無職・ニート、フリーターから正社員に就職する方法【成功体験談や注意点まとめ】

無職・ニート・フリーターから正社員を目指す

「無職・ニートから正社員になることはできるのだろうか…?」と悩んだ経験はありませんか?

職歴がないまま年齢を重ねてしまった方にとっては、特に厳しい問題ですよね。

そんな方のために今回は無職・ニート、フリーターから正社員に転身できるのか、その方法や成功体験談を紹介します。

この記事を読めば、社会人経験が浅くても正社員になるコツがわかるようになるので、ぜひご覧ください。

フリーター・無職から正社員になる方法

新卒のときの就職活動がうまくいかなかったり、夢を追いかけたりといった理由から、今はフリーターをやっている人もいるでしょう。

最近ではそこまで特別な理由が無くても、

「趣味の時間を優先したい」
「企業に縛られたくない」

などの理由でフリーターを選ぶ人もいます。

もちろん、正社員に比べると収入が低いことが多いのですが、それほど贅沢をしなければ自分が生きていく分は稼げます。

独身で、まだまだ自由に生活したいと考える若い年代では、そういった働き方が選択肢の1つとなるのも頷けます。

しかし、その働き方をしながらも将来に対する不安を持っている人が多いのも事実です。

今の生活に不満があるわけではないが、いつかは正社員として就職しなければと思っている人もいるでしょう。

そして、これまでの働き方については面接の場でも間違いなく聞かれるでしょう。

フリーターや無職の期間が長ければ長いほど、面接官を納得させる説明は難しくなりますよね。

20代の方で数年間のブランクがある場合は説明が簡単で、

  • 英語の勉強をしていた
  • 海外を見て回りたかった
  • 多くの業種を経験したくて、アルバイトという働き方をしていた

のように、納得のいく説明をおこないやすいことを考えれば、フリーターからの転職チャンスと言えるのではないでしょうか。

フリーター・無職から正社員に転職するポイント

フリーターや無職から正社員へと転身するためには、まず自分自身の働き方に対する考えを変えていく必要があります。

フリーターであれば、「このままでいいのだろうか」という不安の一方で、「いつまでもこのまま気楽な立場でいたい」という気持ちがあるかもしれません。

しかし、もしそのままの気持ちで正社員になってしまうと、働き続けるためのモチベーションを保つことが難しく感じられるでしょう。現在無職であれば、いきなり正社員として働くことへの強い不安を感じるかもしれません。

20代は若者の特権を活かせる最後のチャンスです。

フリーターであることや無職であることのデメリットを年齢でカバーすることもできます。

自分の現状を見つめ直し、これから転職するために必要なポイントをしっかりと押さえておけば、納得のいく転職を実現することができるでしょう。

▼関連記事
30歳になってからでは遅い!今知っておくべき29歳のときの転職のコツを紹介29歳は転職挑戦のラストチャンス?安定した30代を迎えるために知っておきたい転職のポイント

フリーターから正社員へ転職したみんなの口コミ

結婚を叶えるために正社員への転職(現在30歳・男性)

カフェの店員として3年ほどフリーターで働いて特別なにも技術がない私は、周りの大手に勤めている友達の結婚や、昇進という話を聞くたびに自分はこのままでいいのかと考えるようになりました。

当時付き合っていた彼女と本気で結婚を考えていたので、結婚を叶えるために転職を決意しました。マイナビエージェントを通して、必死に企業に書類を応募し、面接を重ね50~60社目くらいでやっと内定をいただきました。

フリーターの頃よりは責任感などにより、小さなストレスは生まれるようになりましたが、尊敬できる上司に出会えたおかげで、安定して仕事ができていると思います。この会社で再スタートして結婚を叶えようと思います。

■Before
業界:飲食業界
職種:カフェ店員
エージェント:マイナビエージェント
■After
業界:ホテル 
職種:ウェイター
転職満足度:90%
リサイクルショップ定員から整体師へ(現在30歳・男性)

地元のリサイクルショップのアルバイトでしばらく生活をしていました。特にやりたいこともなかった私ですが、趣味で武道を幼少から嗜んでいました。

そのせいか、身体に関する情報には興味がありました。自分の人生の大半を捧げる仕事をするにはできるだけ飽きないものを見つけたいと思っていましたが、ふと身体に関する仕事なら飽きないのではないかと思い、出会ったのが整体でした。

学校に通わずとも仕事をしながら覚えていけばいいと考えたので即転職を決意。なんとか現在整体師として働いています。

■Before
業界:小売店 
職種:販売
エージェント:リクナビネクスト
■After
業界:リラクゼーション 
職種:整体師
転職満足度:85%
店長代理という居心地のよさから行動にうつせなかったが転職しました(現在30歳・女性)

店長代理という肩書の中マネージャーとしてアルバイトと店長の間のパートという中途半端な立ち位置で約10年間フリーターとして働いていました。

ボーナスもないうえにサービス残業のようなものも多く、都合よく使われていると感じ、年のことは気にせずに将来の自分を思って転職を決意しました。

もともと美容師免許を持っていたのでエン転職を利用してアイリストへ転職しました。今は副店長として役職にもつき、お給料もはるかにUPし、人生初のボーナスももらえました。踏ん切りをつけて転職してよかったと思っています。

■Before
業界:飲食(ファーストフード) 
職種:販売
エージェント:エン転職
■After
業界:美容 
職種:アイリスト
転職満足度:100%

フリーターより正社員が絶対に良い理由

フリーターとして働きながら生活がそれなりに成立していると、正社員として働く必要性をあまり感じないかもしれません。

アルバイト先で働く正社員の大変さを目の当たりにすると、正社員になることはデメリットしかないように思えることもあるでしょう。

有給休暇があって社会保険も完備されていれば、アルバイトでも正社員とそれほど変わらないと考えて、そのままずっとフリーターを続けることに疑問を持たない人も少なくありません。

しかし、本当にそのまま一生フリーターでいいのでしょうか。将来について現実的に考えてみると、フリーターとして働く期間が長ければ長いほど自分の立場も経済面も不利になっていくことがわかるはずです。

正社員とフリーターの違いはボーナスの有無だけではありません。まず正社員は時給から月給になり、経験やスキルに応じて昇給があります。アルバイトでも昇給制度はあるかもしれませんが、昇給額のレベルが違います。

30代前後になると、独身の人もいれば家庭を持つ人などライフステージも様々です。

家や車などの大きな買い物をする機会も増えますが、正社員なら利用できるローンやクレジットカードが、フリーターは利用できないという差も生じてくるでしょう。

若いうちは自由を満喫できるフリーターは魅力がいっぱいにも見えますが、年齢を重ねてくるにつれて同世代の正社員との差が歴然となりはじめます。

35歳を超えると正社員の転職でも難しくなる今の世の中において、30歳を過ぎてフリーターであり続けることのデメリットは見過ごせない問題です。

正社員未経験で30代突入を防ぐコツ

30代になってから転職する人は大勢いますが、正社員経験の有無が転職に大きく響くようになります。正社員未経験者歓迎の求人が数多くあるとしても、すんなり通用するのは20代までと考えておきましょう。

「29歳の時に正社員になりました」と「30歳の時に正社員になりました」ではまったく印象が変わってしまいます。

29歳でギリギリで正社員になったとしても20代は20代なので、印象としては30歳よりはるかにソフトになるでしょう。

転職をすることは今や当たり前の時代とはいえ、正社員未経験のまま30代に突入してしまった人は、企業から「少々難あり」と判断されてしまう可能性が高いことを意識しておくことが大切です。

フリーターから正社員に転職する際のアピールポイント

フリーターから正社員へと転職する場合、アルバイト経験が立派なアピール材料になります。アルバイト先の業界や職種が応募先と関係なくても問題ありませんし、よく考えれば結びつくスキルや経験があるはずです。

接客のアルバイトをしていた人で、営業職や販売職を志望している人ならば、接客スキルと経験が武器になります。また、アルバイトのために取得した資格などがあればそれもアピールできるでしょう。

資格が応募先の仕事に関係ないとしても、アルバイトのために努力した経験を伝えることができます。

アルバイトとして責任あるポジションを任されたことがある人もいるでしょう。そうではなかったとしても、自分なりに責任を持って一生懸命働いたという自負があるならば、それもアピールできるポイントになります。

無職・ニートから正社員に就職する際のアピールポイント

無職やニートから正社員へと転身する場合、アピールポイントが思いつかず、チャレンジする前にあきらめてしまいがちです。

しかし、無職やニートを採用する企業が欲しいのはアピールできるエピソードではなく「熱意」なので、頑張って働こうという強い決意とやる気さえあれば、経歴に関係なく正社員になることができます。

過去にアルバイト経験すらない無職やニートは、仕事の経験をアピールすることはできません。しかし、そうでない部分からまだ掘り起こせるアピールポイントがあるかもしれません。

アルバイトを含めて一切職歴がないならば、学生時代のエピソードを使う方法があります。趣味や特技があればそこからアピールするのもありです。また、PCスキルがあればそれは大きな武器になるでしょう。

自分では役に立たないと思っていた能力が、実は社会で大きく役立つ可能性もあるので、「働きたい」気持ちを大切に、あきらめずに1歩ずつ前へ進んでいきましょう。

無職から正社員へ転職したみんなの口コミ

やっぱり看護師に戻ろう!(現在35歳・女性)

28歳の頃、1年間無職で貯金を切り崩した生活をしていました。

前職も看護師として働いていましたが毎日忙しくストレスが限界となり一度リフレッシュのため退職し1年間は無職で好きな事だけしようと決めていたからです。

退職した頃は好きな時間に起き、食べたい時に食べ、寝たい時に寝るとゆう生活で友人との遊びも詰め込み充実していました。

けれど自分で言うのも何ですが、基本真面目な性格で「未婚であるなら働くもの」との考えがあり、自分で1年間だけ無職とタイムリミットを決めていたので11ヶ月過ぎた頃からハローワークで再就職に向けたリサーチを始めていました。

前職場よりも規模が小さく休暇も取りやすい病院を紹介していただきスムーズに復帰することが出来ました。

やはり無職の時には社会人として多少なりと引け目を感じる瞬間もあったのですが、復帰し定期的収入も得られるようになったのでまたキチンとした社会人に戻れたと思い安心しました。

■Before
働く前は何をしていましたか?:
前職のリフレッシュのため1年間貯金を切り崩して生活
■After
業界:医療
職種:看護師
エージェント:ハローワーク
働くということは充実感を得られる(現在30歳・男性)

いつまでも家で、ごろごろしていていては好きなものも買えないしですし、誰かと遊びに行くこともできません。そんな生活をいつまでも続けることが嫌になりちゃんと就職して昔のように働こうと思いました。

前の仕事は総合職として働いていたので、パソコンのスキルや営業の経験はありました。ハタラクティブに登録して、エージェントの方と話をして行くうちに印刷業界に興味が湧いてきて、そこに就職することを決めました。

今はノルマはありますが、なんとかやっていけています。なにもしないより、働いていたほうがやっぱりいいなと思いました。

■Before
働く前は何をしていましたか?:
人員削減のためリストラで働く自信をなくし、実家で1年間引きこもり
■After
業界:印刷
職種:営業
エージェント:ハタラクティブ
友人の一報から、芽生えた労働意欲(29歳・女性)

私は20代前半まで働いていたのですが、人間関係で辞めて、仕事に対する意欲がなくなりました。そんなときに、同じく無職の友人の母が倒れて亡くなったと聞きました。

その一報を聞き、もし自分の両親が亡くなったら、私はどうなるのか不安になり、再び働くことを決めました。アパレル関係で働き始めたのですが、予想外に楽しくて驚いています。

服とかにはあまり興味がなかったのですが、自分の勧めた服が、よく売れてくれると大変嬉しく思えてきたのです。今後も続けたいと思います。

■Before
働く前は何をしていましたか?:
人間関係の問題から労働意欲を失い、家で呑気にPCゲーム三昧
■After
業界:アパレル
職種:販売
エージェント:マイナビエージェント

20代のうちに初めての正社員を目指す

20代をフリーター・無職・ニートの状態で過ごし、そこからいきなり正社員になるのはハードルが高すぎると感じるでしょうか。

もしそうであれば、無理せず派遣からはじめる道もあります。

派遣としてまずは働いて仕事に慣れたら、次は正社員を目標にするなど段階的にステップアップしていきましょう。

そうすれば、いきなり正社員として働くプレッシャーを感じることはありません。

初めての就職はわからないことも多く不安になるものです。

学生であれば学校がある程度就業サポートをしてくれますが、それがない人はどうしていいかわからず困ってしまうかもしれません。

そこでぜひ活用したいのが転職エージェントです。

転職エージェントなら、仕事探しはもちろん書類作成、面接対応、スケジュール調整、条件交渉と就職にまつわる一連の流れをしっかりとサポートしてくれます。

▼関連記事
転職経験者のアンケートから20代転職のすべてを解説20代におすすめの転職サイトと転職エージェントランキング22選 | 137人の経験者に満足度調査を実施して検証【2021年最新】

20代のうちに正社員を目指すならハタラクティブ

正社員を目指す20代におすすめなのが、就職支援サービスの「ハタラクティブ」です。

転職エージェントそれぞれに特徴がある中、ハタラクティブは20代に特化しているエージェントとして多くの若い利用者に支持されています。

必要なのは高いスキルや経験ではなく「働きたい」という気持ちです。

やりたい仕事がわからなくても、20代専門の就活アドバイザーが相談者の性格や好み、得意なことなどをヒアリングから丁寧に引き出し、ピッタリの仕事を提案してくれます。

応募先が決まったら、面接に向けた日程調整から面接対応、内定後の準備までしっかりとサポートしてくれます。

他の求人サイトにはない非公開求人も多数あるので、まずは相談してみるところからはじめてみてはいかがでしょうか。

>> ハタラクティブの公式サイトへ行く

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は無職・ニート、フリーターからの就職術を紹介しました。

「早いうちに今の不安定な生活から脱出したい」
「30歳までには正社員として働きたい」

そんな方は、ぜひこの記事を参考に正社員を目指してみてくださいね。