ウチダエスコの平均年収や求められる人材、評判・口コミを解説【転職成功率を上げるコツとは】

ウチダエスコの年収解説

ウチダエスコ株式会社は、ネットワーク総合サービス、マルチベンダー保守サポート、オフィス環境構築、ソフトウェア開発・サポートといったICT分野の企業です。

ウチダエスコへの就職や転職を考えている人の中には、

「ウチダエスコはどういう企業なの?」
「中途で入社したら年収はいくらになるの?」
「ウチダエスコに転職する方法を知りたい」

と気になることが色々出てくるはずです。

そこで今回は、

  • ウチダエスコの企業情報・事業内容
  • ウチダエスコの業績推移・将来性
  • 年収情報・平均年収推移
  • ウチダエスコが求めている人材
  • 転職成功率を上げる方法

などを紹介します。

このページを最後まで読めば、あなたがウチダエスコで働くのに向いているのかがわかるようになるので、ぜひご覧ください。

ウチダエスコとは

ウチダエスコ株式会社は、情報システムの構築・管理などのサービスを行うIT関連企業です。

本社は東京都江東区にあり、内田洋行のグループ会社となります。

1972年の設立以来、地方自治体や学校、福祉施設などを中心に情報システムの企画・開発・運用・保守をトータルにサポートする事業を展開しています。

また長年にわたり、多くの実績をあげています。

そんなウチダエスコ株式会社の企業情報や事業内容などについて詳しく紹介していきます。

ウチダエスコの企業情報

ウチダエスコの会社概要は下表のとおりです。

商号 ウチダエスコ株式会社 (UCHIDA ESCO Co.,Ltd.)
設立 昭和47年11月16日
資本金 334百万円
本社所在地 東京都江東区木場五丁目8番40号 東京パークサイドビル
代表者 代表取締役社長  長岡 秀樹
決算日 毎年7月20日 (年1回)

ウチダエスコの従業員数

ウチダエスコの事業セグメントごとの連結従業員数は以下の表のようになります。

事業セグメント 従業員数
ICTサービス事業 429人 (173人)
オフィスシステム事業 44人 (2人)
ソリューションサービス事業 97人 (9人)
全社(共通) 97人 (5人)
合計 667人 (189人)

※( )内は臨時従業員数です。
※全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門に所属している従業員数です。

内田洋行の完全子会社化によりウチダエスコは上場廃止へ

親会社である内田洋行が、ウチダエスコの完全子会社化を目指してTOB(株式公開買い付け)を行うことを2021年12月3日に公表しました。

それに伴いウチダエスコは上場廃止となりました。

両社は情報通信技術の分野で同種の事業を展開していたため、ウチダエスコ社を完全子会社化することで業務効率化を図り、成長を目指す狙いがあります。

出典:支配株主である株式会社内田洋行による当社株式に対する公開買付けへの賛同及び応募推奨のお知らせ -ウチダエスコ

ウチダエスコの事業内容と将来性

ネットワークに関する総合的なサービスを企業や自治体、公的機関などに向けて提供している会社です。

ICT基盤の設計から開発・運用まで担う「ネットワーク総合サービス」と、自治体や公共施設における情報システムの企画設計から運用保守を行う「ソリューションサービス」。

直近では学校等の教育現場に最適なICT環境づくりの事業が好調です。

  • オンライン学習に必要な機器や環境構築
  • 積極的に学習しやすい空間づくり
  • 校内ネットワークやセキュリティの整備

また、オフィスにおけるネットワークの構築から家具やインテリアまで取り扱う「オフィスシステムサービス」、各メーカーにおけるICT環境を維持管理・保守する「トータル保守サービス」などを主な事業内容としています。

業界の現状

情報システムの分野はIT業界に属しています。

そのため新しい技術が次々と登場し、それに合わせて新たな技術や知識を対応させていかなければいけません。

顧客に新技術を提案し、導入していく必要があります。

顧客側もよりよい事業者を選択するようになっており、競合企業との競争はますます激化していくと思われます。

ウチダエスコの顧客には安定した運営基盤の組織・団体や企業が多く、長年にわたりパートナーシップを築いてきた顧客が多いのが強みであり、顧客との間にはしっかりとした関係ができています。

今後の動向

情報システム事業としては古参であり、多くの実績があることから信頼も大きく、多くの顧客が「正規サービスプロバイダ」として認証しています。

これは競合企業になり有利な点といえるでしょう。

またシステムやネットワークの構築だけでなく、オフィスの移転や設計、機器の販売など、オフィス空間全体のサービスを行っているのも武器となっています。

ウチダエスコの業績推移

ウチダエスコの2012年期から直近10期分の業績推移を下表にまとめました。

決算期 売上高 営業利益
2012.07 122億900万円 5億9800万円
2013.07 121億5300万円 7億4700万円
2014.07 139億3800万円 8億3400万円
2015.07 117億6500万円 7億700万円
2016.07 115億9000万円 4億8400万円
2017.07 130億3600万円 6億9400万円
2018.07 125億1700万円 5億3200万円
2019.07 136億9400万円 8億1900万円
2020.07 172億4800万円 17億1100万円
2021.07 211億500万円 28億5500万円

直近2期は大幅に増収増益していますが、これは

・20年1月のWindows7サポート終了等による、PCオフィスソフト更新特需
・政府のGIGAスクール構想に関連した学校向けICT活用によるIT端末導入案件の獲得

の要因によるものです。

今後は、引き続きPCの更新需要や学校向け事業によって収益拡大を見込んでいる一方で、民間企業の顧客を開拓することにも注力する計画です。

参照:GIGAスクール構想の実現について:文部科学省

ウチダエスコの平均年収はいくらなの?

まずウチダエスコの平均年収は有価証券報告書によると、2021年7月20日時点で633万3,406となっています(平均年齢は41歳)。
ウチダエスコの平均年収

インターネット上の情報では、情報システム関連企業の平均年収は約541万円といわれています。

ウチダエスコは平均水準より高い年収といえます。

平均勤続年数が15年4ヶ月、従業員数は575人となっています。

ウチダエスコの平均年収推移

以下の図は直近5期分のウチダエスコの平均年収推移を表したグラフです。
ウチダエスコの平均年収推移

やはり業績が急伸した直近2期(2020年度、2021年度)の平均年収は2019年度比で60万円~70万円程度アップしています。

親会社である内田洋行の平均年収は776万9,182円(2021年7月20日現在)なので、ウチダエスコの平均年収には、まだまだ伸びしろがあると言えそうです。

ウチダエスコが求める人材・人物像

ウチダエスコは求めている人材に対して、以下のように述べています。

ウチダエスコが最も大切にしていることは「人材育成」。
お客さまに質の高いサービスを提供するためには、社員ひとり一人がレベルの高い、スペシャリスト集団でなくてはなりません。
社員教育にかける費用も毎年増加。
会社全体で個人の能力を伸ばすサポート体制を整えています。
参照:ウチダエスコ/人材教育への取り組み

ウチダエスコはどんな採用活動をしている?

ウチダエスコのキャリア採用は、必要の都度募集がされているようです。

公式サイトに採用ページがあり、募集の有無や募集要項の詳細などが確認できます。

主な募集職種としては、エンジニア職、営業職、オフィスの施工管理技術者など、になります。

エンジニア職について

エンジニア職はネットワークエンジニア、システムエンジニア、カスタマーエンジニアなどの担当に分かれます。

ネットワークエンジニアは小規模LANから地域ネットワークまでの構築、サポートなどを行います。

システムエンジニア

システムエンジニアは、顧客のシステムの企画・設計・開発から運用・保守などまでサポートします。

カスタマーエンジニア

カスタマーエンジニアは、いろんな顧客メーカーの正規サービスプロバイダとなりハードウェアの保守や障害対応などを行います。総合的な幅広いスキルが要求されます。

営業職について

営業職は顧客企業にシステム導入の提案や、顧客の抱える問題などの相談に応じたりする職種です。

施工管理技術者は、オフィスの開設、改装、移転などに関して計画・管理などを行います。

いずれの職種も実務経験者のみの募集となっているようです。

選考フローは、最初に書類審査を行い、通過者には3回の面接試験が実施されます。

ウチダエスコは情報システム関連業務に集中して取り組みたい人におすすめ

先述の通り、ウチダエスコは情報システムの分野で40年以上の実績があります。

長年にわたる取り組みは社会的信用力があり、若い会社が多いIT業界、特に情報システムの分野では大きな強みとなっています。

安定した経営環境で、情報システム関連業務に集中して取り組みたい人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

ウチダエスコの入社後の教育環境・福利厚生

ここでは、ウチダエスコに入社したら享受できる教育システムや福利厚生について紹介していきます。

実際の業務以外のことも気になっている方は、ぜひチェックしてください。

採用後のスキル教育

採用後はビジネススキル教育として、ビジネスマナーや必要とされる基礎知識を学習する研修があり、集合研修の形式で施されます。

具体的には対人スキルや提案・折衝スキルの育成、OA機器の操作などを学びます。

また必要とされる資格取得を目指し、資格取得教育が行われるほか、各職種・担当に応じた基礎知識・技術を学ぶ教育が実施されます。

職種によっては取引企業に出向いての実践的な研修もあり、実務を想定しての学習も行われています。

資格特許や研修制度を設けている

ウチダエスコは「人材が資産」としています。

スペシャリストを目指して業務に取り組む姿勢を求めており、それをサポートするための教育制度を整えています。

また資格取得など、スキルアップのため研修や制度も充実しており、スペシャリスト育成に力を入れています。

若い社員も権限を得られる会社

また年齢を気にせず、若くてもどんどん新しいことにチャレンジする人材も求められています。

若い社員であっても権限が与えられるので活躍の場は広がります。

それを成長の機会として積極的に取り組める人が向いているでしょう。

目標を定め、前向きに行動していける人が活躍できるといえます。

ウチダエスコの口コミ・評判

ではウチダエスコの社員や元社員からの口コミ情報や評判を見ていきましょう。

入社後の極端なギャップが少ない
研修体制が充実しており、どんどん技術が習得できる環境にあります。しかも配属先もある程度希望を聞いてくれるので入社後の極端なギャップが少ない点も魅力です。
ある程度プライベートを犠牲にして仕事をする人も…
現場に近い部署だと、代わりがいないためある程度プライベートを犠牲にする必要があります。仕事が最優先なのを地で行くような企業です。ただ、その分やりがいも大きく、自分自信がウチダエスコの顔として動いているような自覚が持てます。
教育体制がしっかりしている
教育関係とICTに強みを持つ企業なので、教育体制がしっかりしています。そのため、自己の成長が促される雰囲気があるのは魅力ですし、実際そう感じています。
学校の夏休みや春休みが繁忙期になるためその時期は休めない
学校の夏休み(7~9月)や春休み(2~4月)など案件が集中過多になるため休みたくとも休めない環境です。言い換えればそれ以外の時期は比較的自由に動けるのは魅力といえますが、子育て中の方にはきついかもしれません。
プロジェクトの下流工程が多い
主にプロジェクトの下流工程が多く、根幹となる部分は一部の社員が担当しています。また、親会社である教育やオフィス構築を手掛ける内田洋行の業務が多い印象です。

ウチダエスコは、教育産業大手の内田洋行の関連企業です。

そのため、社員教育にも定評がある印象を受けました。

ただ、学校のスケジュールと重なることが多いので、繁忙期は非常にシビアな時期が多く、子育て世代にはつらい環境かもしれません。

ウチダエスコへの転職難易度

ウチダエスコへの転職難易度は、やや低いと言えます。

その理由は次の2つです。

  1. ハードな部分も多く人材の出入りが激しい。
  2. 成長するための場と考えている人が多くキャリアアップのステップになっている部分がある。

このように出ていく人材が多い分、入る人材の間口も広い印象があります。

ただ、大手企業なのでそれなりの競争率があるうえ、内田洋行の関連の業務が主なので急激な事業拡大をしていません。

そのため、求人数も間口は広いとはいえ、そこまで多くない点に注目しましょう。

ウチダエスコへの転職成功確率をアップさせる唯一の方法

ウチダエスコへの転職成功率をアップさせる唯一の方法は、転職エージェントに登録することです。

転職エージェントであれば、ウチダエスコに特化した転職対策を受けられるだけでなく、ウチダエスコのシークレット求人を持っていることもあります。

また、口コミで気になった待遇面もウチダエスコと交渉代行してくれるので、比較的有利な条件で入社することも期待できるでしょう。

こういった意味で転職エージェントを利用すれば、ウチダエスコの転職成功率をアップさせることが可能になります。

ウチダエスコへ転職したい人が必ず登録した方がいい転職エージェント4選

ウチダエスコに転職したい方へおすすめする転職エージェントは以下4つです。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. パソナキャリア
  4. JACリクルートメント

上記した転職エージェントそれぞれの特徴やおすすめする理由について詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント
桁違いに多くの求人数を持つのが『リクルートエージェント』、転職支援実績も業界トップで、たくさんの人を希望の転職へと導いてきました。

幅広い職種や業種の求人を持つため、理想の転職にするためにも、登録必須の転職エージェントです。

「履歴書も職務経歴書の添削まで、担当者が丁寧に指導してくれました」
「求人数が多くて職種や業種など求人の選択肢も幅広い」
「常にスピーディーな対応をしてくれた」

など利用者にとって満足度の高い声が多数ありました。

中にはアドバイザーの対応に若干クールな印象があった人も、同じく業界で信頼厚い『dodaエージェント』に『マイナビエージェント』も併用するのが賢いやり方です。

リクルートエージェント公式サイト:https://r-agent.com/

リクルートエージェントの口コミ・評判を見る

2.doda

DODA(デューダ)
業界トップクラスのdodaが、利用者から高い評価を受けるのには理由があります。パーソルキャリアが運営元となっていて、信頼性は抜群です。
求人数の多さもさることながら、転職に向けたサポートも充実しています。一例として、職務経歴書の書き方や、面接対策の指導を行ってくれます。より実践的なサポート体制が整っていて、心強い存在になってくれます。
担当者のスキルも平均化していて、当たり外れといったことはありません。いくつかの転職エージェントを掛け持ちする際には、必ず登録しておきたいです。

doda公式サイト:http://doda.jp/

dodaの口コミ・評判を見る

3.パソナキャリア

パソナキャリア
『パソナキャリア』は、転職だけではなく就職、人材派遣といった就労関連の蓄積が大きい会社である事から、転職に慣れていない利用者でも安心できるほどのサポートを受けることが出来ます。

サポート面に関するクチコミも複数存在しており、その充実さを如実に表しています。

「職務経歴書や面接のやり方まで、細かい部分まで添削が行き届いていて、とてもためになった。」
「親身になってくれる担当者が多く、転職の不安払拭の際の支えになった。」
「他のエージェントよりも、自分に合いそうな職種を進めてくれた。」

パソナキャリア公式サイト:http://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアの口コミ・評判を見る

4.JACリクルートメント

JACリクルートメント
レベルの高い求人や,高収入、名前のある企業、海外企業などへの転職を求めるのであれば、JACリクルートメントをオススメします。

各企業のことについて事情に詳しい人材が豊富にいますので、事前に職場環境や業績、求める人材の詳細についてもかなり詳しいことを知ることが可能です。
求人の質は他社とは比べられるとハイクラス求人がそろっており、通常の求人ではほとんど見かけるようなことはないモノが豊富です。

高度で専門的なレベルのものや、総合的な管理などを求められる質の高い求人なら、JACリクルートメントはおすすめです。

JACリクルートメント公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントの口コミ・評判を見る

まとめ

以上、ウチダエスコの事業や業績、年収情報、求められている人材、転職するコツを紹介しました。

最後にもう一度、ウチダエスコで働く前に押さえておきたいポイントを整理すると

  1. 教育系ICTサービス事業に強みを持っている
  2. 直近はPC更新需要やGIGAスクール構想特需により大幅増収増益を達成
  3. 平均年収は業界平均より高く、伸びしろもある
  4. 教育環境・福利厚生が整っている

の4つが挙げられます。

「前から興味があった教育ICT分野に取り組みたい」
「今までの社会人生活で得てきたスキルをウチダエスコで活かしたい」

という方は、このページでおすすめしたウチダエスコの転職に強いエージェントに2、3登録してみましょう。

そうすれば、転職成功率を劇的にアップすることができ、後悔しない転職活動ができるはずです。