ではないので、成功率を上げるためには以下のことに注意しましょう。

1.転職希望先の情報収集に努める

40代看護師は経験豊富な即戦力であり、人手不足の看護業界においては基本的には多くの職場が求めている人材です。

ですがここまで述べてきたように、職種によってはむしろ40代ということがマイナスになり、はじめから採用されにくいケースがあることも事実です。

そこで希望する転職先の情報をあらかじめ収集し、条件を見極める必要があります。

しっかりと情報を吟味し、自分が求められている人材であるかどうかを見極めるようにしましょう。

2.外せない勤務条件を決める

たとえば勤務日数や勤務地、給与面など、自分で譲ることのできない勤務条件については事前にはっきりと決めておきましょう。

そうすることで内定の段階になって揉めてしまうこともなくなりますし、はじめから条件に合っていないものはリストから外して効率的に求人を絞り込むことができます。

3.できるだけ数多くの求人に応募する

こちらからの応募に上限はありません。

多く応募したからといって就職で不利になる点はなく、応募した数が多ければ多いほど、良い返事をもらえる確率も高くなるのは必然です。

事前にあまり絞り込みしすぎずに、条件に合って可能性のある求人にはできるだけ積極的に応募するようにしておきましょう。

4.新しい職場の仕事にマッチするスキルや経験のみに絞ってアピールする

多くの経験やスキルを持ち、即戦力であることが40代看護師の強みです。

しかし求人側が求めているのはあくまでその職場に合ったスキルと経験であって、それ以外のものについてはいくら優れていても邪魔になってしまうことがあります。

またスキルが多いほど雇う側も余計な手当てが必要になるという意識も出てくるので、それだけ採用のハードルは高くなります。

アピールは大切なことですが、その職場にマッチするものだけにとどめておきましょう。

5.転職サイトは絶対に活用する

今や転職において転職サイトの活用は必須と言えます。

求人の量も質も他の手段とは格段の違いがあり、絞り込みの機能なども活用すれば効率よく質の高い求人を見つけることができます。

またサポート面でも充実しており、担当者から病院や職場の雰囲気や詳しい情報が教えてもらえるだけでなく、書類の作成や面接対策など様々な点で手厚いサポートを受けることができるのです。

40代看護師に最適なおすすめ転職サイト4選

ここでは、40代看護師に最適な転職サイトを解説します。

転職実績に優れているところだけを厳選して4つ紹介します。

1.ナース人材バンク

ナース人材バンクのロゴ
東証一部上場企業が運営しており、全国に12の支店を構える全国規模の大手転職サイトです。

年間で10万人以上の利用者がいるとされ、豊富な求人数と専門知識を持ったコンサルタントのきめ細かく的確なアドバイスが評判です。

転職実績も業界一となっており、信頼性の高いサイトだと言えます。

ナース人材バンク公式サイト:https://www.nursejinzaibank.com/

ナース人材バンクの口コミ・評判を見る

2.看護のお仕事

看護のお仕事のロゴ
病院に関する情報は全国で13万件以上、看護師の求人は6万件以上という、業界でもトップクラスの求人数を誇っています。

求人が公表されていなくても、希望すれば当該の病院に求人を確認してもらえる「求人リクエスト」という機能が特色で、他にも休みが不規則な看護師の労働環境に合わせて24時間電話対応をしているなど、サービス満足度の高いサイトです。

看護のお仕事公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事の口コミ・評判を見る

3.ナースではたらこ

ナースではたらこのロゴ
ナースではたらこは、対面でのカウンセリングを実施している珍しい転職サイトです。

希望の病院があれば担当者から病院の方に打診してもらえる「逆指名」制度を導入しており、求人数は大手に比べてそこまで多くはないものの、サポートの手厚さにより利用者からは高く評価されています。

ナースではたらこ公式サイト:https://iryo-de-hatarako.net/

ナースではたらこの口コミ・評判を見る

4.マイナビ看護師

マイナビ看護師のロゴ
大手転職サイトであるマイナビが運営している求人サービスで、看護師向けに相談会や転職セミナーなどを積極的に開いている点が特徴です。

求人数も業界最大規模で、利用満足度も高い評価を得ています。

担当者と面談を行い、迅速に求人を紹介してもらえるので、短期間で転職を決めたい人におすすめです。

マイナビ看護師公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師の口コミ・評判を見る

【例文あり】40代看護師の面接における転職理由の伝え方

40代の看護師の方が、転職活動をする中での面接での転職理由の伝え方、3つについて紹介をしていきます。

1.子育て・育児が落ち着いたので復職したい

子供が成長し子育ての期間が過ぎると時間に余裕が出て働く意欲が高まる方も多いでしょう。

そんな、子育て期間が終わった時に復職する際の説明について紹介します。

子育てに専念していたので、休職していたという理由を明確に伝えることがポイントとなります。

面接での伝え方例文
子供の育児に専念するために、休職をしていました。

子供が大きくなり子育てにも手が掛からなりました。

落ち着いて仕事に集中出来る家庭環境が整ったため、この度復職をしたく面接を受けさせて頂きました。

本当は、仕事を続けたかったが子育てや家庭のために一時的に休職していたという表現にすると良いでしょう。

2.体力面のことを考えて余裕のある働き方をしたい

家事や育児を継続しながら両立して、仕事をしたい場合には体力面が心配になります。

体力面を考えながら働きたい場合の、面接での説明について紹介します。

面接での伝え方例文
家庭で育児や家事などと両立しながら、仕事をしたいと考えています。

家庭と仕事の両立となるため、自身の体力面や時間の面で余裕がある職場環境で仕事をさせて頂きたいです。

家庭の家事や育児などとの両立が、大変な事を強調して伝えると良いです。

だた、体力面に不安があるというだけでは、理由としては弱くなってしまいます。

家事と仕事の両立で、体力や時間が消耗するという伝え方が大切です。

家事と仕事の両立になれば、時間も体力も無くなるため余裕のある働き方をしたいと説明、表現すると良いでしょう。

3.キャリアアップ・スキルアップを目指したい

現状から更にキャリアアップしたいと考えて、転職活動をする方もいます。

そんな、キャリアアップを目指す際の面接での説明について紹介します。

面接での伝え方例文
これまでの職場で、経験した事をベースに更なる自身のステップアップやキャリアアップをしたいと考えています。

現状の自分に満足せずに、高い目標に向かって働きたく面接を受けさせて頂きました。

現在よりも更にステップアップしたい、高い目標に挑戦したいといった、向上心を伝えるのがポイントです。

現状に満足する事なく、キャリアアップを目指すといった明確な目標を伝えましょう。

自分自身の更なるスキルアップやステップアップを目指したいという表現であれば、相手にも伝わりやすく良い表現となるでしょう。

40代看護師が転職をする際に注意すべきこと

40代は既婚であれば子育ても一段落する頃であり、ある程度のキャリアを積んでいればさらなるキャリアアップを考えることも多い年代です。

そんな40代看護師が転職を考えた場合に注意するべきことを紹介します。

在職中に転職先を決めておかないと苦労する

現在勤めている職場を辞めることが急ぎでないならば、できるだけ在職中に転職先を決めることは大切です。

まず一定の収入があるので生活が不安定になることもないですし、転職先の条件に不満があっても無理に妥協するといった必要もなくなるためです。

またブランク期間があると再就職で不利になることもあるので、在職中に転職先を決めることは多くのメリットがあります。

過去の給料と比べて低くなることを覚悟する

転職はキャリアアップが前提としてあるものでなければ、基本的に給料が低くなるケースは少なくありません。

40代を過ぎると条件も悪くなっていくため、ある程度給料が下がってしまう覚悟は必要でしょう。

特に看護師は激務でもあるため、より良い条件を求めた場合には給料面ではあまり優遇されないと考えておいたほうが無難です。

【目的別】40代看護師が転職して活躍するためのコツ

40代は時間的、金銭的にも余裕が出てくるため、売り手市場である看護業界においては自分の希望する条件にかなり近づけて職場を探すことも可能です。

ここではそうした目的ごとに向いている職種・職場を紹介します。

40代看護師がキャリアアップを目的にして転職する場合におすすめのポジション5選

看護師として10年、20年と経験を積んでくると、この先自分はどのようなキャリアを目指すべきか迷う人も少なくないと思います。

そんな人たちへ向けて、40代看護師がキャリアアップで目指すべき5つのポジション・職種について解説します。

1. 認定看護師

特定の分野に精通することで認定を受けることのできる看護のスペシャリストです。

患者や家族に対してクオリティの高い看護を行えるだけでなく、他の看護師に指導を行ったり、相談を受けることもします。

認定を受けるにはその分野で実務経験が3年以上、全体では5年以上の実務経験があり、特定のカリキュラムを経て審査に合格することが必要です。

2. 専門看護師

認定看護師と同じ専門分野におけるスペシャリストですが、さらに高度な知識と技術を持ち、また看護師の教育やその分野での研究などにも携わっていくポジションです。

全国で2000名強という狭き門であり、様々な条件を経て審査がある他、5年に一度、資格を更新する必要があります。

3. 保健師

特定のコミュニティで健康診断を行ったり、個人の健康や生活面でのアドバイスやサポートを行う資格です。
学校や企業で健康相談に乗る仕事と言えばイメージしやすいでしょうか。

働く場所によって様々な種類があり、

  • 行政保健師
  • 産業保健師
  • 学校保健師
  • 病院保健師

などがあります。

4. ケアマネージャー

介護を必要とする人に対して、介護保険が受けられるよう個人個人へ向けたプランを作成したり、介護サービスを行う事業者との間に入って調整などを行う介護保険に関する専門家です。

介護施設や自治体の相談窓口、介護サービスを行う事業所などが主な職場となります。

5. 助産師

出産に関わる様々な点で妊婦やその家族のサポートを行う仕事で、出産時だけでなく、出産後の健康指導や育児ケアなどもします。

正常分娩であれば医師の指示を受けずに助産介助も可能なスペシャリストで、約7割は病院を職場としています。

出産・育児のブランクからの復職が目的の場合におすすめの職場3選

女性の看護師はキャリアの途中に出産・育児などのライフイベントがあり、そのために休職をしたり、退職しなければならないこともあります。

そうした看護師が復職する際におすすめの職場を3つ紹介します。

1. 介護老人保健施設・老人ホーム

老人ホームなどの介護施設では看護師を常駐させていないケースも多く、基本的に看護師は不足している状況にあります。

入浴や介助などは専門の介助職の方が行うので、看護師はそこで利用者の健康管理や、怪我などを防止するケアを中心に業務を行います。
病院とは異なり、利用者の総合的なケアを担うことになるのが特徴です。

2. 人間ドック・献血ルーム・健診センター

細かな点は勤務する場所や専門とする分野によって異なりますが、施設において利用者の問診や身体測定、各種検査や採血、健診の際の補助などを行うのが主な業務です。

病院と異なり、一人の患者さんを長く見るような達成感やキャリアアップの面などでの難しさはありますが、生死にかかわるストレスが少ない点や比較的労働環境が良好であることがメリットと言えます。

3. 訪問看護ステーション

訪問看護とは、自宅で療養している利用者を訪問して医療やケアなどを行うことです。

業務内容は病院や介護施設と大きくは変わりませんが、日常生活のサポートや家族へのアドバイスなど、一家庭に対する総合的なケアが必要になります。

勤務日数を抑えたい場合におすすめの職場2選

ハードと言われる看護師の職場において、代表とされるものの一つが勤務時間の長さです。

もしも高給などにこだわらないのであれば、職場の選択によって勤務日数を抑えた働き方もできるでしょう。

1. 病院やクリニックのパートタイマー

看護師は常に人手不足であるため、雇用側も働き方に関して多様な形態を提供する傾向が強まっています。

その一つがパートタイマー制で、子育てなどに忙しい層や、もっと余裕を持って働きたい人に向けて時間帯を決めて働くことを可能にしています。

また個人経営のクリニックなどであれば土日休みで夜勤もないところが多いので、勤務日数を抑えることができます。

2. デイサービス

医療機関以外ではデイサービスなどもおすすめです。

こちらも基本的に夜勤はなく、様々な職種の人がチームとなって仕事をするため、看護師は看護師として自分のペースで働くことができます。

ただし利用者に対する総合的なケアとなるため、介護など病院には無かった業務を求められる場合もあるので注意は必要です。

40代看護師の転職体験談

看護師は、転職・就職で売り手市場と言われていますが…。

でも、そうは言っても年齢に関する条件はやはり厳しいこともあるでしょう。

ここでは、いろんな不安が出てくる40代看護師の転職体験談を紹介します。

個人病院やクリニック、診療所などでは求人が多い(投稿者:名無しナース)

正直40代でも病院さえ選べば転職は難しくはないと思います。

40代の大学病院や県立病院への転職はちょっと難しいかもしれませんね。

このような病院は、中途採用者でも4月から入職してみんなと同じように新卒教育を受けて看護師として一人前に育てようという意識が高いところなので、40代を超えて転職するには、ちょっと厳しいこともあるかもしれません。

でも即戦力を求める個人病院やクリニック、診療所などではまだまだ求人はありますよ。

だからそれほど転職に難航するってことはないと思います。

ただ40代という年齢だと、ほかのスタッフが自分よりみんな若い、でもその若い看護師に指示されて使われることも覚悟して転職には臨んだ方がいいと思います。

ベテランさんが欲しいところもある(投稿者:ちゃちゃん)

40歳以降の転職自体は簡単ですよ。

新しい職場では一番下っぱからのスタートなんで年下に指導されたりペコペコしたり、雑用もやったりなど前の職場の地位や今までの経歴を捨てなければ新しい職場では働けません。

今までは上の方で下を指導、注意する立場だった人が、年下に指導されたり、敬語を使わないといけなかったりとなると、かなりのストレスになるでしょう。

それが克服できれば転職できる箇所はいくらでもあります。

クリニックや総合病院、大学病院や老人ホームなどどこも看護師不足ですからね。

40歳でも50歳でも欲しいです。

むしろ、老健なんかはベテランさんが欲しいと思います。

看護師も少ないし、医師も常にいるわけではないので知識のあるベテランは喉から手が出るほど欲しいと思いますよ。

条件の緩いところから転職候補先にしてみては?(投稿者:まろ)

求人は少し少なくなると思うけれど、転職はそれほど難しくないと思います。

やっぱり一番働き盛り、そして結婚前の30代くらいが転職で売り手市場に当てはまります。

結婚をして子どもがいて一旦看護師を離れた、そしてブランをえて看護師に復帰するという40代を雇用に迎える時には、40代看護師も不安が大きいですが、受け入れる側も迷いがあるのです。

なぜなら転職者を受け入れるということは即戦力を必要としているということですから。

でも求人を見てみると40代でもブランクがあっても子育て中でもOkというところは意外とたくさんあります。

そのためにあまり病院にこだわりが無かったら、条件の緩いところから病院見学をしたり。

面接を受けたりしてみては?

透析科は一定の年齢以上での採用は難しかった(投稿者:ぽん)

透析科のクリニックで勤務していました。

人事も担当していました。

ほぼ院長先生の意向で看護師を採用するかどうかを決めていますが、40歳を超えての透析未経験者は基本的に採用していませんでした。

まず、年齢で書類の段階で落とされています。

たまに院長先生の気まぐれで面接をする事もありましたが、どんなに人手不足の状態でも30歳代の未経験は採用していましたが、40歳になると途端に採用はしなくなっていました。

器械を触る科になるので透析科に関しては一定の年齢以上は採用は難しいです。

経験者でしたらアルバイトでも時間が短くても喜んで採用していました。

40歳を超えると今までの看護師の経験知識がかなり活かされてくるので未経験で入るよりも今まで培った知識や科で勝負する方がいいと思います。

総合病院だとなかなか雇ってくれないかも…(投稿者:ナースナース)

そうですね。

看護師ってどこに行っても必要とされていますし、面接して即採用だと思っていました。

あなたの働きたいところは病院ですか?クリニックですか?

それによって採用してもらえるかが違ってくると思います。

総合病院ですと、夜勤もあるし、仕事内容も結構ハードだったりするので、なかなか雇ってもらえないかもしれませんね。

クリニックだと雇ってもらえるかもしれませんが、なかなか求人がないのが難点です。

献血ルームや保健所、企業看護師なんていうのもありますが。

私は30代半ばで再就職をしようと思っています。

まだバリバリ働きたいので、総合病院の面接を受けました。

すぐに返事はもらえなかったので、向こうも考えているのだと思います。

働きたい職場が見つかるといいですね。

まとめ

今回は40代看護師さんの転職難易度や転職成功率を上げるを紹介しました。

最後にもう一度、40代看護師さんの転職事情をおさらいすると

  1. 40代看護師の転職難易度は高くない
  2. ブランク期間等の状況次第ではキャリアアップも狙える
  3. 職場や希望条件はある程度妥協する
  4. 在職中に転職先を決めておくのを心がける
  5. ブランク期間が長い方は“活躍しやすい職場”に転職先を絞る

の5つが挙げられます。

「子育てが落ち着いたからまた看護師として一生懸命働きたい」
「知識と経験を積んで自信はあるからキャリアアップも目指したい」

そんな方は、ぜひこの記事を参考に転職サイトを使って転職活動を進めてみましょう。

転職支援のノウハウを持つプロがサポートしてくれるので、後悔のない転職ができるようになりますよ。

40代看護師さんの体験談を募集

この記事では40代看護師さんの体験談を随時募集しています。

下部のコメント投稿フォームより、投稿をお願いします。

他の口コミ投稿も含め当サイトへ3回掲載された方には、もれなくAmazonギフト券500円分を差し上げます(参照:口コミ情報の募集)。

投稿いただいた貴重な体験談は、当ページに記載させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です