結婚後、出産〜育児を経て職場復帰を目指す薬剤師のみなさんへ!

薬剤師が出産後に職場復帰を目指すことについて、気をつけたいポイントとは…

厚生労働省が公開する薬剤師に関する統計情報によると、薬剤師のうち約7割が女性であると分かっています。

女性の人生には妊娠や出産、育児など、多様なライフイベントがあり、プライベートと仕事とのバランスをはかるため男性以上に働き方を見直す必要が多くなるでしょう。

薬剤師として活躍を続けたい希望と、母親として幸せな家庭を築きたい願いを両立させるためには、自身の状況やケースにマッチした納得のいく勤務先の存在が不可欠です。

また正社員を継続する場合であっても、ご主人を始めとする家族からの理解やサポートは必須。このように一口に「結婚」といっても、その後の選択肢は状況や環境によって異なるでしょう。

ここでは、結婚後、出産〜育児を経ての働き方についてをわかりやすくまとめています。結婚後も薬剤師としてイキイキと活躍するためのヒントにご一読ください。

ブランク明けに最適な転職サイト

まずはブランク明けの方に評判が良い転職サイトを紹介していきます。

ファルマスタッフ

日本調剤グループが運営する転職サイト。調剤薬局の求人はもちろんのこと、派遣やパートの求人も多く取り扱っている転職サイトです。

対応は電話とメール、直接個別相談を行なうことができます。時給が高い案件が多く掲載されていることから、一度求人を覗いてみようかなと考える方が多数いらっしゃいます。

リクナビ薬剤師

幅広い業界で就職・転職サポートを手がけてきた、大手人材会社リクルートによる、薬剤師のための転職サイト。コンサルタントの積極的なサポートで、スムーズな転職を後押しします。

マイナビ薬剤師

人材会社として知名度の高いマイナビグループによる、薬剤師のための転職エージェントです。

求人元となる職場へ直接足を運び濃度の高い情報を仕入れてくるため、薬剤師の個別面談サポートを行うコンサルタント自身や情報の質の高さが好評。

登録すると、薬+というサービスを利用することができ、継続的に薬剤関連の有益な情報を得ることができます。

女性薬剤師の結婚後の働き方…

まずは、結婚の働き方について、女性薬剤師が選ぶことのできる選択肢についてを説明します。ご自分のケースと照らし合わせて、結婚後の働き方選択を考慮してみましょう。

正社員

正規雇用で企業・会社に雇われた従業員を指し、基本的には定年までの長期契約で働きます。結婚や出産、子育てなどのライフイベントを無視した場合、最も安定した働き方だと言えるのではないでしょうか。

ただし、ご主人の転勤や子育てなど、女性薬剤師の人生には正社員として活躍し続けることが困難なシーンも珍しくはありません。

独身時代と同じように働き続けることが難しくなった際には、ぜひご自身のライフサイクルに無理のない働き方へシフトさせることを視野に入れてみましょう。

契約社員

定められた期間内で社員として勤める働き方です。企業や会社によっては、準社員や嘱託、非常勤、臨時社員など呼び方が変わることもあります。

契約期間が終了すれば、更新しない限りお仕事を続けなくても良いので、例えば転勤族の奥様など同じ職場で働き続けることが難しい薬剤師にオススメ。

うまく活用できれば、正社員とパートの美味しいところ取りな働き方が叶えられる選択肢でしょう。

デメリットとして挙げられるのは、同じ職場で働く正社員よりも給与や賞与が少なくなりがちなポイントでしょう。

契約社員だからと露骨に差別されることは無いでしょうが、ライフスタイルを無視して契約社員を選んだ場合は待遇の差がストレスになってしまうリスクも考えられます。

派遣

勤務先ではなく、派遣会社に雇用されるスタイルです。パートやアルバイトと比較して高時給になりやすく、また直接雇用では言い出しにくい条件交渉や要望を派遣会社が代行して伝えてくれるなどのメリットも。

就職後に万が一ミスマッチが起こった場合でも、派遣会社を通せば気まずい思いもなく勤務先を変更させることが可能です。

しかしその反面、薬剤師としての高い能力や知識を求められることが多く、また短期間での勤務となるケースがあるため長く勤められる可能性が低くなってしまいがち。

もしも同じ職場で長期にわたって活躍することを望んでいるのであれば、正社員やパートなどの働き方を選ぶべきカモしれません。

パート・アルバイト

1時間○円、と、時給制で働くスタイルとしては派遣薬剤師と似た印象ですが、異なるのは勤務先が直接雇用主となるポイントです。

派遣の様に短期間での勤務や異動のあるケースが少なく、同じ職場で長期間活躍することが可能。また取引のある勤務先しか選択肢のない派遣に対して、パートは自宅や駅の近くなど通勤に便利な職場を探しやすいメリットもあります。

とはいえ、やはり派遣より時給が少なくなりがちな点はデメリットでしょう。職場での揉め事やトラブルへの対処も、基本的に自力で乗り越えなければならない点も覚えておくべき。収入面よりも、通いやすさや続けやすさを重視する薬剤師にオススメしたい選択肢だといえます。

女性薬剤師が家庭と仕事を両立させるためには…

できる事・できない事を無視した理想論をいえば、誰だって独身時代と同じくらいの活躍を継続させながら、同時に幸せな家庭を築きたいと思うはずです。

しかし、自分の体はたった1つですし、1日は24時間しかありません。限られた手間と時間しか割けないのであれば、それらをうまく分配させて生活を切り盛りさせる事が必須となるでしょう。

結婚後の生活にマッチした働き方を見出して、仕事と家庭との両立を目指してください。

自分の生活を振り返り、譲れない条件をあぶり出してみよう

そのためには、ご自身の状況や環境を振り返り、新たな職探しにおいて譲れない条件をあぶり出す事から初めてみましょう。

たとえば転勤族のご主人と結婚した女性薬剤師A子さんが、お子様を保育園に通わせながら働く事を望む場合は以下のような条件を満たす必要があります。

  • ご主人の転勤が考えられるので、正社員以外の働き方
  • 子供の送り向かえがスムーズにできる、自宅か保育園周辺の勤務地
  • 保育園のイベントに参加する事があるので、土日は休み
  • など

やみくもに求人情報を収集する前に自分が望む条件を明確にしておく事で、よりスムーズで納得できる転職が叶うはずです。ぜひ収入や待遇に飛びつくのではなく、ご自身の状況や環境にマッチした職探しを成功させてください。

扶養内という選択肢

結婚後の働き方を語る上で、しばしば「扶養内」や「配偶者控除」というキーワードを耳にすることがありますね。

簡単に言えば、納税者であるご主人の扶養に入っている場合、払わなければいけない税金や社会保険料が減額されるシステムを指しています。

家事や育児などで仕事以外にも忙しい既婚女性の薬剤師が、独身時代と同じ感覚でバリバリと働き出すと、ご主人の扶養から外れてしまい支払う額が大きくなってしまった…というリスクも考えられます。

とくにお子様の誕生以降は働ける時間に制限が出来てしまうため、扶養を超えて活躍する事のメリットが希薄になりがち。中途半端に稼ぎすぎると、かえって損をしてしまうカモしれないのです。

「どうせなら出来るだけたくさん稼ぎたい!」と意気込む気持ちはわかりますが、働き損をしてしまっては成功とは言い辛いものです。ぜひご主人の扶養内で活躍するという選択肢も視野に入れて、後悔のない転職を成功させてください。

産後に後悔しない!転職のタイミングとは…

「妊娠・出産=退職」とお考えの女性も多いのではないでしょうか。事実、妊娠が判明した時点で職場を退く薬剤師は少なくありません。

たしかに肉体的にも精神的にも落ち着いてお産に挑むべきではあるのですが、無計画な退職が後々の後悔を生んでしまうリスクがあることを十分に理解しておくべきだと言えるでしょう。

辞める前に、産休や育休の取得を検討してみよう

産休とは産前産後休業のことで、薬剤師だけでなく働くすべての女性が出産前〜出産後に取得できる休業期間を指しています。

出産予定日の6週間前(多胎妊娠の場合は14週間前)から出産までを産前休業、出産から8週間後までを産後休業と呼び、それぞれの休業取得は労働基準法において全ての労働者に認められた権利です。

育休とは以下の条件を満たす労働者が取得できる休業期間を指しています。

  • 同じ職場に1年以上勤務している
  • 週に3日以上働いている
  • 子供が1才になった以降も雇用される事が見込まれる
  • 期間雇用の場合、子供が1才になった後さらに1年以上先まで契約期間が残っている

上記で紹介した産後休業終了日の翌日から取得することができ、休業の期間は原則1年。産休は母親となる女性だけですが、育休は男女関係なく取得できます。

また産休や育休を取得した場合、給付金や社会保険料免除などのサポートを受けることができます。くわえて誕生したお子様を預ける保育園を手配する際には、ママが常勤として雇用されている方が入所審査で優先されやすいという点もメリットでしょう。

とはいえ、産休や育休直後の退職は避けておきたいところ…

働くママ薬剤師にとって大変メリットの多い産休や育休ですが、休業期間が明けてすぐに退職してしまうと職場からの印象が悪くなるカモしれません。

事情はどうあれ「休業や給付をもらうだけもらって辞めた」という事実は、円満退職を遠ざけます。

「どうせ辞める職場だし、どう思われても関係ない」とお考えの方もいらっしゃるようですが、退職前の行動で与えた悪印象が
転職先まで伝わってしまう可能性もゼロではありません。薬剤師として活躍を続けるためにも、仕事を続ける事ができないのであればお互いに気持ちの良い退職を目指した方が賢明です。

女性薬剤師の産後の職場復帰について…

一口に「産後の復帰」といっても、産休からの復帰なのか、あるいは一度退職したのちの転職なのかで状況は大きく異なります。まずは、それぞれのケースを整理して考えてみましょう。

産休からの復帰

産休とは「出産休暇」の略称で、退職はせず産後に再び同じ職場で働き始めるまでの“お休み”の事を指しています。

期間は出産予定日の6週間以内〜の「産前休業」と、産後8週間までの「産後休業」とがあり、働く妊婦さんであれば誰しもが取得する権利があると労働基準法で定められています。

また条件(同一事業主で1年以上働いている、子どもが1才になっても雇用される事が見込まれる など)を満たせば、お子様が1才になるまでの「育児休暇」を取得することも可能。

人手不足が叫ばれて久しい薬剤師の就職・転職シーンでは、産休後の復帰が比較的難しくない環境が整っているケースが目立ちます。また常勤として雇用されているママの立場は、保育園の入所審査で優先されやすいという点もメリットでしょう。

ただし独身時代から勤めている職場で、出産後も変わらない活躍を目指すことは困難カモ。

育児中は、子どもの急な発熱やケガなどで保育園から呼び出される可能性もありますし、病気で仕事を休まなければいけない事も珍しくありません。

また悲しい事に、育児中のママが職場にいる事で引き起こされるそれらのしわ寄せを、好意的に感じられない同僚や上司が存在するリスクも考えられます。

これらのデメリットから、産休や育休復帰後に職場を退いてしまう女性薬剤師も存在しています。

産休や育休後も無理なく薬剤師として活躍し続けるためには、あらかじめ子育てに理解のある職場を選ぶ事が重要です。目安として、以下のようなポイントに注意するといいでしょう。

  • 産休や育休に理解のある職場
  • 子育てをしながら活躍する女性薬剤師が多い職場
  • 福利厚生が手厚い職場

一度現場を退いた状態からの復帰

結婚や、妊娠・出産を機に職場を退職する薬剤師も多いでしょう。ご主人の転勤や、元の職場が子育てに理解がなかった…というケースなどなど、その理由は様々です。

そんな方が再び薬剤師として復帰を目指す場合、クリアするべき大きなネックは以下の2つに絞られるのではないでしょうか。

  • 子育てに理解のある職場を探す
  • 職場復帰に間に合うよう、保育園を手配する

お住まいのエリアによって違いはありますが、上記でも少し触れたとおり、保育園の入所審査では常勤のママの方が優先されやすい傾向があります。

したがって「これから仕事を探す」という方の場合、審査に落ちてしまうリスクが高くなるのです。しかし、子どもを預ける場所が決まらなければ雇い入れてくれる企業や会社・病院などありませんよね。

このことから、「保育園も決まらないし、仕事も決まらないし…八方塞がり!」という状況に陥ってしまうケースは大変よくみられます。

もしもそのような状況に見舞われた場合は、先にお仕事を決める事を優先してみてはいかがでしょうか。働きながら、保育園の空きを待つ選択肢です。

保育園が決まるまでの間は、保育園以外の場所へお子様を預けることになります。その場合、託児所施設を設けた企業や病院、調剤薬局などへの転職が狙い目。

そういった勤務先は子育てに理解があることが伺えるので、保育園が決定した後も無理なく働き続けることができるはずです。あるいは、無認可の保育園を利用するなどの選択肢も考えてみてください。

退職後の復帰は、ブランク扱いになるのか!?

一度現場を退いたママ薬剤師にとって、復職で気になるポイントといえばブランクですね。

妊娠や出産を機に職場を離れ、そのまま数年間勤務せず過ごしている場合、ブラッンク扱いになる事が懸念されます。

「ブランクがある事で、差別されたりしないかな…」
「ブランクがあると、雇い入れてくれる勤務先も少ないんじゃない?」

など、不安や疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

結果を先に申し上げれば、薬剤師の転職においてブランクを気にする心配はあまりありません。

薬剤師の7割は女性が占めており、妊娠・出産や子育てを経験しながら活躍をし続けている方が大勢いらっしゃいます。

「第一子の育休中に第二子の妊娠がわかり、結局4年ぶりの復帰になった…」というケースも珍しくはありませんし、薬剤師はそういった方でも納得できる転職を叶えられる数少ない職業です。

またインターネットで求人を公開する薬剤師のための転職支援サイトでは、「ブランクOK」と記してある案件が数多く存在しています。

そういった求人は研修制度が充実していて、久しぶりの職場復帰に不安を抱えるママ薬剤師でも安心して再スタートを切られる環境が整っているのです。求人選びでは、ブランク薬剤師に優しい情報に注目してみてはいかがでしょうか。

すでに現場を退いたママ薬剤師が、かしこく職場復帰を目指せるタイミング・コツ

様々な事情から、妊娠や出産を機に「すでに退職している」というママ薬剤師の皆様へ。子育てがひと段落つき、そろそろ復帰を目指そうかな〜…

とお考えであれば、ぜひ仕事とプライベートとの両立が叶う納得できる転職を目指しませんか。そのためには、転職活動をするべきベストなタイミングを見計らう事をオススメします。

薬剤師の転職シーズンは1月〜3月!

最近は季節を問わないドラッグストアーの求人が増えてきたので、1年中いつでも薬剤師の転職が可能です。しかし全体の求人数を見た時、今でも“求人が多く発生するシーズン”が存在している様子。

4月入社を狙って普段はなかなか求人を出さない病院や企業の案件が発生していたり、12月のボーナスを受け取った後に退職した薬剤師の欠員を埋めるための求人が公開されたり…などの理由から、1月〜3月にかけては薬剤師求人が増加します。

求人の数が多い、という事は、それだけ魅力的な案件に出会える可能性が高まっているという事。無理なく復帰できる職場探しに最適なシーズンだと言えるでしょう。

保育園が決まらない場合は、仕事を先に探してみる

働くママが職場復帰を目指す時、真っ先にぶつかる壁といえば“保育園問題”です。上記でも少し触れたとおり、保育園での入所審査では常勤として雇われているママの方が優先されやすく、「これから職探しをする」という親子にとっては不利な状況。

ところが、幼い子どもを預ける先が確保できなければ職探しもできません。「保育園が決まらないと職場が決まらないし、職場が決まらないと保育園が決まらない…」とお困りの方も多いのではないでしょうか。

そんな場合は、託児施設を設けた企業や病院、会社などに狙いを定めた職探しや、無認可の保育園を利用するなどの手段で、勤務先を先に探してみてはいかがでしょうか。

働き始めれば保育園の入所審査で優先されやすくなり、スムーズに復帰を叶える事にもつながります。また託児施設を持っているという事は、ママ薬剤師が働きやすい子育てに理解のある職場である事が伺えます。

育児しながら長く勤める働き口として最適な転職先である可能性も高いでしょう。

薬剤師のための転職支援サイトがかなり使える!

「託児施設を併設した職場」
「保育園に通いやすい勤務地」
「土日休み」

などなど…薬剤師が職場に望む希望や条件は結婚や出産・子育てによって増えていくものです。ただでさえ不安の多い転職活動。希望条件やスタイルが限られてくるほど、納得のいく職探しが困難に感じられるかもしれません。

そんな場合は、薬剤師の転職活動に特化した転職支援サイトをかしこく活用してみてはいかがでしょうか。

転職支援サイトでは、薬剤師の転職事情に精通した専任のコンサルタントが、一人ひとり異なる希望や条件にマッチした転職をサポートしてくれます。ぜひ経験豊かな専門家の支えを受けながら、納得できる転職を目指してください。

女性薬剤師が産後にスムーズな復帰を目指すのであれば、以下のポイントを考慮する事が重要です。

  • 辞める前に、メリットの多い産休や育休の取得を検討するべし!
  • 産休・育休直後の退職は、円満退職を遠ざける!
  • 出産で退職したママ薬剤師が転職を目指すなら、1月〜3月が狙い目!
  • 保育園問題に悩んだら、働きながら子供の預け先を確保できる働き口を探してみる!
  • 納得できる職場復帰を目指すなら、薬剤師のための転職支援サイトがかなり使える!

活躍を続けるママ薬剤師はたくさん!諦めず理想の職探しを叶えよう

近年では「女性の社会復帰」の難しさが問題視される事も多いですが、人材不足が長らく続いている薬剤師の就職・転職シーンでは求職者にとって大変望ましい環境が整っています。

結婚後に妊娠や出産・育児などを経て、「それでもまだ活躍したい!」と復帰を叶える女性薬剤師は少なくありません。

もちろん独身時代とは異なる立場や事情を抱えたママですので、今まで通りにはいかないシーンもあるでしょう。

しかし、育児をしながら転職でキャリアアップを目指すママ薬剤師も珍しい存在ではありません。

ぜひここで紹介したポイントやコツを活かしながら、育児と両立できる職場探しを成功させてください。