高齢者の対応に心のケアが大切なこともあり!

心のケア

高齢者の介護についても、様々な背景な人が多く、ただ身体的な介護だけでは解決できないケースも多くあります。

それでは高齢者介護と心のケアそして現状についてご紹介しましょう。

介護の現場でも必要とされる高齢者の心のケアについて

ホームヘルパーとして、在宅の高齢者のお宅に訪問して介護を行うことや施設での介護を行う場合でも、ただ、高齢になって身体の衰えの為の身体介護だけでを行うだけではないようなことがよくあるのではないでしょうか。例えば、一人暮らしの高齢者などは、孤独で寂しい思いがある人も多くおられます。

性格的に社交的な人であれば、デイケアーなどで他の人などと交流することができますが、そういた人ばかりではありません。他の人と関わることが苦手とする人も多くおられ、こういったケースで心のケアを学ぶことによって、信頼関係を作ることができて、生活介助や身体介助、身体介護についてスムーズに行えることがあります。

こういった心の問題が必要とされるケースは多く、一人でいる孤独なども多くあり、あとは、鬱傾向や精神的な病気なども関係することがあります。また最近多い認知症についても、心のケアといったものは大切となります。

高齢者の介護はただ身体介助や介護、家事支援だけではない難しさがあるカモ。

介護の現場でカウンセリングの役割は?

現状では介護の現場でスクールカウンセラーの立場で働くことは難しいと思われます。しかし、高齢者の心のケアおよび、家族の方の心のケアが必要になるケースが多くあり、ただ単に身体の介護の負担を減らすことで解決できる問題ではないことが多くあり、専門に心のケアについて学び対応することが大切になってきています。

現在心のケアを行うカウンセラーの資格についてはほとんどが民間の資格によるものです。民間の資格でも、専門の知識を必要として大学や大学院で学ぶ必要性がある臨床心理士は時間も長く必要とされ難しいものになります。

しかし、介護を行う上での知識として大切の心のケアを学ぶ方法は他もあり、例えば、精神対話士やケアストレスカウンセラーといったもがあります。

※参照「一般社団法人 メンタルケア協会」

特にケアストレスカウンセラーにつていはテキストで学ぶだけでも特に受験資格としては18歳以上であれば特に問われることがない為、現在介護の仕事をしながらテキストで勉強ができて取り組みやすいものです。受験料金は7000円です。ステップアップとして高齢者ケアストレスカンセラーなどになります。

心のケアの資格を取得するメリットとは?

介護の仕事をしながら資格取得することは大変なことかもしれません。しかし、座学だけで資格受験を受けることで高額できるケアストレスカウンセラーなどは、介護の現場でも利用者の方に対しする接し方などで大変役に立つものではないでしょうか。

またケアマネージャーとして仕事を行う時でも同様です。また利用者の家族の方の接し方などについても同様に参考になるケースもあります。

資格については、民間の資格になりますので、資格を実施している団体の講座を受講終了する必要がある場合もあります。

ちなみにですが、精神対話士については、東京と大阪以外でも福岡、広島、札幌、仙台、福井、名古屋で開催されています。費用的には基礎課程で約13万円となります。

ケアストレスカンセラーもテキストのみでの勉強といったものも可能ですが、通信教育としてシューマンアカデミーが開講されています。高齢者ケアレスカウンセラーとのダブル資格を目指す講座です。こちらの費用は約8万円となります。

通信教育などは通わなくても学べる所がいいのカモ。講座のものでも開講が土曜や日曜日に実施されて5日くらいで終了するものなのカモ。

高齢者の心のケアの資格についてのまとめ

基本的には民間の資格となる為自分の知識を高めるといった意味での勉強となるのかもしれません。心理カウンセリングとして実際に診断したり治療を行うことができるのは医師のみですので、あくまでも考え方を学んだり、その人の心に寄り添うといったことを行うことで不安やストレスを軽減させることになるのかもしれません。

企業や学校などのカウンセラーとしての仕事は介護の現場では現状としては独立した仕事としてはありません。しかし、高齢者の多くはな何かしら、心の不安を抱えている人が多い為こういった心のケアの勉強について身体介護以外でも大切なものではないでしょうか。

高齢者の接し方などに役立つこと以外にも人との関わり方についても役に立つ勉強ですので無駄はないカモ。

現場レポート

高齢者の心のケアについて現場の立場から考える

実際の介護の現場で心のケアの必要性について紹介しましよう。

デイケアで勤務していますが、心のケアは大切かもしれません。利用者の方でもそう感じますし、その家族の方についても必要だと思うケースも多くあるからです。

特に認知症などで自分の意見が上手く伝えることができない人などは、相手が何を望んでいるかを感じ取る必要性があるかもしれません。当然嫌なとをされると気分ば悪いだろうし、怒りたくもなるでしょう、また体調が悪いと機嫌も悪くなるものです。

そういたことを判断できるように、理解できるように身体の介護をスムーズの行う上で大切なことの一つをなるのではないでしょうか。また認知症の方の家族の方などは、認知症になって今までと態度が変わってしまったり、今まで出来ていたことが出来なくなったりするとつい、怒ってしまうことも多くなり、口喧嘩なども自然と多くなり、また家族の方もストレスが溜まり疲れてきていまいます。

心の余裕がなくなってくると、今まで出来ていたことが出来なくなったり焦ったり、よりストレスから怒りやすくなって、更に高齢者の方の症状が進んでしまうといった不の連鎖が続いていまうことがあります。こういった事情もちょっとした会話で察することができると、お互いのストレスを減らす対策を立てて介護することのストレスや疲れを減らしていくといった目的があるのではないでしょうか。

高齢者の方の鬱症状や精神的な病気がある人も多くなってきているので、これから将来的には心のケアの専門の職種もできるのかもしれませんね。