コンビニのバイトは出会いの宝庫って本当?出会いが多い理由や恋愛に発展する可能性を検証

高校生は狙い目!?お客さんとの出会いには注意が必要?

コンビニのバイトは出会いがたくさんあるという話は聞いたことがありますか?

コンビニのバイトは募集も多く、家の近所では働けることから若者にも人気のアルバイトです。

同年代の人も多く、コンビニバイトがきっかけで付き合うことになったという話も実際にあります。

お客様との出会いも含めて、コンビニバイトでの出会いについていろいろなシチュエーションを考えてみましょう。

↓マッハバイト経由でコンビニバイトが決まれば最大1万円をGETできる↓
早速マッハバイトで探す

コンビニバイトが同年代の出会いが多い3つの理由

コンビニバイトには限られた店舗スペース内で仕事をするため、次のような3つの理由で出会いが多いとされています。

  1. 時間帯が限られるので高校生や大学生が集中しやすいため
  2. レジ内での雑談がしやすいため
  3. お互いに助け合いながら仕事をする機会が多いため

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.時間帯が限られるので高校生や大学生が集中しやすいため

夕方から夜の時間帯は高校生や大学生などが集中しやすく、同年代の人と知り合える可能性が高いです。

学生は昼間は授業がありますし、特に高校生はバイトできる時間帯や職種が限られているためにコンビニバイトでの出会いが必然的に多くなります。

2.レジ内での雑談がしやすいため

また、コンビニのバイトは狭い店舗内での作業になりますので、一緒にバイトに入ることで親密度も増します。

更に、お客さんが少ない時間帯などは狭いレジ内で雑談をすることも多く仲良くなりやすいです

3.お互いに助け合いながら仕事をする機会が多いため

近くにいるので何かわからないときに、お互いに業務をフォローし合ったりすることもあります。

意思疎通しながら仕事を進めていく機会が多いので、自然と仲良くなっていくというわけです。

このように考えるとコンビニバイトが出会いの宝庫だという話もうなづけますね。

夕方から夜の時間帯にバイトに入ると、必ず同年代の同僚ができるのではないでしょうか。

コンビニのバイトは近所から通っている人も多いので、共通の話題が多かったり、町で偶然会ったりして親密になりやすいんです。

私も高校生の頃、コンビニのバイト先で仲良くなった女の子に告白したことがあったなあ…。

フラれましたけれども(;´д`)トホホ…

出会いが欲しい、同年代の友人が欲しいという人はぜひコンビニでバイトをしてみるといいですよ。

最大1万円もらえるマッハバイトから検索してみましょう。

【結構ある】店長や社員と恋愛に発展

飲食店でのバイトもそうですが、意外に多いのが社員や店長との出会いです。

コンビニは経営者とバイトのみの場合も多いですが、常勤で入るような社員がいることもあります。

バイトに入ると一緒に働く機会も多く、仕事を密に教わるのでそこから交際に発展するというケースもあります。

年上の人が好きな人は、かっこいい社員や店長がいるコンビニでバイトをしてみるのもよいかもしれませんね。

コンビニの社員や店長は30代から40代前半などが多いので、年上が好きな人の交際相手として成り立つことも多いのです。

よく通うコンビニに気になる人がいると思ったらそこでバイトをしてみると親密になれるかもしれません。

一方でいつも店にいる店員は店長や社員の可能性が高いので、その人が気に入らない場合は他のコンビニのバイトを探した方がよいでしょう。

コンビニバイトに出会いはあっても恋愛へ発展しない3つの理由

出会いはあるものの、恋愛に発展しないケースも多々あるのがコンビニバイトの特徴です。

その理由とは何なのでしょうか?

3つ考えられますので詳しく見ていきましょう。

1.出会いや恋愛目的で働いている人が少ない

コンビニバイトで働くのは、

「ちょっとした空き時間を活用してお小遣いや家計の足しになるような収入が欲しい」
「就職までの期間のつなぎとして働いている」
「家から近いし働きやすそうだから」

といったような目的でバイトをしている人がほとんどだと思います。

「出会い」や「恋愛」を目的にしている人は少ないため、そういった場合は恋愛にまで発展する可能性は低いです。

2.好みの人がいても既に彼氏・彼女がいる

コンビニバイトは良い出会いの場ではありますが、せっかくすごいタイプの女子(男子)がいても、彼氏(彼女)がいたりすることはよくあります。

美女やイケメンにはすでに付き合ってる人がいる前提で接するのが良いでしょう。

3.立地やノリ的に食事や飲みに誘いにくい

繁華街に立地していコンビニであれば、

「仕事終わりに一杯どうですか?」

と気軽に食事などに誘いやすいですが、住宅街や幹線道路沿いに立地しているコンビニの場合、なかなか気軽に誘いにくいですよね。

自宅や学校の近所のコンビニで働いている場合はなおさらです。

また、黙々と作業したあとにそういった気分になりにくいというのもあります。

例えば、居酒屋バイトの場合、同年代の仲間が同じ時間帯に数多く働いています。

業務内容的にも接客時に大きな声で対応し、バイト仲間との連携作業も多いです。

バイトスタッフは業務終了時間も同じ場合が多く、仕事終わりに「これからみんなで飲みに行こーよ!」というように複数の男女のバイト仲間で食事や飲みに行く機会があったりします。

コンビニバイトでは他のバイトよりも圧倒的に誘うきっかけが少ないという弱点があるわけです。

コンビニバイトでお客様との出会いには注意が必要

コンビニは接客業なので多くのお客様と接することもあります。

中には自分の好みのお客様に出会えることもあるかもしれません。

コンビニは結構常連さんが多いので、気になるお客さんと頻繁に出会えるのもメリットです。

時々お客様の方からラインIDを渡される、というケースもあるようです。

お客様の方からみてもコンビニのバイト店員が恋愛対象になることが多いのですね。

それでも中にはストーカになるようなお客様もいるかもしれないので、以下の兆候があったら気を付けましょう。

  • やたらと質問をしてくる
  • 自分がバイトに入っている時間帯に必ず店に来る
  • 名前を覚えてくる
  • バイトの出勤日や終わる時間などを聞いてくる
  • バイトを終えて帰ろうとすると店の前で偶然会うことがある
  • コンビニ以外の場所でもよく出会う

最後のようなケースの場合は、相手がストーカー化している可能性も大いにあります。

バイトを一時的に休業するか、バイトを変える、バイトの帰りは誰かに送ってもらうなどの対策をした方がよいかもしれません。

▼関連記事
働くシフトを熟知していて必ず現れるストーカーまがいのお客さんの対応方法についてお話しますストーカー行為をしてくるお客さんの対処方法4つを解説【女性のバイト先での悩み】

また、初めは素敵だ、かっこいいと思ったお客様も本当はどのような人かわかりません。

好みの人から連絡先を渡されても、すぐに安易に2人で会うのはおすすめできません。

何度もお店で会ったり、ラインやSNSなどである程度交流をしてから二人で会うようにした方がよいでしょう。

現代はどれだけいい人に見えても、実際にはどんな人かわからない人もいるのです。

コンビニバイトは近所していることも多く、住んでいる家や生活圏内を知られやすいのでここは慎重に行動しましょう。

コンビニのバイトでは同性との出会いも大切に

コンビニでの出会いで大切なのは異性だけでしょうか?

むしろ同性との出会いも貴重な良い出会いになります。

年上でも年下でもある程度世代が近ければ、良い友人になる可能性が高いです。

コンビニでのバイトということは家が近所なので行きつけの美容院を紹介しあったり、近所のス―パーで出会ったり仲良くもなりやすいでしょう。

同性の友人を作るという目的でも、コンビニバイトは大変有意義なものです。

とはいっても昼間は主婦が多いですし、店舗によって夜の時間帯も高齢のフリーターが働いている場合があります。

最近はキャッシュレス化・AI化が進んでそもそもバイト人員が少ない店舗も増えています。

出会いを求めてコンビニで働く場合には、実際に自分がバイトに入る時間帯にコンビニ買い物に出かけてどんな人が働いているか実際にチェックしておくとよいでしょう。

もし同世代で気が合う同性のバイト仲間がいれば、コンビニバイトは店舗内が狭く親密になりやすいので、仲良くなりやすいでしょう。

仲良くなった同性から異性を紹介されて、出会いにつながる可能性もあります。

若いうちの出会いはどこから広がるかわかりません。

同性の友人を増やすことが異性との良い出会いのきっかけになることも多いのです。

まとめ:コンビニバイトは出会いの可能性大

コンビニバイトは同年代の人が特定の時間帯に集中しやすく、仕事を親密なスペースで行うことから仲良くなりやすいです。

バイトで出会いが欲しいと思っている人はぜひ、コンビニバイトを始めてみましょう。

ご近所での良い友人ができるかもしれません。

出会った異性が友人どまりになっても、そこからまたその友人を紹介したもらうことで出会いの輪が広がる可能性もありますよ。