ココカラファインの年収や評判・口コミ情報、求人情報や転職を成功させるコツを解説

ココカラファインの評判・年収

集客力の強い都市型ドラッグストアを展開しているココカラファイン。

「どうしたらココカラファインに転職できるの?」
「働くことになったら年収はいくらくらい?」

と転職後の待遇や条件について詳しく知りたいという方も多いはずです。

そこで今回はココカラファインの

  • 企業情報や事業の現状
  • 業績推移・将来性
  • 年収情報や平均年収推移
  • 求められている人材・人物像
  • 会社や職場の評判・口コミ情報
  • 転職成功率を上げるコツ

などを具体的に解説していこうと思います。

このページを最後まで読めば、あなたがココカラファインへ転職するのに相応しいのかがわかるようになるので、ぜひご覧ください。

ココカラファインとは

神奈川県横浜市に本社を置くココカラファインは、全国に200以上の店舗を展開する調剤薬局チェーンで、1,000人を超える薬剤師を採用しています。

かつては調剤専門店が多かったのですが、OTC医薬品を使ったセルフメディケーションが推進されていることから、現在はドラッグストア型の店舗の出店にも力を注いでいます。

2021年10月には、マツモトキヨシと経営統合をし、「マツキヨココカラ&カンパニー」として国内を代表する企業規模に発展しています。

そんなココカラファインの企業情報や事業内容について詳しく解説していきます。

ココカラファインの企業情報

ココカラファインの運営にあたる株式会社ココカラファイングループの会社概要は以下のとおりです。

名称 株式会社ココカラファイングループ
Cocokarafine Group Co., Ltd.
本社所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-6イノテックビル
代表者 代表取締役社長 塚本 厚志
設立日 2008年4月1日
資本金 10億円
決算日 3月31日
事業内容 ドラッグストアチェーンの運営等を行う子会社及びグループ会社の経営計画・管理ならびにそれに付随する事業
取締役及び監査役 代表取締役社長:塚本 厚志
取締役副社長 経営管理:山本 剛
取締役 営業管理:渡辺 玲一
監査役:石川 厚美

ココカラファインの持株会社であるマツキヨココカラ&カンパニーの会社概要は以下のとおりです。

会社名 株式会社マツキヨココカラ&カンパニー
会社名(英文) MatsukiyoCocokara & Co.
所在地 東京都文京区湯島1丁目8番2号 MK御茶ノ水ビル7階
会社設立 2007年10月1日
商号変更 2021年10月1日(株式会社ココカラファインとの経営統合により株式会社マツモトキヨシホールディングスから商号変更)
事業内容 グループ全体の戦略策定・実行支援及び経営管理
資本金 220億5,100万円
決算期 3月31日
役員 代表取締役会長 / 松本 南海雄
代表取締役社長 / 松本 清雄
代表取締役副社長 / 塚本 厚志
専務取締役 グループ営業企画統括 / 松本 貴志
取締役 グループ管理統括 / 小部 真吾
取締役 グループ経営企画統括 / 石橋 昭男
取締役 グループ営業企画統括副統括 / 大田 貴雄
取締役 グループ事業企画統括 / 山本 剛
取締役 グループ営業企画統括 ウエルネス戦略担当 / 渡辺 玲一
取締役・社外・独立 / 松下 功夫
取締役・社外・独立 / 大村 宏夫
取締役・社外・独立 / 木村 惠司
取締役・社外・独立 / 谷間 真
取締役・社外・独立 / 河合 順子
取締役・社外・独立 / 沖山 奉子
常勤監査役 / 本多 寿男
監査役・社外・独立 / 鳥居 明
監査役・社外・独立 / 小池 德子
監査役・社外・独立 / 渡辺 昇一

ココカラファインの事業内容

ドラッグストア・調剤事業を通じて、生活者の健康をサポートを行っています。

店舗は39都道府県で展開しており、地域の特色に合わせ、

  • 都市型
  • 商店街型
  • 住宅地型
  • 郊外型

の店舗づくりをしています。

どの店舗も安心・安全なサービスを提供することはもちろん、地域の方々にとってなくてはならない存在になれるよう努めています。

健康以外にも、メイクやスキンケアといった美容ニーズにも力を入れています。

ココカラファインの業績推移

それではココカラファインの業績推移を見ていくことにします。

下のグラフと表は2010年度から2022年度までの13期分の業績推移を表したものです。

ちなみに業績数値は経営統合後のマツキヨココカラ&カンパニーのものになります。

マツキヨココカラ&カンパニーの業績推移のグラフ

決算期 売上高 営業利益
2010.03 3930億700万円 149億1300万円
2011.03 4281億8400万円 154億9100万円
2012.03 4345億9700万円 181億500万円
2013.03 4563億1100万円 196億8700万円
2014.03 4953億8500万円 224億3800万円
2015.03 4855億1200万円 176億3300万円
2016.03 5360億5200万円 274億1800万円
2017.03 5351億3300万円 284億3100万円
2018.03 5588億7900万円 335億6500万円
2019.03 5759億9100万円 360億2800万円
2020.03 5905億9300万円 375億6300万円
2021.03 5447億3700万円 315億8200万円
2022.03 7299億6900万円 414億700万円

2010年期から2022年期までで売上高は約1.9倍、営業利益は約2.8倍にまで伸びています。

マツモトキヨシと経営統合したことで、2022年期は前期比で売上高は34.0%増、営業利益は31%増と大幅な増収増益率を叩き出しています。

経営資源の効率化が進み、企業の規模・安定感がより一層増したことが目に見て取れます。

なお2023年3月期の業績は9,500億円を見込んでおり、1兆円企業到達まであと少しの水準まで迫る予定を立てています。

ココカラファインの年収情報

ココカラファインの最新の有価証券報告書を見ると、平均年収は613万7,000円となっています(2022年3月末時点)。
ココカラファインの平均年収

このデータはココカラファイン本社のマネジメント層以上の平均年収データだと推測されます。

ちなみにですがココカラファインの社員の平均年収は500万円ほどで、薬剤師は670~690万となっています。

あなたのキャリアやスキルによっては、転職による年収アップの可能性もあります。

経験を積んで昇進したり、事績を上げることで給料アップが見込めるので、やりがいや達成感を感じやすい職場といえそうです。

ココカラファインの平均年収推移

以下のグラフは2008年3月期から2022年3月期までのココカラファイングループの平均年収推移を表したものです。
ココカラファインの平均年収推移

2008年3月期の平均年収461万円から2012年3月期の685万円まで右肩上がりに急伸していたのがわかります。

その後の2013年3月期からは伸び悩み平均年収は610万円から680万円の間で推移しながらやや右肩下がりに微減している傾向があります。

参照:有価証券報告書・四半期報告書 | マツキヨココカラ&カンパニー

ココカラファインが求めている人材とは

ここでは、ココカラファインで働くのに求められている人物像や求人情報について検証していきます。

ココカラファインへの就職や転職を希望の方は、ぜひチェックしましょう。

ココカラファインの求人区分は2種類ある

ココカラファインの特徴の一つが、転勤を前提とした「全国職」と、異動なしで特定の地域で勤務が続けられる「地域職」に、求人が大別されることです。

賃金ベースは当然、全国職の方が高くなりますが、住んでいる地域性などを考慮すると、地域職だから不利ということはなさそうです。

ココカラファインの現在の募集職種は3つ

現在ココカラファインが中途で募集している職種は以下3つです。

  1. 登録販売者
  2. 薬剤師
  3. 調剤事務

上記の仕事内容や求められているスキル、給与体系等について詳しく見ていきましょう。

1. 登録販売者

以下の表は登録販売者の求人情報(応募資格や業務内容など)をまとめたものです。

応募資格 登録販売者(管理者)
採用職種 医療従事者として医薬品・サプリメントのアドバイスと健康情報の提供
給与 【基本給】
専門短大卒 180,000円~
大卒以上 200,000円~

【登録販売者手当】
5,000円(実務経験2年以上の管理者は10,000円)
※経験・年齢等を考慮の上、加給

諸手当 残業手当・家族手当・通勤手当(全額支給)
賞与 年2回 (7月・12月)
休日休暇 週休2日制(月9日~10日)、年間休日113日、年始休暇
夏期交代制連休・特別休暇(慶弔規程日数)・年次有給休暇
出産休暇・育児休暇(子が2歳に達するまで)・時短勤務(小学校卒業まで)・介護休業

2. 薬剤師

薬剤師の求人情報(応募資格や業務内容など)は以下の表のとおりです。

応募資格 薬剤師免許取得者
採用職種 ・調剤薬局での調剤・服薬指導
・OTC店舗での医薬品・健康食品等の接客販売、カウンセリング業務
勤務時間 週40時間の変形労働制
給与 ・基本給 215,000円~
・薬剤師手当 85,000円
※経験・年齢等を考慮の上、加給
諸手当 残業手当・家族手当・通勤手当(全額支給)
賞与 年2回 (7月・12月)
休日休暇 週休2日制(月9日~10日)、年間休日113日、年始休暇
夏期交代制連休・特別休暇(慶弔規程日数)・年次有給休暇
出産休暇・育児休暇(子が2歳に達するまで)・時短勤務(小学校卒業まで)・介護休業

基本給と薬剤師手当を合わせて30万円がおおよその給与水準になります。

3. 調剤事務

調剤事務の求人情報(応募資格や業務内容など)はパート・アルバイトの雇用形態で募集されています。

勤務曜日・時間 8:45~9:00、9:00~17:00、17:00~19:15
≪1日の勤務時間≫4時間以上/日
≪週の勤務日数≫5日程度/週
資格 ◎調剤事務・医療事務経験者優遇
◎調剤事務有資格者尚可
★簡単なパソコン操作できる方
★未経験者もOK
高校生採用:不可
時給 889円~1,100円
待遇 制服貸し出し
交通費支給
社会保険制度あり
社員登用制度あり
昇給あり
労災完備
従業員割引あり

ココカラファインはキャリアアップにつながる仕事がしたい方に最適

また、一人薬剤師の店舗がなく、様々な処方箋を扱い調剤業務の経験を積むことができます。

さらに、ココカラファインが理想とする薬剤師像は、「あらゆる視点から患者さまの立場になって考え、疾病や健康について適切なアドバイスができる医療人」です。

調剤薬局だけでなく、在宅医療や介護の分野にも職域を広げているといいます。

転職を機に、仕事の幅を広げたい、キャリアアップにつながる仕事がしたいと考える薬剤師には、入社後の選択肢が豊富なココカラファインは、魅力あふれる職場といえるのではないでしょうか。

成果主義なので、やる気のある薬剤師さんにはおすすめ

ココカラファインは、調剤薬剤師として専門スキルを磨くだけでなく、マネジメントやカウンセリングなどのスキルを磨くといった、キャリアアップにつながる研修も豊富に用意されています。

医療人としてのスキルだけでなく、店舗マネジメントができるスキルを身に付けられれば、社内での昇進やキャリアチェンジなど、選択の幅が広がります。

また、全国職・地域職に関わらず、ココカラファインは成果主義が徹底しています。

薬剤師として、あるいは会社員として向上心を持って仕事に取り組み、それが実績として結果になれば、それに見合うポストや報酬を用意してくれる社風があります。

自分の仕事を正当に評価してほしいと考える、やる気のある薬剤師には特におすすめです。

気になるココカラファインの福利厚生

ココカラファインの勤務体系ですが、週40時間の変形労働制が基本です。

週休2日制で、年間休日が110日あるのに加え、特筆すべき点は有給消化率が30%あることです。

ドラッグストアや調剤薬局の中には、有給休暇をとれない会社も多いので、その点では良心的といえそうです。

また、薬剤師が転職する場合、調剤薬局かOTC店舗かを選ぶことになりますが、どちらにせよ、月の残業時間は10~20時間程度です。

残業手当もつきますので、労働環境はよいといえそうです。

また、ココカラファインは産前産後休暇ならびに育児休暇の取得者が多いようです。

特に育児休暇は、男女関係なく子どもが2歳になるまで取得が可能です。

さらに、子どもが小学校に入学するまでは、1日5時間・6時間・7時間のいずれかの時間を選んで、時短勤務もできます。

社員持ち株制度や社割制度、資格取得支援制度、社宅借り上げ制度など福利厚生も充実しています。

また、親の介護の問題など、プライベートな理由で転居を余儀なくされる事態に陥った場合、引っ越し先の近隣店舗への転勤が可能で、キャリアを継続することができるのも魅力です。

ココカラファインの口コミ・評判

全国展開をする大手ドラックストアチェーンのココカラファイン、活気あふれるお店には毎日たくさんのお客さんが訪れます。

店舗という現場で働く人たちのリアルな口コミにはどんな声があるのか、これから転職を希望する人には知っておきたい情報です。

では実際に口コミや評価をチェックして参考にしてみましょう。

雰囲気もギスギスしていなくて働きやすい
店舗にもよるとは思いますが、男性と女性の店舗での割合は半々くらいで、雰囲気もギスギスしていないため働きやすいですよ。
待遇が良いしみんな親切
待遇が良く、頑張った分だけ給与が良くなって満足度が高かったです。基本的に働いている人はみんな親切でわからないことがあっても丁寧に教えてくれて助けられたことが多かったです。
自分を成長させられる
個人の評価制度がありやる気にもつながるため、自分を成長させることができました。
相談しやすい職場環境
長く働く人が多くて優しかったため、仕事上でわからないこと、困ったことはすぐに相談できる環境でした。
幅広い人と話ができるのが楽しく良い人ばかり
幅広い年齢層が働く職場です。普段関わらないような、幅広い人と話ができるのも楽しく、良い人ばかりで恵まれていました。

口コミからもわかるように、ココカラファインは親切な人が多く、誰もが働きやすい環境が整えられています。

自分が成長できる職場であり、給与面にも満足できる企業です。

ココカラファインへの転職難易度

ココカラファインへの転職難易度は、それほど高いわけではありません。

なぜなら次の3つの理由があるためです。

  1. 全国展開しているため多数の人材が必要なため
  2. 常に求人を出しているため
  3. 有資格者だけではなくやる気のある人材を求めているため

薬剤師資格を持つ人は有利ではありますが、総合職でも多くの有能な人材を求めています。

お客さんの買い物のしやすい店舗づくりを意識したり、細やかな気付きや気配りができる人もココカラファインから求められています。

随時求人を募集しているので、条件に合う方はぜひ転職を考えてみてはいかがでしょうか。

ココカラファインへの転職成功確率をアップさせる唯一の方法

年間を通して求人をかけているものの、転職に有利になる情報があれば、より有利になるのが転職活動です。

希望の職場への転職を成功させるためにも、大きな強みを使いこなさない手はありません。

そこで転職を無事成功させるためにも、利用するべきなのが転職エージェントです。

転職エージェントは誰でも閲覧できる求人だけではなく、お宝と言えるような非公開求人も取り扱っています。

ココカラファインの転職に強いおすすめ薬剤師転職サイト3選

ココカラファインへの転職に強みを持つ薬剤師転職サイトの中でもおすすめなのが以下3社になります。

  1. 薬キャリエージェント(エムスリーキャリア)
  2. ファルマスタッフ
  3. マイナビ薬剤師

上記した薬剤師転職サイトをおすすめする理由や特徴について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

1.薬キャリエージェント(エムスリーキャリア)

薬キャリのロゴ
SONYグループであるエムスリーキャリアが運営している薬剤師専門の転職支援サイトが『薬キャリエージェント』です。

本サービスの特に優れているのが、人気の高い病院薬剤師だけでなく企業薬剤師や調剤薬局など、その求人ジャンルが多岐に渡って強さを発揮しているという点でしょう。

中でも約20年間、同業界に注力してビジネスを行ってきていることから各医療機関とのつながりは強く、裏事情にも通じているので迅速なサポートを期待することができます。

薬キャリエージェント公式サイト:https://agent.m3career.com/

薬キャリエージェントの口コミ・評判を見る

2.ファルマスタッフ

ファルマスタッフのロゴ
薬剤師専門に転職を支援する『ファルマスタッフ』は調剤薬局の大手である日本調剤グループが運営しており、そうしたこともあってもともとは調剤薬局の求人を基本的には扱ってきました。

しかしその経験と人脈を生かして徐々にその範囲を広げ、現在ではドラッグストアチェーンや医療機関などの案件も多く扱うようになっています。

面接に不安がある利用者には同行サービスも実施しており、口コミでも高い評価を得ています。まずは登録してみるべきサイトの一つだと言えるでしょう。

ファルマスタッフ公式サイト:https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフの口コミ・評判を見る

3.マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
『マイナビ薬剤師』は日本最大級の転職サイトを運営するマイナビグループが手がける、薬剤師転職エージェントサービスです。

楽天インサイトの調査での利用者満足度1位を誇り、約5万件の公開求人と希望求人の紹介に重きを置いているのが魅力です。

マイナビ薬剤師ではエージェントとの直接面談を特徴としており、希望求人だけでなく自己分析など様々な面からサポートしてくれます。

全国15拠点でサービスを実施しているため、東京だけでなく地方都市で転職したい方にもオススメです。

マイナビ薬剤師公式サイト:https://pharma.mynavi.jp//

マイナビ薬剤師の口コミ・評判を見る

まとめ

今回はココカラファインの企業情報や事業の現状、業績推移、平均年収情報、評判などを紹介しました。

最後にもう一度、ココカラファインへの転職を成功させるために覚えておくことを整理すると、

  1. マツモトキヨシと経営統合し、業界首位を狙えるポジションに立っている
  2. 薬剤師の年収は並の水準か少し低め
  3. 職場環境に対する評判が高く、働きやすいという口コミが多い

の3点が挙げられます。

これからココカラファインで働いてみたいという人は、このページで紹介したおすすめの転職サイトに複数登録してみましょう。

そうすることで、転職成功率をアップさせることができるはずです。

ぜひ満足できるような転職活動にトライしてみてくださいね。