のんびり自分のペースでの転職がおすすめ!急がば回れの精神でゆっくり転職を成功させよう

銀行を転職するときに注意したいこと

転職活動をする場合、「できるだけ早く転職に成功したい」と考える人が多いのではないでしょうか。

特に仕事を続けながら転職活動を行っている人の場合には時間の確保が大変になりますし、精神的なプレッシャーも大きいです。

転職活動が長引いてしまうと普段の仕事に支障をきたすこともあります。

あせって転職活動を行うと様々なリスクが発生する可能性があるのです。

そこで今回は、自分のペースでのんびりと転職活動を進めていく「のんびり転職」を考えてみます。

この記事を読めば、あなたがゆっくり転職活動すべきなのかどうかがわかるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

自分のペースでゆっくり転職する場合の4つのメリット

ゆっくりマイペースで転職活動する場合、以下4つのメリットがあります。

  1. 「焦って決めた転職先がブラック企業だった…」という事態を避けられる
  2. 精神的な負担が軽くなる
  3. じっくり調査をして納得の行く転職ができる
  4. 自分の有利なタイミングで転職できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.「焦って決めた転職先がブラック企業だった…」という事態を避けられる

元々の勤務先がブラック企業である場合、転職先にはホワイト企業を選びたいです。

折角の転職先がまたブラック企業ですと、転職する意味が失われてしまいます。

焦りを感じながら転職先を探し決めてしまうのではなく、様々な情報を集めながらじっくりと転職先を決めると、ブラック企業のリスクを避けられます。

2.精神的な負担が軽くなる

今の職場に何か精神的な負担を感じて、そのために転職を希望しているという人も多いのではないでしょうか。

だからといって今の仕事をおろそかにしたり、逃げ出したりというわけにもいかずに困ってしまいます。

そんな場合でものんびり転職を考えていれば、「どうせそのうちに転職するんだからそこまで気にする必要もないよね」と気持ちの余裕をもって仕事をすることができます。

精神的な余裕をもって仕事に取り組むことで逆に今まで以上にうまくいく場合などもあるのでおすすめです。

ただし、いくらやめるからのんびりするっていっても投げやりな仕事をするのはNGですよ。

3.じっくり調査をして納得の行く転職ができる

自分でじっくりと時間をかけて、転職先を決める事が出来るため、後悔しない納得のいく転職活動が出来るメリットがあります。

企業の評価や口コミ情報、転職情報などを時間をかけて調べて、自分に向いているかどうか判断出来ます。

後々、後悔しない転職活動が出来るのが魅力と言えます。

4.自分の有利なタイミングで転職できる

のんびり転職では自分の好きなタイミングで転職が可能なのがポイントです。

例えば、

・まずはしっかりと実績をつくってから転職に取り組む
・ボーナスをしっかりもらってから転職に取り組む

といったように、焦らずに気長にのんびりと転職に取り組むことでかえって自分に有利なタイミングで転職をすすめることができるます。

自分のペースでゆっくり転職する場合の3つのデメリット

一方で自分のペースで転職先を見つける場合のデメリットとは何なのでしょうか?

次の3つが考えられます。

  1. 嫌なことを先送りにして「現実逃避」しがちになる
  2. 理想を追いすぎて転職先を決められない
  3. 時間や期限にルーズになりがち

上記の要因によって、優良な求人になかなか巡り会えなかったり、周りの転職活動をしている人に優良な求人を取られてしまいます。
詳しく解説するので是非チェックしてみて下さい。

1.嫌なことを先送りにして「現実逃避」しがちになる

自分のペースで転職活動を進めるデメリットとして、やるべき事を後回しにしてしまいがちな点です。

転職活動をする上で、企業に関する情報を集めたり、やるべき事が色々とありますが後回しにして、後々慌ててしまうといった事が発生しやすいです。

また、自分自身の弱点や課題などから、目を背けてしまい是正する事ができないのもデメリットと言えます。

2.理想を追いすぎて転職先を決められない

転職先の企業に求める理想が高すぎて、転職先が決まらないといったケースがあります。

給与面や勤務条件など、自分の条件に合った理想の転職先を追い求めるあまり、転職先が全く決まらないといった点がデメリットとなります。

理想は大事ですが、理想を求め過ぎてしまうのは注意が必要です。

3.時間や期限にルーズになりがち

自分のペースで転職活動をしていると、時間の制約が無い中、自由に転職活動を続けられるものの時間や制限にルーズになりやすいです。

他者が指摘してくれる訳では無いため、自分で時間や制限に気を付けていないとルーズになってしまいます。

時間や期限を忘れがちになるのは、デメリットと言えます。

コツコツ情報収集していれば必ずここぞというチャンスが来る

特に急いでいないが、転職は考えているという人も世の中にたくさんいます。

年齢的に言えば転職の大きな転機と言われる30歳を区切りに考えている人が多いようです。

30代に突入しての転職は狭き門になる場合が多くなってきますし、選択肢も徐々に減少してきます。

女性なら「結婚」「出産」などのタイミングも転職と大きく関係してきますね。

子育て後のことも考えて、出産して復職した後のフォロー体制も調べておくと安心です。

長期的に転職活動するなら、テレビ・新聞・電車の中吊り・雑誌・転職フェア・ネットあらゆる手段でコツコツ情報収集して行きましょう。

いつでもスタートラインに立てるようにしておきながら合わせて、履歴書・職務経歴書の整理をしておくとさらにスピーディーにスタートできます。

ほとんどに企業ではまずは書類選考から始まります。

そこで落選すれば面接にもたどりつけない厳しい道のりなのです。

転職プランをしっかり決めないことに強みがある

特に急いでいないということは、特に行きたい先(業界や職種)も決まっていない場合も多い。

ざっくりのイメージでもコツコツ情報収集していればきっと「あっ、ここで働いてみたい」と思う企業がきっと見つかるでしょう。

おすすめなのは年齢層関係なくいろいろな人と会い話すことです。

自分が興味のある業界や職種の話をうまく聞き出せるかもしれませんし、考えていなかった業界に興味が持てたりします。

自分の働く業界について質問されて嫌な顔する人って少ないですよね。

そこで思わぬ転職につながるような出会いがあるかもしれません。

プラスになることは多いのでまずは身近な友人から声をかけてみましょう。

ゆっくり転職活動するならスキルアップもおすすめ

もし時間的にも金銭的にも余裕があるなら、自分の武器となるものを見に付けましょう。

休日や仕事終わりに何か履歴書に書けるような短期で取得できる資格を学んだり、語学力アップのために語学学校に通ったりなど。

ゆっくり転職とはいえ、いつまでにというような期限を自分なりに計画しないと月日だけがどんどん過ぎていってしまいがちです。

ある程度の計画は立てておくようにしましょう。

「飛ぶ鳥跡を濁さず」仕事というものは、突然辞めるわけにはいきません。

最低でも1ヶ月前までには退職を申し出なくてはなりませんし、引き継ぎの作業もあります。

今まで一緒に頑張ってきた仲間のことを考えれば、自分の身の回りはキチッとして整理し迷惑かけないようにするのが社会人としてのマナーです。

自分のペースでの転職活動をする際の転職サイト・エージェント活用方法

ここでは、自分のペースで転職成功させるために転職サイトや転職エージェントをどのように活用すればよいのか、そのコツや方法について解説していきます。

どうやって転職活動を進めていこうか迷っているという方は、ぜひチェックしてみてください。

基本的に転職エージェントの利用はあまり向いていない

転職を考える際、選択肢として挙がるものの一つに転職エージェントがあります。

ですが転職エージェントではサービス期間が3ヵ月となっており、担当として付くアドバイザーもその期間内での転職を考えるため、大量の求人を送ってきたり、応募なども積極的に働きかけてきます。

そのため、マイペースでゆっくりとした転職を考えている場合には向いていないこともあります。

自分のペースで転職活動できるエージェントはこの2つだけ

そんなマイペース転職にはあまり向いていない転職エージェントですが、一部ではそうした人にも向けて、違う形での転職活動にも対応しているサイトがあります。

それが「マイナビエージェント」と「doda」の2つです。

詳しく見ていきましょう。

1. マイナビエージェント

マイナビエージェント

通常、転職エージェントでは1ヶ月から3ヶ月程度のサポート期間を設けています。

その期間内に合わせて転職するのではなく自分のペースでのんびり転職活動したいと言う人には、サポート期限のないマイナビエージェントがおすすめです。

大手ならではの求人数と個人のペースに合わせてくれるサポートが魅力です。

マイナビエージェント公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントの口コミ・評判を見る

2. doda

DODA(デューダ)
dodaでは専任のアドバイザーが付く転職エージェントとしての形以外に、転職サイトとしての側面もあります。

マイペースに転職活動をしたいと考えている人はアドバイザーを付けずに自分で求人を探すという選択もでき、また登録しておくだけで企業から直接スカウトが来るスカウトサービスも利用することができるのです。

doda公式サイト:http://doda.jp/

dodaの口コミ・評判を見る

転職意欲が高くなければ転職エージェントよりも転職サイトの方がおすすめ

ここまで述べてきたように、キャリアアップするなど志が高いわけではなく、マイペースな転職活動を考える場合は基本的には転職サイトを活用する方がおすすめです。

転職サイトならば、丁寧なサポートをしてもらえるアドバイザーはつかない代わりに、自分が思い立った時に自由に転職活動をすることができます。

転職意欲が底まで高くなければ、転職エージェントを利用しなくてもよいでしょう。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職をサポートするという点では同じですが、転職エージェントでは担当アドバイザーに様々な相談に乗ってもらえたり、求人を紹介してもらうことなどができます。

対して転職サイトではアドバイザーは付きませんが、サイト内で情報を探し、申し込むなどの行動を自らすることが必要です。

転職エージェントは人によるサポート、転職サイトは情報とシステムが得られると考えればよいでしょう。

自分のペースで転職活動したい人におすすめの転職サイト3選

ここからはそうしたマイペースで転職活動をしたい人におすすめの転職サイトを紹介していきます。

どれもアドバイザーはつかず好きなタイミングで活動をすることができるので、自分に合ったサイトを見つけてみてください。

1. リクナビネクスト

リクナビネクスト
リクルート社が運営している日本最大級の転職サイトであり、何よりも非常に豊富な求人数を抱えている点が強みです。

そしてただ多いだけでは探すのにも手間がかかってしまいますが、独自のAIを利用した「レコメンド機能」を導入しており、利用者の情報などを分析したデータを元に最適な求人情報をおすすめしてもらうことができます。

リクナビネクスト公式サイト:https://next.rikunabi.com/

リクナビネクストの口コミ・評判を見る

2. Re就活

Re就活のロゴ
Re就活は主に20代の第二新卒などに向けた求人に特化している転職サイトで、まだ就業経験の浅い人や未経験の人も歓迎するといった企業の求人が多いのが特徴です。

また企業ごとの紹介や口コミなども充実しており、人事担当者のコメントや過去の転職者のリアルな声など、事前に社内の雰囲気を掴みやすい情報が行き届いている点を強みとしています。

Re就活公式サイト:https://re-katsu.jp/

Re就活の口コミ・評判を見る

3. はたらいく

はたらいく
こちらもリクルート社が運営している転職サイトですが、リクナビNEXTとは異なり、地元や地域密着型を志向している点が特徴です。

そのため求人は中小企業などが多くなっていますが、職種は幅広く、企業の良いことばかりではない側面も伝える「せきらら求人」など、独自の情報も掲載されているところがおすすめです。

はたらいく公式サイト:https://www.hatalike.jp/

はたらいくの口コミ・評判を見る

まとめ

のんびりとゆっくり転職活動することについて、メリットやデメリット、転職を成功させるコツを紹介しましたが、いかがでしたか?

納得ゆくまで転職先について調べられたり、自分のタイミングで転職できるといった利点もありますが、ゆっくり転職活動するのが“逃げ”である場合は注意が必要です。

  1. 転職活動中でも情報収集やスキルアップに努める
  2. キャリアコンサルタントに相談しながら転職活動したい人は転職エージェントを利用する
  3. 自分で求人情報を探したいという人は転職サイトを利用する

この3つのコツを踏まえた上で、転職活動すれば満足のいく転職ができるようになります。

この記事を参考にしながら、ゆっくり転職活動しつつも理想の転職先を見つけられるように頑張ってみて下さいね。