27歳の転職は遅くない!企業に求められることや転職活動を成功させるコツをプロの視点で解説

27歳の転職を成功させるために必要なこと

「27歳で転職するのはタイミング的に遅いの?」
「未経験の職種にチャレンジしたいけど転職可能?」
「特に強みとなるスキルや経験がなくて不安…」

転職しようと考えてみても、不安や悩みがたくさん出てきますよね。

そんな27歳という今こそ、今後のキャリアアップを目指した転職に向けて動き出すチャンス。

今回は27歳の転職事情について、そのきっかけや転職市場から見る評価、さらに27歳におすすめの転職エージェントについて詳しく解説していきます。

転職を考える人が多い27歳という絶妙な年齢について

27歳というと、実は転職をするうえで絶好のチャンスといえる年齢。

実際に厚生労働省が出しているデータでは、24歳および25歳~29歳において、その転職・入職率が高くなっています。

男性 女性
20歳~24歳 14.9 15
25歳~29歳 13.6 18.1
30歳~34歳 10.7 13.2
35歳~39歳 7.5 11.4

参照:厚生労働省

どうして27歳の転職入職率が高いのか?

また27歳で転職をするきっかけについて、以下で詳しく見ていきましょう。

27歳の転職入職率はなぜ高いの?

27歳は社会人としてある程度経験を積み、仕事やプライベート面でも少しずつ変化があらわれてくる年齢です。

30歳へのカウントダウン「アラサー」に突入するので大きな意識の変化も起きやすくなります。

  • 仕事内容や社内環境への不満
  • 同期・同世代との格差
  • 将来のキャリアビジョン
  • 結婚・出産などのライフイベントへの意識

「このまま仕事を続けて行っても大丈夫なんだろうか?」
「結婚しても続けられる会社のなのか?」

目先のことだけでなく、これからの長い将来の事を考え始めるのもこの時期です。

仕事にも慣れ、後輩ができ、余裕が出てくる年齢だからこそ、将来的な視点でキャリアを真剣に考えなくてはなりません。

27歳が転職に適している理由とは?

まず27歳の転職入職率が高い理由は、次のようなものがあげられます。

  • 社会人経験で得た基礎がある
  • 若さによる柔軟性・体力が十分
  • 即戦力として使える人材
  • 社会人5年以上のキャリアは企業側の信頼を得る
このように27歳は若さとスキルの双方を身に付けた、企業にとって需要の高い年齢といえます。

また中途採用を望む企業側としては、

  • 年齢が若い人は未熟さに不安
  • 30代は人件費コストがかかる
などの理由から、27歳は間をとったバランスのいい年齢と言えるでしょう。

27歳が転職を意識したときに考えるべき3つのポイント

いざ転職を考えた時に思いのまま行動するのではなく、ある程度の考えをまとめてから転職活動をスタートすることは重要です。

その際に基本として考えておきたいのは以下3つのポイントです。

  1. 今の会社でやり残したことはないかを振り返る
  2. 転職先に求めることを明確化する
  3. 転職がビジネスキャリアにどのような影響を与えるのかを意識する

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.今の会社でやり残したことはないかを振り返る

これは現職の仕事を振り返った際に、

「チャレンジしたい仕事はないか」
「目指すべきポジションはないか」

を再確認することです。

見切りを付ける会社に、自分にとって魅力的な残っていないかどうか、再度確認しておきましょう。

2.転職先に求めることを明確化する

次に、転職先で何を得たいのか・実現したいのかを整理することです。

ここが曖昧になってしまうと、キャリアの道筋が描けず、理想の転職を望むことも難しくなります。

いまの会社をやめたいという気持ちだけではなく、「転職先企業で自分がどうなりたいのか」。

しっかりとビジョンを持っておきましょう。

3.転職がビジネスキャリアにどのような影響を与えるのかを意識する

27歳は30代まで、あと3年。30歳に突入して、どんなキャリアを築きたいのか考えることが大切です。

30代は一般的に、働き盛りと言われる年齢。

そのためビジネスキャリア上で、最も重要な時期です。

30歳目前のいまこそ、しっかり将来のキャリアビジョンを意識することが大切。

20代最後の3年間で、濃密なキャリアを築ける転職を志しましょう。

企業が27歳の求職者に対して求めること

では企業側から見る27歳とは、どのように評価されているのでしょうか。

  • どのようなスキルを身に付けているか
  • どれほど経験があるか
  • 即戦力として使えるのか
  • 若さ特有の成長性はあるか

といった点を重要視して、期待している点でもあります。

そのため転職者側は自分のこれまでをしっかりと振り返って、棚卸をしましょう。

中には、アピールできる実績を残せなかった人もいるはずです。

その場合は「体力がある・チャレンジ精神がある」といった、若さを強みとする伸び代をアピールしてみるといいでしょう。

27歳未経験でも転職しやすい業種や職種とは

27歳で未経験の業界や職種にチャレンジしたい場合、転職は難しいのでしょうか。

結論から言うと、転職するのは難しくありません。

企業側は27歳という年齢はまだ若く、ポテンシャルがあるとと見なされやすく、これまでの社会人経験や保有スキル次第では未経験でも十分採用条件に当てはまります。

おすすめの業界や職種は以下のとおりです。

  • 介護職
  • 保育士
  • 運送業
  • 未経験エンジニア
  • 営業職

このような職種では、恒常的に人材不足が続いているため、未経験でも転職するのに向いています。

「自分の強みがなくて転職できるか不安」

という方は、上記した職種への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

27歳が転職活動で心得ておきたいこと3つ

実際に転職を決心したら、どのように転職活動を行うといいのでしょうか。

転職市場でもニーズの多い27歳が、転職を成功させるための心得を確認しておきましょう。

1.転職で何を実現する?求める条件のランク付け

まずは希望企業の目星をつける際に、自分の求める条件を明確化しておきます。

しかしすべての条件を満たす企業に出会うのは難しいため、次のような最低限外せない条件を順位付けしておくことが重要です。

  • 仕事内容・やりがい
  • 給料
  • 残業の有無
  • 勤務地
  • キャリアアッププラン
  • 社風

すると自分の条件に当てはまる企業を探しやすくなります。

何を優先して決めるのか?

頭で漠然とイメージするだけではなく、しっかり書き出してみるとより明確化されるのでおすすめです。

それを元に転職先候補になる企業をリサーチし、転職後のイメージすることも忘れずに。こうすることで転職後のミスマッチも防ぐことができます。

2.実力と実務経験の両方をアピール

27歳は、その社会人年数からポテンシャルだけでなく、「実力」も重視されます。

その企業側にアピールする際は、

数字を使った「実績」を語ることが不可欠です。

「営業で好成績を残しました。」だけではなく「社員の平均が10店舗のところを20店舗の新規契約を取り、社内での表彰を受けました。」というように具体的な数字があればより明確なアピールとなります。

3.27歳は1人前!若さだけを武器にしない

この年になると、新人扱いではなく「中堅」にさしかかる年齢です。

1人前の社会人という対応を企業側は求めています。

そこで若さだけをアピールしてしまうと、未熟と判断されかないので、十分に注意しましょう。

そのため「若さ・ポテンシャル・実績・経験」を兼ね備えたアピールをすることが成功へのカギになります。

そして27歳の転職者にとって、ライバルになるのは26歳~29歳の層。

これらの年齢は企業側からも同等のキャリアと判断しやすく、転職市場で比較されやすいです。

そこで有利な立場に立つ努力として、以下の点を心掛けてみましょう。

  1. 現職で説得力のある実績を残す
  2. 選考企業の分析・研究の徹底
  3. 新たなことへのチャレンジ意欲

上記は転職において基本中の基本ですが、この3点をおろそかにすることなく、自分の強みを作ってアピールしていきましょう。

27歳の転職をサポートしてくれるおすすめエージェント4選

転職活動には、さまざまな方法がありますが、一番効率的なのが「転職エージェント」の利用です。

転職エージェントは、仕事を求める人と働ける人材を求める企業をつなぐ、転職支援のプロフェッショナルです。

今回は27歳の転職で利用したい転職エージェントを4つに絞って解説します。

1.保有求人数が業界最多水準の「doda」

DODA(デューダ)

総合評価 4.4
求人件数・質 4.7
提案力 4.3
サポート体制 4.1
利用者満足度 4.3
年代 20~40代
対応エリア 全国

dodaは国内有数の人材サービス企業のパーソナルキャリア株式会社が運営する転職エージェント。

dodaの強みは、なんといっても非公開含め10万件以上という圧倒的な求人件数です。

さらにdodaは幅広いジャンルの業種・職種を網羅しており、どんな方でも利用価値のある転職エージェントといえます。

doda公式サイト:http://doda.jp/

dodaの口コミ・評判を見る

2.20代のキャリアアップを目指すなら「マイナビエージェント」

マイナビエージェント

総合評価 4.7
求人件数・質 4.6
提案力 4.7
サポート体制 4.8
利用者満足度 4.7
年代 20~30代
対応エリア 全国

人材大手の株式会社マイナビが展開する、マイナビエージェント。マイナビエージェントでは、特に「キャリアアップ」を強みとしています。

実際マイナビでは、同社のサイトで「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」というアンケート結果が掲載されています。

年収アップを目指す27歳には、マイナビエージェントがおすすめ。

マイナビエージェント公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントの口コミ・評判を見る

3.女性の転職斡旋に強い「type転職エージェント」

type転職エージェント

総合評価 4.3
求人件数・質 4.1
提案力 3.9
サポート体制 4.5
利用者満足度 4.1
年代 20~40代
対応エリア 全国(首都圏中心)

type転職エージェントは、株式会社キャリアデザインセンターによるエージェントサービスです。

typeの特徴は、「type女性の転職Agent」という女性の転職に特化した部門を持っています。

さらに姉妹サイトでは、「女の転職@type」という女性向けの転職サイトも展開しているため、転職が厳しいとされる27歳女性にも心強いエージェント。

type転職エージェント公式サイト:https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントの口コミ・評判を見る

4.リクルートエージェントはコンサルタントの営業力が高い

リクルートエージェント

総合評価 4.5
求人件数・質 4.8
提案力 4.4
サポート体制 4.2
利用者満足度 4.7
年代 20~40代
対応エリア 全国

リクルートエージェントは40万以上の転職支援を誇り、自社のサイト上で「転職支援実績No,1」を堂々と謳っています。

その強みは、キャリアコンサルトの営業力が強いこと。

求職者の適性やニーズをリサーチし企業にあって理想の求人を引き出す発掘力に長けています。

また業界最大手を活かして、あらゆるビジネス領域に広くパイプを持っているので、そこにコンサルタントの力が加わって、理想の転職成功に導いてくれます。

リクルートエージェント公式サイト:https://r-agent.com/

リクルートエージェントの口コミ・評判を見る

27歳で転職回数が多いのは不利?

すでに転職経験のある27歳の中には、「転職回数が多くて不安…」と悩んでいる人も多いでしょう。

そこで大手求人サイトのリクナビNextが転職回数のアンケートしたところ、以下のような結果が出ました。

1回 2回 3回
20代 16% 6% 2%
30代 6% 16% 8%
40代 2% 18% 11%

出典:年代別の転職回数と採用実態|リクナビNEXT

このように20代でも、全体数の16%が既に転職経験済という結果に。

さらに30代になると、4人に1人は転職経験者となります。

全世代の平均を考えると、27歳で2回程度の転職であれば、そこまで不安になる必要はありません。

27歳で転職回数が多い場合もアピール次第でプラスに繋げられることも

たとえ27歳で何度か転職を経験していても、アピール次第では企業にポジティブな印象を与えることも!

そこで第一に重要なのは、転職過程において一貫性があることです。

一貫性があると回数が多いことは、転職を通じてスキルを磨き上げたというプラスにも繋がります。

まとめ:27歳はキャリアビジョンを意識する重要な時!

これまで述べてきた通り27歳は転職のニーズが高まる時期といえます。

振り返って後悔が大きい闇雲な転職活動はするべきではありませんが、絶好の転職機会をみすみす失うのはいかにも惜しいといえます。

実際に転職をするかどうかは別として、ほかの企業のリサーチなどを行い、自身のキャリアビジョンをしっかりと考えてみましょう。

もし自分の望むキャリアが見えて、今の職場でそれを手にできないのであれば、勇気をもって、転職で未来を切り開いていくべきです。