認知症高齢者のケアで大切なこと

認知症高齢者ケアについて

“認知症高齢者のケアについて大切な事は、認知症である人を1人の“人”として考えて、どんな事を考えて望んでいるのかといたその人の立場や視点に立って考えてケアすることが大切です。

それでは認知症高齢者ケアについて考えていきましょう。

パーソンセンタードケアと認知症ケアの考え方について

認知症に人も1人の人間であるといった事を考えて、ケアを行うことが大切といったものをパーソンセンタードケアと言われています。

まず、認知症高齢者の生活の中や習慣などからもそのひとらしさや個性を尊重して行うケアといった考え方です。実際に認知症の高齢者の方をケアする前でご本人にお聞きすることもあります。認知症高齢者の行動を観察するか理解した上でケアを行う事が大切です。

こういった、認知症高齢者のケアの仕方については、自分の言葉で相手に対して伝える事が難しい状態であったとしても、単純な会話の中以外で、仕草や表情そして動作から判断できるものがあります。

そして、昔から習慣や好きだったことなどの習慣的な物から想像できる部分などもあります。

このパーソンセンタードケアといった考え方をより実践的に行う為に施設入所の前に利用されることが多いセンター方式といったアセスメントシート(ケアを行う為に調査する為のシート)があります。

こういったシートを利用して、認知症高齢者の心の考えを知るきっかけになるのではないでしょうか。

※参照:日本内科学会雑誌, 2011「介護保険と認知症ケア」

ですから、どんな状態の人であっても、1人の人間として尊重し接すること、しっかりとその人について深く観察することで理解できる事もあるといったことがパーソンセンタードケアの考え方とケアの重要性があるのではないでしょうか。

どんな状態の人であっても個人を尊重して配慮することから、自体が改善されることがあり、集団生活の中であっても個人を重視そして尊重するといった考え方があるのカモ。

認知症高齢者ケアの最近の考え方とは

認知症の方のケアについては、最終的には施設や病院で介護を行う事になるといったものが主流かもしれません。しかし、できる限り住み慣れたと所で長く住めるようにするのが良いといった考え方に変化されています。
ですから、認知症の方が在宅で住み慣れた環境で暮らす為には、そのハード面とフト面でフォロできる体制や基盤設備などが必用とされます。現在ではこういった環境設備や認知症の方やその家族の方を支える為の公共サービスまたは、公共以外のサービスの充実化などを目指して整備されている段階にあるでしょう。認知症高齢者の方にとって安心して住む事ができることで症状なども安定してその人らしい生活を過ごす事を目指しているのです。

ですから、その為には、認知症高齢者を支える人達の連携が大切となってきます。医療関係者やケアマネージャー介護職、家族などそういった人達がより多く情報を共有して、認知高齢者の方が住む環境で日々の生活支えることになります。

公的制度を利用しながら、それでは不足する物についえは公的以外のサービス(ボランティアやNPO法人など)を利用しながら、様子を見て、地域の中での生活を送る為のサポートを検討していくのです。認知症の高齢者のケアについては、決まった物を当てはめるのではなく、その人のその時点の状態に合わせて、自立して生活が出来る為の支援を考えて援助していく事になります。

※参照:保健医療学雑誌6「認知症ケアパス」

早い時期で、認知症高齢者の方を地域社会でケアする事が、認知症高齢者の方にとって、その人らしい状態で生活を過ごす事ができ、希望する生活ではないかといったものになるのでしょう。この為には認知症高齢者だけではなく、その家族やそれを支える為の専門職の連携が大切になってくるでしょう。

地域で認知症高齢者の方が生活を続ける為には公的なサービスの多様化や選択肢の幅や今以上の環境整備などが必要カモ。また認知症の症状によっては地域社会で安全に生活するのが難しいケースもあるのカモ。

認知症高齢者のケアの大切な点とは

認知症高齢者のケアの注意点

  • 認知症高齢者自身の問題
  • 認知症高齢者の家族との間の問題
  • 認知症高齢者と公的サービスでの問題
  • 認知症高齢者とインフォーマルサービス(公的サービス以外)での問題

まず認知症高齢者自身の問題については、認知症の初期の場合は自分でも不安な気持ちがあり、認知症高齢者自身も心の葛藤や不安な気持ちがあるといったことになります。うまく説明できないけれども、今迄の自分と違う感じの不安などもあるかもしれません。こういった心の変化を周囲の人が早く気が付く事で認知症の周辺症状が軽減することがあります。

また、認知症高齢者の症状についても、本人にとっては事実であって、真剣に悩んでいる事もあるので、周囲の人があまり強制的に決めてしまう事でかえって反発されてしまうといったことがあるかもしれません。あくまで、認知症高齢者の方の意見や行動についえは、しっかりとまずは聞いて、一度受けいれることをしてから、お話をするといったことが良いかもしれません。

認知症高齢者とその家族の問題については、24時間接することで、疲れが出ることにあります。家族の方の身体的または精神的な疲労から、認知症高齢者の関係性も悪化することがあります。

認知症高齢者の方にとっては家族の方のサポートが不可欠となる部分も大きい為、家族の方が疲労で倒れるなどで認知症の方自身の生活が成り立たなくなる事につながってきます。ですから、家族の方も全てを自分で介助や介護を行うのではなく、上手く公的サービスやそれ以外のサービスを利用して少しでも心の余裕が保てる工夫が必要となってきます。

それから認知症高齢者の公的サービスとそれ以外のサービスについてです。認知症高齢者の方では訪問介護や介護といった公的サービスを受け入れてもらえないといったことがあります。自分以外の人と関わる事が嫌な人もいます。

まず、きっかけ作りから始まり、徐々に公的サービスに慣れることで、必要とされるサービスの利用となります。それから公的サービス以外についても、その人の生活環境に合わせて、自立して生活を送る為のサービス(宅配の弁当、地域の見守りのボランティアなど)の必要性を説明して利用することになるでしょう。

認知症高齢者のケアの共通点としては、認知症の状態が進んで、自分で判断する事が難しいとように思えた時でも、「その人を尊重した、その人らしさもの忘れない」といったことを基本として接する事とその為のケアが大切ですので、その人の意思を尊重して、勝手な思い込みをしないことが大切となってきます。

認知症高齢者のケアについては、その高齢者の方が拒否された時、客観的には健康維持に必用と思われる事でもどういう風に説明して受け入れてもらえるかといった事を考えるとどういったケアが本当に必要とされるのか分からなくなってくるカモ。

認知症高齢者サービスで大切な事のまとめ

認知症高齢者のケアで大切な事につては、「その人らしさ」を大切にしたケアを心掛ける子事が重要です。認知症と言えば自分の意思表示が出来なくなってくる。といったイメージがあるのではないでしょうか。しかし、どんな状態であってのその人の意思がありますし、基本的にはその人を尊重する必要性があります。

ですから、認知症高齢者の方が起こす行動で介助や介護を行っている立場からは大変でどうしてそういった行動を起こすのか理解できないと思われるものについても、認知症高齢者の方にとっては意思表示の手段の一部といったことがあります。よってその人を良く知って理解して観察しているとそういった行動や発言になる理由が少しづつ分かり、その意思表示の表す欲求を満たすような介助や介護を行う事で、認知症の周辺症状が落ち着くケースもあります。

認知症高齢者の方でも、自分の思っていることが相手に伝わる事で表情も変わり笑顔も多くなり、また介護者に対しても信頼関係を築くことができ、その人にとって必要とされるケアが出来てくるようになるでしょう。

あくまでも、認知症高齢者の方の意思を尊重する事が認知症高齢者のケアの基本です。

ですから、介護などの拒否がある場合は、介護側としては、必要と思う事があっても相手の意思を無視する介助や介護にならないように、拒否される理由を考える必要性があります。またどういった風に必要とされると考える介助や介護を伝えて理解してもらえるか。といった所も考える必要性があると言えるでしょう。

認知症高齢者の人間性を尊重したケアといったことについては介護を行っている当事者都合もあるので、意思の尊重と家族の身体と心のケアも同時に必要とされるケースもあるのカモ。

実際に認知症施設に勤務しての認知症ケアについての感想

現場レポート

私は認知症対応型の施設に勤務していますが、認知症の高齢者の人が住み慣れた場所で長く自立した生活を送ることの難しさを実感しています。

理由としては、下記の通りです。

  • 域住民の方の理解
  • 家族の方の介助
  • 介護の関係性問題と限界
  • 住環境および周辺環境の設備の不備
  • 公的サービス利用の限界
  • 1人暮らしの認知症高齢者の問題

認知症高齢者とひと言にいっても、それぞれの症状があって、どういったケアが必要とされるかといったものは、その人個人差があります。

例えば、一人暮らしの高齢者の方で身体的には問題が少なくても、物忘れや見当識障害などといったものがある為、完全に自立した生活を送ることが出来ないといったケースから家族と同居の場合でも、認知症の症状によっては、徘徊や幻覚、幻視などによって、周りの家族が疲れてきて、さらに認知症高齢者に対して家族が強く言ったりすることにつながり、認知症高齢者と家族との関係性が悪くなり、認知症の周辺症状が更に強く出るといったことが多くあります。

それから、家族と暮らしていても、同居の家族も仕事があり、公的サービスを利用しても、時間的に足りず限界があります。介護状態によって介護保険を利用しての公的サービスとして利用にも限界があることも関係性があるかもしれません。

保険利用しない私費での利用となると家族にとっては経済的にも負担があることになります。このように、認知症高齢者の周辺症状などによって、地域住民の方に迷惑行為として映ることもあり、在宅での介助や介護の限界も感じてしまうことが多くあります。

高齢者、特に認知症の方にとっては周りの方の理解の必要ですし、こういった人が1人でいることができる環境設備現状では不足ですし不充分と感じます。ですから家族の方は肉体的にも精神的にも金銭的にも追い込まれてしまうケースも少なくなく、施設入所の希望といったものも一概に否定できない部分があります。

高齢者の方が住み慣れた地域で暮らしていける為にはソフト面も大切ですしそれを支えるハード面である国や地方公共団体的な所の設備や環境整備などもの共にそろってこそ意味があるのではないかと思ってしまいます。